当方は「小ネタ」と称して、「天気の子」に関する、物理的におかしな部分についていろいろと解析してきた。
→ その1  その2

そして、ある一定の修正箇所や修正されなかった場所を含めていろいろと書いてみた。
大量に閲覧いただきました。ありがとうございます。

ところが、当方が予想だにしていなかった場所などでいろいろと発見されたりもしている。というわけで、34回目を見に行った足で、その部分をちょっと探ってみたい。

―だ飢媾蠍っけ!!ていうか、もっと早く気が付いておけよ。
帆高と陽菜が晴れ女バイトのサイトを構築しているさなか、凪が帰ってくる。そしたら速攻でフリーマーケットの依頼が舞い込んでくる。
「明日雨じゃなーい」「やらないと意味がないよ」なんてイチャイチャしているさなかにテレビが「明日も広い範囲で雨でしょう」っていうわけだが、この際の地方表記にミスがあったのだ。
スクリーンは、「青海」。そして円盤では正しく「青梅」に修正されていたのだ(0:33:49)。

▲轡礇鎮紊討い覆と噌發梁気出ている問題
「行ってきまーす」
神宮外苑花火大会の当日、帆高は須賀のための朝食を準備して出かける(0:38:23)。その際のドアノブに手をかけた袖口のアップ、そして出かける際に見せた中の着衣の様子から、袖ありのシャツは着用していなさそうなのだ。ところが、大会関係者と一緒にヒルズのエレベーターに乗った帆高のジャケットの袖から白いものが顔をのぞかせていたのだ(0:38:52-)。
これは当初から気が付いていたし、小ネタにも記載漏れている部分だったのだが、ここもスクリーンと同様の間違ったままにしてある。

あの感動シーンにも修正すべき場所は存在した。
陽菜さんがバスローブ脱出wを決める寸前、「なかないで、ほだか」(小説p.208では、全てひらがなで書かれているので、それに合わせた)といって帆高に触れる瞬間、スクリーンでは、直前に帆高にはめられた指輪が描かれていなかった。
そして円盤では、見事に指輪は"復活"していたのだった。
ここまでで当方が見つけた3カ所と合わせて5カ所修正が入ったことになる。

さ刃任硫媾蠅一つある。
監督自身がツイートした、雲レイヤーの話題。
→自分からミスをさらけ出していくスタイル、悪くないですけど、他の様々な修正はなぜしなかったのか、と問いたい。問い詰め(略) 該当ツイはこちら。
ここで「ほぼ気付かれないような微妙な修正」という文言と、ピタリ一致しそうな場所を見つけてしまった。
ここでばらしてもいいんだけれど、「もう一回」スクリーンで確証を得たいと思っている。ちなみに、34回目でほぼ確実にわかったんですが、ではなぜそれをしたのか、というと、「円盤は16:9固定、だけどスクリーンはやや正方形に近い長方形」だから、その当該物を円盤ではやや向かって右寄りに配置しているのだ。スクリーンで見た時と比べて、向かって左側の余白の幅の広さが気になったという点がある。