実は、応援上映系の、発声可能鑑賞は、当方は初めてである。
「映画は黙して、たまの感情の発露以外は音出し厳禁」なのがルールだと思っているので、この「突っ込み入れ放題、歌ってOK」なんて、素晴らしいことだと思わざるを得ない。
そもそも当方は、テレビなどの映像に対しても一人突っ込みを欠かさない。それこそ『思ったことを口に出す』ことを止めないできている。
それが巨大スクリーンに対峙してなお、その声だしが許される。黙って映画を見る層には難しい話だが、企画ものであり、主演のNOAの面々も見に来るという部分も大きいと思う。

さて、当方が一番期待していたのは「歌唱」の部分である。歌いたい曲はオープニングに当たる「本当の私になりたくて」と、「Wishes Come True」、ラストの「キボウノカケラ」の3曲であり、「優しい夜」や「Pure Song」までは考えていなかった。この二曲は、正直「聞く」曲だと思っていたからである。
だが、いきなりのタイトルロゴ。「東北新社、ありがとう」などという謎の掛け声がかかる。また、いきなりの拍手。場内が一気に混とん、無秩序に覆われる。序盤の落ち着いた場面ですら、あちこちから声がかかりまくる。仕方ないので、当方は、このストーリー中真っ先に顔を出した彼にちなんで、「鉄男さぁん」と声を出させてもらった。そこからは、しばらくセリフをいろいろと追いかける。「悪かったね、手ごたえ無くて…」とか「やばい、旨そう!」とか。あ、別にかえでが好きとかではないのでwwww
そしていよいよ「ころんじゃえばいいのに」のコトダマが浮かんだところでピアノソロ。もちろんスタンバる。

          「あなたは信じて―ますか―」

カラオケで培った、というか自然に会得していた腹式呼吸での歌声は、ほかに歌っている人がいたとしても当方の耳には入らない。おそらく声量が段違いだったのだろう。それはすべての楽曲で言えることでもあった。「本当の私になりたくて」は、結構歌詞が混濁する部分が多く、実際9割程度の正答率。よっぽどカエルさんとエンカウントしているときに「思いを声に出した瞬間にぃ」と歌ってやろうかと思ったが、そこは自重した。
かくして、当方の応援上映も幕を開けた。一曲歌ってもはや恥ずかしがることもない、いや、自分の中では、これほどの大箱を自身の声で振るわせられることに大いに感動していた。
そしてなぎさがレコードを設置したときに当方はにんまりとする。RECORDの文字がなぜか鏡文字になっている=劇場公開版を上映してくれていることを知ったからである。となると「あのシーン」は突っ込めるなw

時々合いの手を入れたり「おいおい」とか言ったり。そうこうするうち、ストーリーは進んで、あやめ=藍色仮面が出てきてさらに沸騰する場内。本人役の神戸嬢がひたすらに声を出しまくるのがここからである(ことあるごとに乙葉チン、と言いまくる定期ww)。
そして当方の中で歌唱に値するかどうかで迷った「優しい夜」。ここは逆に歌うと目立つか、と思い直し、これまた声量無視でガンガン歌う。ここは歌詞の再現度は9.5割にまで。「あ、歌えるものだね」となったし、この曲をレパートリー(歌詞見ずに歌えている)に入れているほどの猛者はいなかった、ということだろうか。なぜか拍手が起こったが、私に対する評価の拍手か?
そうなってくると「Pure Song」は、当方が歌手としての価値を見出しているみんひとの曲だけに、歌わずにはいられなくなる。周りでは、ペンライトも振られていたようだが、それとはお構いなしに当方は歌うことに専念する。ここも歌詞は9割越え。まあ、あれだけ耳コピーできているから、これくらいはできて当然である。まあ、それ以前に自信たっぷり、声量MAXで歌えていることに驚いた観客が多かったと思われる。
そして物語はクライマックス手前。かえでと夕との確執が表面化するシーンだ。「これから、賭けをするから」の直後に当方が発声する。

      「ON AIR」のロゴッッ

実は円盤でも修正されなかった稀有なシーンである。ここだけ、太めの文字なのだ。
なぎさと夕の最後のスタジオシーン。なぎさが出て行く際の「ケータイ!」が言える人は初級者。なぎさが泣き、濡れながらすれ違った日ノ電を見てこれが言えた人は私以外にいなかった。

      「前照灯っっ」

感動のシーンであり、本来なら気がつかなくても不思議ではない。ちなみに予告シーンで使われているので気になった方はそちらを参照してみるといい(上記2点、どちらも見られる)。
お寺の鐘がゴーンとなる。今までの元気な私はどこへやら、眉間を押さえて号泣に近い感情を発露させる。このなぎさの泣きのシーン。これがあるから、この作品を私は一生をかけて推せる。そんな破壊力のある作劇をできた片平美那嬢一世一代の芝居だったと断言できる。
そして当方はまたしても準備にかかる。そう。名曲を歌いきらなくてはいけないからだ。今回の応援上映に参加した最大の目的と言っても過言ではない。
「紫音ちゃんも歌ってね」
乙葉のひくキーボードのピアノソロ。ついにこのときがやってきた。この名曲をスクリーンを前にして歌うことができるのだ。感無量の面持ちで当方も滑りだす。
    
     「こーころのー、限りなん―ども―」

歌うこと、劇場を振るわせることに集中していたことが、感情の発露=泣きの感情を抑え込んでいる。もちろん手の内に入っているこの曲の歌詞で間違うわけにはいかない。だが、それはふいに訪れた。
「かみしめたい、Wishes Come True~~」
言霊がスクリーンいっぱいに広がる。トゥルーあたりが感動で震え声になる。ここから泣きの感情に支配されては後半グダグタになる。間奏の間に感情を立て直すことに成功し、2番を歌い始める。
いつもなら、顔面涙まみれ、鼻汁もだらだら出ていてもおかしくない通常鑑賞。だがこの日は感情を抑え込むことに成功し、号泣ポイントを結果的にスルーできた。それどころか、完全に吹っ切れた声量で歌う当方。周りの迷惑お構いなしで最後まできっちりと歌いきる。

紫音とみんなが合流するあのシーン。自然と拍手が出る。それは自身の歌唱に対する最大の褒め言葉でもあった。
そしていよいよエンディング。当然のように十八番級と化したこの曲はどうあれ間違えられない。きっちり歌い切り、応援上映を完遂する。

10回目。二桁鑑賞2タイトル目がこの作品、というのは偶然でも何でもない。それこそ、必然だったのだと思う。みんなで突っ込み、一人リサイタルのごとく歌い、あの屈指のシーンで涙にくれる。普通に見ても感動できる作品が、アトラクション的な要素を入れるだけで得も言われぬ感動を紡ぎ出すとは思いもよらなかった。

NOAが登壇して、さすがに私の歌声に言及あるかと思ったが、華麗にスルーwww意外に私以外にも歌えている人がいたからかもしれない。まあ歌手としては、ここまで歌える人を目の前にして、2曲披露しないといけないことに妙なプレッシャーをかけてしまったのか、と思わないでもない。
でも、2曲生歌を聞けて当方も満足。「まだまだこれからだな」と思わせるところが、2年前までシロートだった彼女たちの立ち位置を浮かび上がらせてくれていた。