ここ最近の野党たち……謹んで野盗と言わせていただくんだけれども……のやっていることのめちゃくちゃぶりは目を覆うばかりである。
寿司屋の具体名を出していないと堂々と白を切る、一般人に名誉棄損の疑いをかけて謝罪一つしない、自分に甘く他人に厳しくないと、野党議員は務まらないのか、と言いたくなる言動の数々は、追いかければ追いかけるほど、絶望感にとらわれてしまう。

特に腹が立っているのが、こいつのこの言動である。ここからはもはや敬称をつける気力もないので、呼び捨てにさせてもらう。
さすがガソプーであり、メディア出身者のおっしゃる"評"は的確だわwwww

私が何に怒っているのかといえば、二言目にはメディアは正しく伝えていないとか言っておきながら、意に沿うような新聞に花丸を与え、苦言を呈したら「クズ」だの「0点」だの。そもそも一国会議員が、評論家よろしく、記事に講評するなど、おこがましい、とか身分不相応とか、考えない方がどうかしている。
当然なのだが与党議員が同じことをやったら、桜もモリカケもそっちのけで、連日連夜、下手したら、ワイドショーのたびにこの話題を出して来て(忘れたころにまた蒸し返すのも常套手段w)、糾弾することは目に見えている。実際、安住がしたからか、花丸をつけてくれたことに忖度してか、ワイドショーでこの行為に苦言を呈している風には見えない。

野盗どもは「メディアが政府やアベに気兼ねしている」「アツリョクガ―」とばかり吠えているのだが、自分たちがメディアの庇護の下、さして大々的に報じられていないことの方が、十分に気兼ねしているし、一蓮托生だから報じたとしても軽く、ともすればスルーに近い内容でしか伝わらない。あの「漢字読み間違え」「カップ麺の価格」を延々やり続けた、末期の麻生政権時の喧騒ぶりを見るまでもなく、メディアが現政権になびいているとは到底思えない。

では、今回の安住の行動はそもそもどういう意図があるのか?
野盗の議員が記事に優劣(採点)をつけることが単なるお遊びなわけがない。もちろん、期待通りに進まない国会運営に「むしゃくしゃしてやった」ととらえるのが正解のようにも思えるのだが、反対しかせず、自分たちでまともな対案の一つも上げられない立件だから、こうした恨みごとの一つも吐きたくなるのだろう。当然、これをしたところで何か解決・前に進むわけでもない。

こんな人が党内に居るのに、代表のフルアーマーは、何にも言わない。まだ、牛丼屋に難癖をつけた議員と一緒に謝罪したタマキンの方が見どころはある。出所が同じだからとっとと合流してもらいたいものだが(今後の選挙でどうなるのか、楽しみだ。あそこまで毛嫌いしているフルアーマーなんで、合流の芽はほぼなく、下手したら、野党同士で票を食い合うかもしれない)、クズとクズが集まっても、金にも宝石にもならない。ゴミはゴミ箱に。次の選挙で野盗たちの阿鼻叫喚が見たくて仕方ない。