表題にしたのは、安倍総理の「解散」に関してではない。野党のぶざまな戦いぶりに関してである。

解散に至る直前に「解散して信を問え」と言っていたのは間違いなく当時の民進党やそのほかの野党連中である。それが解散を宣言した途端、「解散して(森友・加計から)逃げるつもりで卑怯だ」と論点がガラッとすり替わる。明けても暮れても「モリトモガー、カケイガー」、最後にはおなじみ「アベガー、ジミンガー」の一点張り。ギャンブラーならかっこいいのだが、なんとかの一つ覚えにしか見えない。

今回最も躍り、踊らされ、化けの皮がはがれたのが「緑のたぬき」こと小池知事だろう。
希望の党の立ち上げ、民進残党受け入れ、自身の不出馬、開票日に日本にいないことなどなど。いったい何がしたかったのか、と思わざるを得ない。
だが、ただ単に国政を混乱させようと思っての党設立だったのか、と考えると、そうともいい難い。そもそもが民進を受け入れるという愚を犯したことがその端緒であり、結果的に左残オールスターズである「立件民主党」(誤字ではありませんからwwwwwwww)を設立せざるを得なかった=敵が明確になった ことは、希望設立が遠因でもあるがゆえに一種の"功績"といえなくもない。

またしても、国益に適わない一部の議員が税金で禄を食むといういただけない事態が起こってしまうわけだが(もちろん、一部選挙区で有権者の賢い選択が見られたのはよかったのだが…)、それも含めて選挙戦である。だが、解散理由はともかく、今回の選挙自体が野党の再編劇がメインとなったのは本当にばかばかしいし、そういうことは、選挙する前にやっておけ、と言いたいし、だから、いつまでたっても、足元がしっかりしない野党だらけになってしまうのである。
その意味で言うと、一番しっかりしている野党が立件民主(誤字じゃない/2回目)なのはギャグでしかない。彼らはリベラルという皮をかぶった極左であり、彼らの思い通りに国を預けるわけにはいかない(すでにばれているが、菅内閣当時の顔ぶれと完全一致=どういう運営になるのかお察し)。

さて、ヒダリマキ諸氏やそういう等を応援する人々(国民外の人も含む)の歯ぎしりする声が心地いいわけだが、それで終わらないところに注目である。これからの政治運営、プラス国外の状況にも、である。