懇意にしているラーメン店との突然の別れはあまりに反則である。
久し振りに食べに入ったのは、今年の2月1日。思い立ったが吉日状態なので、コンデジではなく、ケータイのアウトカメラで撮るのが精いっぱい。
しかし、それでもいつも通りの味に納得する。

確かに最近並拉麺550円が600円になったりしていたのだが、それは原材料高騰によるところが大きくいわば苦渋の決断でも何でもない。世の中の流れに乗っただけのことである。
うまいうまい、の感覚は当然だし、その日も最初から替え玉をオーダーして、万全の満足感を得ていた。

そして3月のある日…
まさに何の前触れもなく、当店がオープンしていないことに気が付く。シャッターが閉まっているわけではなく、ガラス戸はそのまま。まるで夜逃げしたかのような状態で閉鎖されていたのだった。
当店がこの地にやってきて、かれこれ10年余り。博多直送の麺であることを認めて以来、2カ月に一回くらいは訪問するレベルになる。
正直店が流行っていないとは一切感じなかったし、むしろ二号店でも出せばいいのにくらいにまで思っていたほどである。三ノ宮駅界隈は、ラーメン激戦地というほどではなく、最近になって三豊麺の店舗が出てきてはいるが方向性がまるで違う。活性化こそすれ、競争になるレベルとは言い難い。
それでも閉鎖、それも突然のこと…告知もなくあわただしく店を閉めたからには、よほどのことがあるのだろう。

しっかり仕込みをしている風景も知っているだけに、どこかで復活してはくれないか、と思っているが、一度味の継承が途絶えたら、もう駄目だろうな、と思う。実に残念だ。

麺  4.0/5  スープ  3.9/5  具材  3.7/5    総合評価 92点
食べログの記事はこちら。当然、閉鎖している(復活はないだろう/改装の可能性もあるが、それなら告知しているはず)ので、ご参考までに。