1/11−13の三連休までは、それまでやっている劇場なら一週間くらいは伸ばしてくれるだろうと高をくくっていたのだが、ほぼすべての大規模上映館が1/9で完全終了。近畿圏では、この間行ったカナートホールレベルでしか見られないというのだ。

私としても、1/11からの東上の際には、少なくとも都心部でやっている劇場の朝イチ回を押さえられるだろうと思っていたのだが、1/9で終了の文字ばかりにしてやられ、どこも私の浮いた時間を埋めてくれるところはなかった。

それでも、土曜日の朝からやっている劇場が2カ所見つかる。茨城の笠間ポレポレホールと、千葉のイオンスペースシネマ野田である。
笠間は何気に遠いと感じたので、野田市に向かおうと画策する。
意外に初乗りになったつくばエクスプレスを利用するべく、秋葉原まで。ここのワンカラ店を利用すると決めていたので、ここで着替えて衣服関係をコインロッカーに収める。
秋葉原のメインストリートにある「富士そば」でいつものを食し、万全の体制を整える。
流山おおたかの森まで660円。そこそこに高速で走っている(120キロ越えもしていたんでは?)様は、エクスプレスを標榜するにふさわしい。
接続駅の流山おおたかの森は、今の人口から考えるとかなりオーバースペックのように映らないでもないのだが、余裕が感じられる作りになっている。ここから野田市まで200円。
降り立つ前に、あのしょうゆメーカーの工場や倉庫たちが車窓に出張ってくる。土曜日ということもあり、工場自体は稼働していなかったようで、そこまで醤油の香りを満喫できなかったのだが、いかにもな感じの街並みがそこにあった。
だが、驚いたのは、東武野田線って、完全複線でなかったところである。流山おおたかの森では、対面式のホームだったので、全て複線だと信じて疑っていなかった。野田市に降り立った時、なんでその各停が長いこと止まっているんだろうな、と思ったら、交換のための停車だったと知って驚いた。それなのに、高架化工事が行われており、恐らく、それの完成と同時にまた複線区間が伸びて、運用も改善するんではないかと思った。
工場群の間を抜けること10分強。これまた工場っぽい風貌のイオン ノア店が姿を現した。
なんでノアなのか、気になっていたので検索したら、私の店舗周りの師匠のようなこの方のブログにこの店舗を丸裸にした記事が載っているのを見つけて、さらに興奮!!
→今回は映画だけが主目的で遊園地等には行かなかったのだが、あの閑散ぶりでかなり香ばしかったと知って、少し凹んでます。記事はこちら。尚、「ノア」の由来は、この方の記述しか確認のしようがありませんでした。

概要を知らないで訪れた当店だが、まさにバブル期の落とし児、と言った感じの強くする店舗だった。吹き抜けに大きなからくり時計(動いている風には見えなかった)、創設当時はジャスコだったわけだが、ダイエーやヨーカドーに追いつけ追い越せでやってきた歴史を感じずにはいられない。店舗の中は、ほぼ改装もされていない状態のひなびた感じで、地方イオンらしいっちゃあらしい店内。まあ、イオンまで、店舗訪問の範疇にいれたら、時間がいくらあっても足りない(それこそ無職・自由業でないと無理)ので、今回は軽く記録にとどめるまでにしておいた。
だが!!
本命の映画館も、2スクリーンしかないとは言うものの、入ってみて、かなりの設備で驚く。なにより、音響がかなりいいのだ。
10:30の開始15分前に開場。当然、私一人である。

この時点で私は震えた。
今まで幾多の映画鑑賞をしてきたが、「ボッチ鑑賞」は一度も経験がないのだ。
こんなことを言っては何だが、「天気の子」を朝からやっている劇場が千葉ではここだけになっているから、フリークたちが大挙して乗り込む未来しか描けていなかった。それは、ヲタの多いガルパンやラブライブ、最近ならキンプリやアイマスと言ったどぎついファンが推す作品と同様に思っていたのだった。
なのに、関西勢のガチ勢が、それも私一人……映画として終焉が近いとはいっても、ここまで人気が落ち込むとは思っても見なかった。
10:30。遂に照明が減じられる。この時点でも私一人だ。一番後ろで立って状況を見ていた私は、態勢を整えるべくそれでも急な観客の来訪に備えて後ろ寄りの座席に腰かける。
しかしその位置取りは功を奏す。予告の最中に後ろ扉の開く音がする。お二人さん来訪。これにて、ボッチも、一人合唱上映もかなわずとなってしまった。嬉々として最前列に陣取っていたら気付かなかったかもしれない。

しかし、声には出さずとも、応援上映とほぼ同じ感覚でストーリーを追っていく。31回目があの音響だったからか、あるいは観客が居なさ過ぎてストレートに伝わってくるからか知らないが、音だけは本当によかった。もっとも、スクリーン自体は、あまり状態はよくなく、最下部は少し切れているし、真ん中にシミだか影だかが映っていて、少しだけ興ざめする。完全黒の背景の時でも目立つドットは気になった。
それでも、私はとうとうこの局面に到達する。
「大丈夫」の流れるシーンを完全にこの目に焼き付けることができたからだ。帆高の泣きが危うく号泣を喚起しそうになるが、堪える。陽菜さんのはじけるようなあのほほえみもきっちり脳裏に記憶される。二人が「僕たちは、もう、大丈夫だ」と宣言して終わるこの作品。しかし、「君の大丈夫になりたい」が言われるところではさすがにこらえきれなくなってひとしきり頬を濡らしてしまった。

もう本当に、国内でそこそこの設備で見られることはないであろう。それでも、最終回といえる32回目は、記憶にとどめておきたいと思う。