今日のお品書きは、実に濃厚だった。
何となれば、「機動警察パトレイバーthemovie 2」の4DX版をやっていることを、映画ブロガーの「物語る亀」さんに教えてもらったからだ。
本命が上映されるのは、14:45。それまでに2本かませれば、イオンシネマのワンデーパスポートで余裕の元が取れる。

そう思ってスケジュールを立てるのだが、当日、2度寝がたたり、気が付けば、新幹線でも使わないと間に合わない時間帯になっていた。
結局新神戸−京都を新幹線、京都−桂川を在来線というパターンで時間的には間に合う。
だが、ここからが曲者だ。イオンシネマは、JR側の入り口から入って一番奥も奥。しかも店舗内は通れず、駐車場を通って大回りする形でしかたどり着けない。9:40の鬼滅初回には十分間に合っているのだが、ワンデーパスポート購入で行列、鑑賞券引き換えも有人窓口で行うのでここでも待ち、止めはパスポート付属のドリンク購入でも待たねばならないという状態で時間をロスしまくる。
結局9:30過ぎにようやく入れた。当然それまでに入場を済ませている人たちが多く、館内ブラウジングは断念。それでも、かなりの入れ込み(半減対策してあって6割強)を記録。昼イチ回は満席札止めになっていた(4DXは、一回しかないこともあって前日段階で完売)。

「興行収入を見守りたい!」サイトでは、前週土日を大きく上回る入れ込みが出現している(2/14の2.87万→3.13万)。これも多分に、2期である「遊郭編」がテレビ放送される&無限列車編を知らないと序盤の煉獄家絡みのストーリーに整合性が取れないことが影響していると思われる。

本作も鑑賞回数は二ケタとなった。よって円盤購入は確定するわけだが、2700万人越えした作品の円盤がどの程度売られることになるのか、も興味津々である。当然のように円盤発売と同時に上映も終了する可能性も高く、それがいつになるのか、が今後の話題になりそうである。