以前、映画の当方の採点基準たるものを公表した。再掲する。
100点……文句なしの傑作。見なかったことを後悔するレベル
99−95点……激おすすめ。何度見てもいいくらいの秀作。
94−90点……まあおすすめ。減点ポイントがあるけれども見れなくはない。
89−85点……それほどでもなかったかな? 合わないわけではなかったけど微妙
84−80点……うーん。設定やらキャスティングやら、致命的なミスがある。
79点以下……ハズレ確定。見たことを後悔し「金返せ」レベル
採点回避……ドキュメンタリー的作品や初見で評が難しい作品

ほとんどすべての映画鑑賞の際、この採点というシステムをとることで名作度や今後のはまり度合いなどを策定しているのだが、「果たして、これってこの点数でよかったのかな?」と思い直して、ツイッターで述べたファーストインプレッション点から変動することもたびたびある。
2016.10.1の「君の名は。」からの採点の歴史。振り返ってみても面白いと感じたのである。
2016-2017
過去記事なんてほとんど読み返さないのだが、今回点数を見返してみて思った感想が……
 
  「全般的に、辛いな」

であった。この当時いわゆる「優良可」で言うところの「可」のポイントを低めに設定していたこともあって、70点台が林立する結果になっている。
2018年
本格的に映画鑑賞が趣味になっていく過渡期であるのだが、1/2/3月と、良作に恵まれず、70点〜80点台の作品が多く見られた。
そして、当方の採点史上初めての100点満点作品に「羊と鋼の森」が付く。そしてこれが一つのベンチマーク的な立ち位置に座ったことで、採点に大きな幅ができていくことになる。
2018.9.1の「ちいさな英雄」では、当方のダントツ最低点数(40点)をマーク。これを下回る作品はそうそう出てこないんじゃないか、と思ったりする。
2019年
ハズレを引きまくった1月/2月。だが、3月の「THE GUILTY」で、そのひりひりするサスペンス感にしてやられて洋画初の100点。トータル的なランキングでは4位と健闘しているのだが、これを上回る超絶泣かせる作品が出てきたんだからしょうがない。
「劇場版FF14 光のお父さん」がそれだ。当方3作目の100点も当然の出来栄えにこれが年間通して一位になるという奇跡を成し遂げた(上半期一気のごぼう抜きは当方も想定外)。
そして本年最多鑑賞映画は当然「天気の子」。この作品以降、「ハズレ」に類する作品はほぼ見なくて済んでいる(地雷承知の「スーパーコンボ」は当然の結末w)
2020年
6月再始動がかかる当方だが、ここまでのランキングは、こちらの通り
6月一か月でどこまで積めるのかは微妙なところなんだけど、見ていない旧作を中心に抑えていきたいところである。