にほんブログ村

一通り、ラインアップを踏破しようと試みている、麺職人シリーズ。
3杯目は、味噌を選んだ。

味噌味は、何度も当方が言っているように、味の付け方が難しいスープ。あまりに辛くてもいけないし、甘ったるいのもいただけない。中庸を目指しつつ、そこにコクや深み、エキス分をうまく融合させていかないといけない。
結論から言うと、今回の麺職人の味噌味は、やや甘めながら、むしろ旨みの成分の多さで何とか踏みとどまっている。

廉価版の味噌味ほど、地雷系と感じることが多かったのだが、やはり一大名跡の「麺職人」。早々外すわけにはいかないからこその念の入った調味になったとみる。
具材は取り立ててどうこういうことは無い。麺とスープのコラボを楽しむ商品なのだから、これはこれで仕方ない。


 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.5/10   スープ   8.0/10    具材  6.5/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし    合計   23.0/30     格付け   A(踏ん張った方。食べられる)