多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ひとりごと

一応書くわ。今年の日本アカデミー賞のこと。

映画鑑賞を趣味にできた2016年10月から、一定の監督諸氏には頭が上がらない。特にアニメーション映画界では、新海・片渕・湯浅の3氏、邦画では、月川翔/英勉/春本雄二郎氏あたりの作品は、もはや内容関係なくマスト鑑賞したいほどである。
その逆で、こいつがメガホン取ったら見ない/無視クラスの監督諸氏も大勢いる。あえて名前は書かないけれど、その大半がいわゆる政治思想を前面に押し出すタイプの監督である(作品にその色がなくても、本人の政治信条で見ないというパターンもある)。

監督がどうあれ、私は、基本「右にも左にも振っている作品」や、「プロパガンダ臭の強い作品」には与しないことにしている。最近作なら、「主戦場」だったり、現在公開中の「Fukushima50」あたりがそうである。
そして、自身のドキュメンタリーも大爆死した、望月とか言う東京新聞の記者が原案を書いた「新聞記者」という作品が今年の日本アカデミー賞を取ったことで、思想に毒されていることを隠さなくなったのか、と思わざるを得ない。

未見であるが、誰も見ていないに等しい興行収入しかなく、海外でも評価が高かった「パラサイト」とは比べ物にならない低評価だったことは今更言わなくても知っているはずである。ちなみにノミネートされたほかの作品は、「蜜蜂と遠雷」「翔んで埼玉」「キングダム」「閉鎖病棟」であり、今回のこの作品の受賞は、『ノミネート段階で独立系の秀作をことごとく締め出した日アカの体質への批判が、最終投票では新聞記者の追い風になった可能性もあります』(日本アカデミー賞歴代.comより抜粋)とあるのだが、それだけで決まるとも思えない。

興行成績や、キネマ旬報のファン投票と言った、市井の意見を全く無視したノミネート状況も気になるが、「この作品が取れる理由」をいくら探しても見つからないというのが実際で、とうとう政権批判/プロパガンダ臭の漂う作品が賞を獲るようにまでなってしまったのか、と思わざるを得ない。
当然のように、当方推薦の映画ブロガーである「物語る亀」さんは、烈火のごとく怒りながら評してます。

「流行語大賞」と似た構図になりつつある日本アカデミー。まだ前回の犯罪者一家の映画が獲ったのは興行の部分から納得なのだが、賞レース狙いでこうした政治色の強い映画ばかりが作られたら、窮屈で仕方ない。だいたいほぼすべての映画ファンはこの受賞を手放しで喜べないし納得しないと思う。

そろそろ言わないといけなくなってきた。

ここ最近の野党たち……謹んで野盗と言わせていただくんだけれども……のやっていることのめちゃくちゃぶりは目を覆うばかりである。
寿司屋の具体名を出していないと堂々と白を切る、一般人に名誉棄損の疑いをかけて謝罪一つしない、自分に甘く他人に厳しくないと、野党議員は務まらないのか、と言いたくなる言動の数々は、追いかければ追いかけるほど、絶望感にとらわれてしまう。

特に腹が立っているのが、こいつのこの言動である。ここからはもはや敬称をつける気力もないので、呼び捨てにさせてもらう。
さすがガソプーであり、メディア出身者のおっしゃる"評"は的確だわwwww

私が何に怒っているのかといえば、二言目にはメディアは正しく伝えていないとか言っておきながら、意に沿うような新聞に花丸を与え、苦言を呈したら「クズ」だの「0点」だの。そもそも一国会議員が、評論家よろしく、記事に講評するなど、おこがましい、とか身分不相応とか、考えない方がどうかしている。
当然なのだが与党議員が同じことをやったら、桜もモリカケもそっちのけで、連日連夜、下手したら、ワイドショーのたびにこの話題を出して来て(忘れたころにまた蒸し返すのも常套手段w)、糾弾することは目に見えている。実際、安住がしたからか、花丸をつけてくれたことに忖度してか、ワイドショーでこの行為に苦言を呈している風には見えない。

野盗どもは「メディアが政府やアベに気兼ねしている」「アツリョクガ―」とばかり吠えているのだが、自分たちがメディアの庇護の下、さして大々的に報じられていないことの方が、十分に気兼ねしているし、一蓮托生だから報じたとしても軽く、ともすればスルーに近い内容でしか伝わらない。あの「漢字読み間違え」「カップ麺の価格」を延々やり続けた、末期の麻生政権時の喧騒ぶりを見るまでもなく、メディアが現政権になびいているとは到底思えない。

では、今回の安住の行動はそもそもどういう意図があるのか?
野盗の議員が記事に優劣(採点)をつけることが単なるお遊びなわけがない。もちろん、期待通りに進まない国会運営に「むしゃくしゃしてやった」ととらえるのが正解のようにも思えるのだが、反対しかせず、自分たちでまともな対案の一つも上げられない立件だから、こうした恨みごとの一つも吐きたくなるのだろう。当然、これをしたところで何か解決・前に進むわけでもない。

こんな人が党内に居るのに、代表のフルアーマーは、何にも言わない。まだ、牛丼屋に難癖をつけた議員と一緒に謝罪したタマキンの方が見どころはある。出所が同じだからとっとと合流してもらいたいものだが(今後の選挙でどうなるのか、楽しみだ。あそこまで毛嫌いしているフルアーマーなんで、合流の芽はほぼなく、下手したら、野党同士で票を食い合うかもしれない)、クズとクズが集まっても、金にも宝石にもならない。ゴミはゴミ箱に。次の選挙で野盗たちの阿鼻叫喚が見たくて仕方ない。

2020年あけおめ投稿

2020年が到来しました。
いろいろな指標にもされている20年代。その幕開けが、皆様にとってもいいものになりますように、心から祈念いたします。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ