多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

テレビ番組

ありのままが報じられないゴミたち

2020.5.20は、びっくりするくらい、生番組での間違った報道が散見される異常事態となった。
トップバッターは、今や「歩くデマゴーグ」といえる玉川徹氏を擁する「羽鳥慎一のモーニングショー」。甲種回送を撮りに来た「撮り鉄」たちの乱痴気騒ぎを報じるべきところが、3月に実施された別の甲種回送の写真を使ったのだ。
J-CASTニュースより。
おそらく、それほどの騒ぎにはなっていないとみられ、別の駅(船橋法典)での実況映像はあるものの、自分たちで取材していないのまるわかりだったこともあって使わなかったんだろう。その後、謝罪をしているが、なにも知らない人が見たら「撮り鉄サイテーだな」に印象操作されてしまうところだった。
これだけでは収まらない。
坂上忍の反政府芸だけで持っている「バイキング」は、もっと悪質だ。「17日(直近の17日は日曜日)の竹下通り」の映像として、密でもあり、マスクもほとんどしていない、結構混雑した映像が流されたのだが、とあるPOPで撮影時期が全く違うことが判明したのだ。
ライブドアニュースより。
「ウワ―マジで人一杯」と流れで見た人は思ってしかるべきだが、映り込んでいるマクドナルドの新製品を知らせるPOPが「てりたま」だったことで、17日が正とするなら、3月の映像であると看破されたのだ。
尚問題の放送は5/19。一日遅れで指摘されてから、その画像を使おうとした意図とかも述べず、謝罪するだけで終わらせている。これで「マスコミでござい」は虫がよすぎるだろう。
止めは今日の「ひるおび」。グラフを正しく書かないことで誤認させる手法は、いろいろな番組で使っている手あか塗れの手法だが、それを臆面もなくやってしまうところに潔さを感じてしまう。
保守速報より。

順にテレ朝、フジ、TBS。揃いも揃って反日・反政府集団が繰り出す、印象操作の数々。「だましてやれ」「奴ら、文句言ってこないだろう」……悪意がある映像を見せられて、「いやー、ワイドショーってためになるわ」にはどうあってもならない。例えば円グラフにしたところで、誰かがチェックをすれば「やりなおせ」と一喝されてしかるべき。ちなみにこの数字だけ……47と33を使うと、全体で80。47は大体60%だから、半分を越えているグラフはそれほど間違っているわけではない。「その他」の20パーセントが抜け落ちている理由がわからない、不完全なものなのだ。

いや、必死なのはよくわかる。そうでもして、アベを追い落としたいのは痛いほどよくわかる。
だが、「報道は、事実を曲げずすること」の放送法に大幅に抵触しているこの3件について、総務大臣をはじめ、何らかのリアクションは求められるところだと思う。
政権をたたくだけになり下がったゴミたち。「本当」「ありのまま」を報じられないで大きな顔ができるのも今のうちだと心得ておいた方がいい。

「嵐」休業会見は平成最後のベスト記者会見

携帯の速報が入ってきたとき、「誰か死んだのか」と色めき立った(あのグループに限って誰かが捕まったとかはないだろうしな)ほどであり、そんなことは一切感じさせなかっただけにただ驚きの方が強かった。

記者会見は、冒頭、リーダーの大野君が「僕が休む、それに伴い嵐の活動を休止する」と宣言しての会見のスタートだったわけだが、彼の「群れて行動したくない」性格を今の今までよくぞ4人は支えてきてくれたものだと思う。リーダーになってしまったから、「抜ける」といい出せなかった20年間。グループの空中分解の危機も一度や二度ではなかったようである。

しかも驚くのが、その発表を内々でしていたが2017年の6月。イベントの最中にリーダーの呼び出しがあってのことだったようだが(大阪で、という話から、このイベント・・・嵐のワクワク学校2017〜毎日がもっと輝くみんなの保健体育 であることはほぼ間違いない)、それからの約一年半、沈黙し続けていた(もちろんほかにリークもされていなかったことから、よほど情報管理の統率が取れていたのか、と思う)。そして2020年末までの約1年11か月間は普通に仕事をしていくと宣言したのは、その準備期間や告知するタイミングとしても、絶妙であるといえた。

その一方、質問する記者の側に、悪意や恣意的なものを感じずにはいられなかったのも事実だ。特に「無責任」と聞いた記者の方こそ、そこまでファンを想い、20周年も祝えるようにスケジューリングしていることを分かりもせずにそんな言葉が言えたものである。
そんな煽りに冷静だったメンバーたち。だからこそ、この会見はひときわ大きく報じられ評価も高いのである。ただ実績に胡坐をかいたアイドルやタレントなら、つかみ合いの喧嘩になっていてもおかしくない言動であり、それでなくても、そんな失礼な質問に答えないという選択肢もあったはずである。そこをぐっとかみしめ、自分たちの立場を朗々と述べるその姿勢。私も感じ入ってしまった。

某山口メンバーが放逐された際のグループと同じ事務所とは思えないこの対応力。これからの一年11カ月、彼らがどんな"伝説"を作るのか、今から楽しみで仕方ない。

子役にしゃべらせるそのずぶとさにあきれる

さすがに演劇まで回っていると、お金がいくらあっても足りないが、子どものころから天才子役、と言われる人種がいることは承知している。
今でこそお昼の顔化している坂上忍も子役スタートだし、「仮面ノリダー」でチビノリダーだった伊藤淳史、「おしん」でその役目を不動のものにした小林綾子、「こども店長」で一世を風靡した加藤清史郎、最近では、その泣きの演技が神がかっているといわれる寺田心あたりが思い浮かぶ。

一線級で、王道を歩める人たちと違って、子役の中でもヒエラルキーは存在するのだろう、今回、池上彰が司会をする番組にコメンテーターよろしくひな壇に座っていけしゃあしゃあと、台本を読んだというではないか!!

きっちりまとめていただいている、久しぶりのcoffeeさんのブログより。ちなみにこんなツイートが出て、決定的になっている。

彼らにしてみれば「お仕事」の範疇は越えていないだろう。事実、このブログでも紹介されているが、事務所が自ら「所属子役が番組でまーす」なんてツイートしている。しゃべらない/賑やかし要員であっても、番組のスタッフから内々で要請があったことはちょっと番組の製作の仕組みを知っていればわかりそうなものである。

もちろん、仕込みというか確信犯的に「しゃべらせて問題ない」「演技ができる」子役を出しておけば、ぶっちゃけ不規則発言もないし、テレビで見ている大人たちを仰天させるほどまともな意見を言わせることだって可能である。演出としては、作った感じは否めないにしても「まさかここに台本があるなんて」と一般の視聴者は思わないから、まんまと騙せる、だますつもりがなくても、子どももそこまで考えているんだよ、アベって悪いねぇ、と刷り込ませることができれば、ほとんど番組としての役割は達成できたと考える。

ただ単に池上氏の言うことを鵜呑みにはできないことも多々あるし、むしろ彼の出自から考えれば、完全生放送で編集のきかない場面でいうことくらいしか信用ができない。しかも、自分が取材して、知りえたものではなく、外部のブレーン・専門家の意見を自分のものにして発表することもあるとツイッターでばらされてしまっている。
坂東忠信氏もその"被害者"のよう。ほかにも大勢いるみたいだ
番組の進行は、台本であり、司会の池上氏にどこまで責任があるかまではわからない。だが、自身が足で稼がないジャーナリスト気取りの元アナウンサーが、知ったかぶりで語るのはいかがなものか、と思う。

マスコミがマスゴミと言われて久しい。一方的に現政権をdisる方法に、芸能界総出=純粋無垢で言わされていると感じない子役を使う で取り組み、愚民である視聴者に意識をすり込もうと躍起になっている。だが、今の体質のマスコミでは、その意識や姿勢は見透かされている。早晩、池上氏のやり方も、この番組の真の姿も浮き彫りになることだろう。そして、またしてもフジの名言「嫌なら見るな」を発動しなくてはならなくなったようだ。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ