多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

インスタントラーメン

即席麺試食記(375) 普通オブ普通 サンヨー食品 オタフクソース使用焼きそば


にほんブログ村

安売りの目玉にされやすいサンヨー食品のカップ麺。当該スーパーでは、「木金市」として、税抜89円で提供されることが結構ある。
実入りが少なくなっている当方としてもこの価格は納得。当然のように籠の中に。
で実際に食べてみるのだが、この製品のうたい文句である「オタフクソース使用」が、どうにもピンと来ないのである。
その背景にあるのが当然のようにソースの方向性。私はスパイシーなイメージ(ウスターメインの、やや辛め)を抱いていたのだが、あにはからんや、若干甘めのとろみのついたお好みソースを標榜させる感じで攻めてきた。
甘ったるい、とまでは言うつもりがないが、すきっとした仕上がりにならないのである。もちろん、それが商品のコンセプトや、といわれるとそれ以上返しようがないが、私の中では、「UFOとおんなじ方向性にしなくてもいいのに」と思わずにはいられない。
もっと言えば、「同じコラボするなら、有名どころではなくとてつもない地ソースと組んでくれりゃよかったのに」とさえ思ったりする。実は、地ソースは、凄い数のブランドがある。粉モン文化盛りの大阪・兵庫では、バラソース、ブラザー、オリバー、ハグルマあたりは有名だが、こういった全国に知られていないソースメーカーとタイアップ・コラボする方が話題性もあっていいのにと思ったりする。

オタフクは今や全国区。だから「製品にした時に認知もされているから売れる」は理解できるが、味付けの点で少し注文が付く。メーカー名を出しているだけに、これでよかったのか、は食べるたびに思ったりする。


 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   ソース   7.5/10    具材  6.5/10    総合計 22.0/30
 価格補正  +0.5     合計   22.5/30     格付け   B(尖った味付けなら)

即席麺試食記(374) これは看板倒れ 明星 チャルメラ 油そばカップ


にほんブログ村

新製品をここで拾うことも多くなった関西スーパーだが、バイヤーさんの趣味趣向が当方と合うのか、いい感じの製品を次々に取り扱ってくれる。
とはいえ、新商品の定番だなに移行する率は本当にゼロに近い。自社で扱っているくらし良好ブランドのマルちゃんのPBをやっている手前、大きく棚替えは難しいのではないか、と考えている。

今回も、そんな企画一発ものの製品を4月中旬にゲット。GW明けのこの時期に食べてみた、ということである。
公式HPにある、文言から見ると、「チャルメラの汁無しバージョン」という風なことがかかれているのだが、製品外装からはそこまでのことは伺えない。チャルメラおじさんや大書きされた「チャルメラ」のロゴで、関係があることはわかっても、「別コンセプトの製品だな」と思う方が勝っている。

ふたを開けると……まあ、予想通りの展開。麺の多さはまだ納得できるとして、具材のしょぼさに愕然とする。それでも、熱湯3分、湯切りして液体たれを絡めて食べ始めるのだが……

油そば、と銘打つにしては脂分もそんなに感じず、チャルメラの汁無しバージョン、と考えても、そこまで主張する味には感じ取れない。ホタテの旨み、と書かれているのは感じられたものの、くどいくらいではなく、あり来たり、中庸を行くとんがっていなさぶりに意気消沈する。
メンマの香とかを添加するとか、とにかく華やかさがないと、この手の商品は、いつまでも旨いうまいで箸が止まらなくなる、レベルでないのだから残念というほかはない。

油そば、というジャンルで一発当てたい気持ちもわからないではないけど、醤油味のカップ焼きそば的な味付けにしているようでは、リサーチ不足も甚だしい。
量はあって満足度だけは高かったところは最後に特記しておきたい。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   7.5/10    具材  6.5/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし     合計   22.0/30     格付け   B(もっと異端たれ!)

即席麺試食記(373) これはこれだが… 日清のどん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん 


にほんブログ村

カップヌードル・新味の強烈デビューで、かすんでしまっているかのようなほかの新商品だが、もちろん、出さないわけにはいかない。
決算公告は、意外にも、利益が上がっていなかった由。おかげで株価は少し下落傾向にあるが、『まんぷく』効果が出てくるのは今期。

ほかのチーム……どん兵衛もUFOも、切磋琢磨している。そこから出てきたのが、今回実食した「あさりとはまぐりのw貝だしうどん」だった。→製品HPはこちら

スープはやる気満々の液体!だが、その反動は当然のように具材に現れる。立派な固形物の無い頼りなさ抜群のラインアップ。ということは、かなりスープに原価がかかっているとみるべきだ。
いつものようにお湯を入れ、規定時間で液体スープを投入。
一口目の印象は「塩味うどんだからだけど、しょっぱい」ということだった。エキス分が勝って、塩味が感じにくくなるかと思いきや、それが逆に出た格好だ。ただ、食べていくうちに、口が塩味に慣れてくると、二枚貝特有のいい出汁を感じられてくる。「癖になりそう」とまでの中毒性はないが、おとなしく、上品な味である。

総評ということになると、俄然「おすすめですぜ」と持ち上げるまでには至らない。たまにしょうゆベースの味に飽きた時に食べるのがちょうどいいと思う。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  6.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   B+(飽きた時の変わり種)

月別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ