ただでさえ、「モンキーパンチ氏 死去」ですこぉし陰欝な日々を過ごして、「まあ、今日、ルパン第一作の映画、追悼でやるから見るか」となって自宅に帰ってきたら…

 「小池一夫氏 死去」 

なんてツイッターが流れている。

「え?????」
だって、先生、前日には、モンキーパンチさんと協業したこともつぶやいておられたし、死期が近いことは常々ツイッターでも発信しておられたので、覚悟というか、「その日は近い」的には考えていた。
このつぶやきがまさかのラストになろうとは。
4/17に死去した旨のスタッフ(奥様?)によるとみられる投稿。

あの原作者でもあられる小池先生がツイッターをされていたことは、フォロワー氏の「いいね」がTLで流れてきたことで初めて知った。以来、当方も、積極的にフォローするまでではなかったものの、時々流れてくる先生の至言に耳を傾けることが多くなっていった。

悠々自適の生活の中で、先生が気にかけておられたのは、「一日」の大切さであろう。
過去ツイを見ていて射抜かれてしまったので、これをもってこの記事を〆たいと思う。

小池一夫‏ @koikekazuo ・ 4月9日
生きたように人は死ぬというけれど、そうではない人もいます。そして、死に方は選べないけれど、生き方は選べます。そうです、生き方は自分で選べるのです。今日も、良い生き方を選択したなあと思えるような一日だとイイですね。おはようございます。

令和に至ろうとするこの瞬間にでも亡くなってしまう命に思いをはせて。合掌。