多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ひとりごと

2020.9.6 初出店は「こんなもの」 超こみっくトレジャー2020

私自身、同人誌に関わるなどと言うことになるとは思っても見なかった。
そもそものきっかけは、「スーパーゆかり」氏との出会いでもある、このイベントだった。
→別世界Bar という、異業種交流イベント。現在告知等がなされていないので、活動を休止しているのかもしれない。
2018年9月22日に彼のプレゼンを聞きに行ったのが運の尽きだった。決して面白くない「ダイエーの歴史」をつらつら発表する彼なのだが、取材能力が半端ないことに気が付く。
もちろん面通し。以後、いろいろと交流を深める。
そして、迎えた翌年の2月。当初はリスナーで参加予定が、中の人として登壇することになるイベントの監修やMC補助と言った役割もこなすようになる。
記事はこちら。わずか8人の聴衆ながら、私的には少しだけ手ごたえを感じていたのは偽らざるところである。

そこで私の提案したのが「薄い本、作ろうか?」という内容のこと。どういう装丁にするとか、書く内容はお任せ、ということにして、当方はいわゆるオブザーバー、内容や誤字脱字の監修(校正って、意外と骨がおれるのよね)に徹することにした。

コロナウィルス蔓延で、正直言って夏コミに間に合わせるつもりがゆかり氏にあったかどうかはわからないが、ジャンルの自由度の高さで言ったら、大阪開催の「こみっくトレジャー」の方が高い。就職先が北陸にあるというのも大きかったと思われる。

さて当日。当方は、前回のイベント同様、正装で現地に向かう。それをすることで、本に少しだけ威厳と裏打ちを与えたかったからだ。
懸念された、待ち合わせにオンタイムで来られないゆかり氏の本領が発揮されるものの、致命的なミスではない。9時過ぎに会場入りすると、すでに一般入場客が大挙して待っている(開場は11時です)。
優越感に浸りながらサークル入場列から会場にイン。すでにいくつかのブースでは設営が始まっていた。

わずか一種類、それもどれほど需要があるかわからないダイエー歴史本。そもそもオワコン企業。ノスタルジーに浸れるか、と言ったらそれは少ないと思うし、いくら関西圏でダイエーに造詣が深い人が来るといったって、歴史を懐かしむ人しか手には取ってもらえない。
そんなわけで、設営はわずか20分足らずで終了。しゃべりながら開場を待つ。
すると、足の手術からか、引きずりながら当方のフォロワーが、ブースに訪れる。「あれ?開場前だぞ?」サークルチケットのあまりをせしめてフライング入場したのだった。
実際、当方が配置されたO列は、まるでそのフライングをするかのように、大した内容のない同人誌もどきの印刷物をぽろっとおいてあるだけで、12時前には撤収しているようなサークルもあった。「あ、なるほど」。内容に関して検閲がなく、当日休場も基本自由。しかも11時から売り出さないといけないという法もない。売り子の数も基本無制限。二時間早く会場入りできて、お目当てのブースに並ぶことなく入ることができる。そのための登録料と考えれば、安いと考える連中がいても不思議ではない。

11時に開場。早くも壁サークルには長蛇の列ができ初める。O列自体がニッチな内容であるだけに、待機列そのものもできずじまい。
それでも、11−12で6冊、12−13時で3冊、ラストまでで1冊の10冊が売れる。

当方がいわば、解説役、という立ち位置で登場したものの、詳しく話を聞かせて、的な購入者は現れず。まあ、ニッチもニッチ、むしろ10冊売れたことの方が私としてはすごくエポックなことだった。

この後の通販での売れ行きにワンチャンをかけたいところだが、この調子では、在庫が掃けるのは何年先だろうか?


ありのままが報じられないゴミたち

2020.5.20は、びっくりするくらい、生番組での間違った報道が散見される異常事態となった。
トップバッターは、今や「歩くデマゴーグ」といえる玉川徹氏を擁する「羽鳥慎一のモーニングショー」。甲種回送を撮りに来た「撮り鉄」たちの乱痴気騒ぎを報じるべきところが、3月に実施された別の甲種回送の写真を使ったのだ。
J-CASTニュースより。
おそらく、それほどの騒ぎにはなっていないとみられ、別の駅(船橋法典)での実況映像はあるものの、自分たちで取材していないのまるわかりだったこともあって使わなかったんだろう。その後、謝罪をしているが、なにも知らない人が見たら「撮り鉄サイテーだな」に印象操作されてしまうところだった。
これだけでは収まらない。
坂上忍の反政府芸だけで持っている「バイキング」は、もっと悪質だ。「17日(直近の17日は日曜日)の竹下通り」の映像として、密でもあり、マスクもほとんどしていない、結構混雑した映像が流されたのだが、とあるPOPで撮影時期が全く違うことが判明したのだ。
ライブドアニュースより。
「ウワ―マジで人一杯」と流れで見た人は思ってしかるべきだが、映り込んでいるマクドナルドの新製品を知らせるPOPが「てりたま」だったことで、17日が正とするなら、3月の映像であると看破されたのだ。
尚問題の放送は5/19。一日遅れで指摘されてから、その画像を使おうとした意図とかも述べず、謝罪するだけで終わらせている。これで「マスコミでござい」は虫がよすぎるだろう。
止めは今日の「ひるおび」。グラフを正しく書かないことで誤認させる手法は、いろいろな番組で使っている手あか塗れの手法だが、それを臆面もなくやってしまうところに潔さを感じてしまう。
保守速報より。

順にテレ朝、フジ、TBS。揃いも揃って反日・反政府集団が繰り出す、印象操作の数々。「だましてやれ」「奴ら、文句言ってこないだろう」……悪意がある映像を見せられて、「いやー、ワイドショーってためになるわ」にはどうあってもならない。例えば円グラフにしたところで、誰かがチェックをすれば「やりなおせ」と一喝されてしかるべき。ちなみにこの数字だけ……47と33を使うと、全体で80。47は大体60%だから、半分を越えているグラフはそれほど間違っているわけではない。「その他」の20パーセントが抜け落ちている理由がわからない、不完全なものなのだ。

いや、必死なのはよくわかる。そうでもして、アベを追い落としたいのは痛いほどよくわかる。
だが、「報道は、事実を曲げずすること」の放送法に大幅に抵触しているこの3件について、総務大臣をはじめ、何らかのリアクションは求められるところだと思う。
政権をたたくだけになり下がったゴミたち。「本当」「ありのまま」を報じられないで大きな顔ができるのも今のうちだと心得ておいた方がいい。

日本全国自粛が実現したこれからを予想する。

コロナウィルスに対応するうえで、避けなければいけない「集近閉」(いわゆる、3密よりはこっちの方が、どういう密なのかがわかりやすいし、何よりあの主席もDISれるのが大きい)を確実なものにするため、とうとう全国に対して緊急事態宣言がなされ、事実上、すべての企業活動が停止に追い込まれる事態となっている。

例えば、映画館は、これまでなら宣言の出された都道府県以外なら営業自粛とまではならなかったが、今回の宣言のせいで、たとえ数人レベルの発症した県でも営業はまかりならんとなる。夜の外出も基本できなくなるし、飲食は、客単価の高くなる夜の営業がほぼ壊滅的になり、基礎的な経費の支払いにも事欠く始末になることは必定である。
遊興施設も同様。パチ屋がほぼ全面的に閉まりそうな気配であり、それでも「自粛?なにそれ」で営業を強行する店舗に客が押し寄せる未来しか描けない。

強制力のない自粛が蔓延する事態。今までなら、自然災害で被災地だけに「行くのやめとこう」だったわけだが、今度は全国的に影響が広がる。訪日外国人も壊滅的であり、その彼らが落としていく金で経済が回っていたことも事実。そう言った要素が無くなれば当然日本経済はガタガタになる。
それを見越しての「ほぼ全員10万円給付」につながるわけなのだが、これだけでも足りているとは思えない。ロックダウンに限りなく近い現象が及ぼす影響は軽く見積もるべきではない。

さて、当方のへなちょこ予想を開陳していきたい。
コロナウィルスの蔓延・終息宣言を出すのが当方は「7月」と見ている。
散発的に患者はこれからも出てくるだろうが、抑え込めると判断した時点で出されると思うのだ。具体的には、確認患者数が急減したタイミングからさらに2週間。そこから、確認患者数が全国で数人レベルに落ち着いたときがそのタイミングだと思っている。東京での自粛はそのかわり少し伸びるかもしれない。
そしてこれは重要なのだが、今回の給付と別にもう一段の給付や経済刺激策を政府は取る。納税者に死なれては困るからだ。また、反政府側に寝返った時の怖さを彼らは知っているという側面もある。額の大小はあるが、仕事ができなくなる期間が相応に伸びれば、それに対応する予算も増えてしまう。108兆円では、せいぜいマイナスがプラスマイナスゼロに持っていけるかどうかでしかないともいえる。
倒産ももちろん増えるだろうけど、失業者はそれほど増えないとみている。それは、安い賃金の代名詞でもあった外国人労働者の代わりを邦人がやるようになっていくからである。グローバル化の盲点が図らずも見えたことで、国内回帰が経済界の中で潮流になれば、「きつくても仕事があるだけまし」な人たちを取り込むことは難しくないとみている。もちろん、賃金は相対的に上がってしまうが、「やってこない・当てにできない」リスクをとるより、金で済むリスクの方が妥当だと思うのだ。国富が国外に流出しない点も大きい。
インバウンドの復活は当面望めないとみる。一番の"お得意先"だった中国の急回復が望めないからだ。全世界的な人の移動も2021年初頭までは減少傾向になるだろうし、そんな中でのオリンピックができて初めてプラス要因といえる。ただ、来年のオリンピック開催可能かどうかは当方も懐疑的である。

国際的な観点で言えば、確実に中国の世界的な地位は大きく毀損した。初期対応のまずさは日本もお互い様だが、彼らの隠ぺい体質や、くすぶっている反体制の炎が一気に白日の下にさらされる可能性は2020年代に確実に起こる。それがもたらす中国の分裂は見ものだし、今までやりたい放題だったかの国の凋落ぶりは見てみたい。それは一党独裁国家の終焉でもある。
アメリカはどうだろうか?今回感染爆発の象徴みたいになってしまったわけだが、中国に責任転嫁するだけでは足りないと思う。要するに舐めてかかりすぎていたわけで、その責任はいくら金で誤魔化したところで変わらない。欧米の中国に向かう怨嗟はただ「謝れ」というだけではこと足りないと集近閉氏は思い知らされるだろう。

中国という市場亡きあとの世界がどこに目を向けるか?と考えると、どうしてもまだ生活水準の上げ余地のある東南アジアの国々ということになるだろう。具体的にはベトナムやバングラディシュ、人口が膨大であるインドもその中に入ってくるだろう。中国が唾をつけたアフリカの国々は、金の切れ目が縁の切れ目、となり、急速に中国化から離れていくだろうし、その後をヨーロッパや日本が席巻することになるだろう。

何かが変わっていく令和時代。昭和初頭の大恐慌、平成初期のバブル崩壊、そして今回のコロナショック。また失われた○○年とならないように、日本は財務省などと言うけち臭い省庁の言いなりにならず、バシバシお金をつぎ込む政策を打ち出すべき時に来ていると思う。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ