多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

インスタントラーメン

即席麺試食記(330) この価格なら 日清麺職人 仙台辛味噌ラーメン


にほんブログ村

麺職人という、廉価版でありながら、麺質にはこだわって作っている一大ブランド。登場当初から麺質はどんどん改良され、醤油ラーメンの、極細ストレート麺には、感動すら覚える。

時々、地域限定的な特別な麺職人が出てくるわけだが、実は、一度食べてがっかりしたのは、「沖縄そば」バージョンだ(日清製品では珍しいC評価。でも、この記事を読んでいただけるとその理由はわかってもらえるはずだ)。そして、一番びっくりしたのが「台湾ラーメン」バージョンである。→試食記。

さてそんなハズレもあたりもどちらもありな麺職人地域バージョン。今回手に取ったのは、仙台辛味噌ラーメンである。
結論から言うと、「別に麺職人を謳わなくてもよかったんじゃね?」と言いたくなる内容だった。
麺は、ノンフライながら太手もみ風麺と記載。これが「しっくりこない」というよりは、「この系列も麺職人って言っていいの?」というレベルだったからだ。
もちろん麺がまずい、というわけではない。だが「まるで生めん」というのは明らかに過大評価と見て取れたからである。その代わり、味の調整の難しめの味噌味については、充分に及第点。もっとも『辛味噌』ということで、ラー油に逃げられてしまった感も無きにしも非ず。具材は、細切れ/量もこの価格だから仕方ないとはいえ、もうひと頑張り。

仙台味噌は有名であり、この製品に限って言えば、味噌全体の半分は仙台味噌のようだ。とはいえ、ブレンドしていると当然味わいというものもスポイルされる。だいたい、生活したことのない人にしてみれば、仙台味噌の特色や味わいなどわかるはずがない。
味に値打ちをつけるのはメーカーの勝手だが、ラー油も肩を並べてくる味噌味にそこまでアピールする必要があったのかどうか…少しだけ首をかしげる実食になった。

 購入店舗   アル・プラザ(平和堂) あまがさき店
 麺    8.5/10   スープ   8.0/10    具材  7.0/10    総合計 23.5/30
 価格補正  なし      合計   23.5/30     格付け   A(悪く見せないだけ。)

即席麺試食記(329) どこか違う 日清 ラ王復刻版焼きそば


にほんブログ村

最初に出たラ王の、そのフォルムと中身には度肝を抜かれたのを記憶している。
コテコテの中華風の外装に、「ラーメンの王」で短縮しての「ラ王」を製品名にする、当時としては中高級価格帯に位置していたのも記憶に新しい。なんといっても。麺がLLCタイプの「実質生麺」。これでうまくないわけがなかったわけで、一時期、狂ったようにラ王ばかり食べていた時期もあった。
前園にヒデ…時代を感じてもらいましょw

生めんタイプをかなぐり捨てて、袋めんにチャレンジしたのもはるか昔。このときと同じくして、カップ麺も大幅リニューアル。8角形の独特のフォルムで棚の中でも埋没しない特異性を発揮。今でも一定の支持を受けている。
その当時のロゴや雰囲気で迫りくるのが今回食べた、「ラ王」の復刻版という位置づけの焼きそばである。

いわゆる「UFO麺」だったら金返せぇ、と言いたくなるところだったが、独自性も垣間見える麺質に納得&感動。だが、ソースを含めた味付けには落胆させられる。やや脂っこく、ソースらしさが垣間見えなかったのである。正直言って「ギリギリセーフ」の内容で、ちょっとがっかり。価格にも比例したうまさもなかったので今回は涙を呑んで価格補正もさせてもらった。

ラ王は、やっぱり、スープそばだからこそ生きるブランド。生めん時代とも違う復刻版と銘打ったにしても、ここまで味がずれていると、どうしても押したくはなくなる。
 
 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   ソース   7.0/10    具材  7.5/10    総合計 23.0/30
 価格補正  −0.5     合計   23.0/30     格付け   B+(ピンとこない)

即席麺試食記(328) リニューアルの成果は? マルちゃん正麺カップ 芳醇コク醤油


にほんブログ村

袋めんに一大センセーションを巻き起こし、見事、トップブランドに就任した趣のある「正麺」。
→塩味バージョンを上梓。「嘘だと思ったら食べてください」が効いている。

登場当初は、品切れの連続。この麺質に感化されて、他社も袋めんで対抗製品を打ち出したが、結局王者しか生き残っていない。

しかし・・・満を持して、というより、製品化が遅れに遅れたカップ麺の方は、というと、大ヒットするでなし、かといって外れるでもなし。棚は何とか保持しているわけだから、そこそこに売れてはいるのだろう。
でも、試食記200タイトル目に指名して食べては見たものの、ぼんやりとした印象しか残っていない。何しろ、麺のほぐれ具合が半端なく悪かったからだ。→当方の200タイトル目試食記はこちら。

その後何度かリニューアルしていることは知っていたのだが、やはりハズレを一度引いているものからすれば、「またやらかす」ことを半ば容認して籠の中に入れないといけない。もっとも、今回は、3点500円=税込540円/一個当たり180円でゲットできているので、価格補正も期待できる。

さて実食。
前回同様、100度近い沸騰したお湯で戻し開始。調理等に必要な時間を勘案して4分強でふたを開ける。果たして今回は…
うん。前回のごわごわとした印象はかなり軽減され、すっきり、とまでの劇的変化はなかったが、明らかにほぐれはよくなっている。これでかなり勝負あり、といった感。
麺自体も、「これなら正麺カップと謳えますわ」といえるほどの再現度で迫ってくる。歯ごたえ、質感。前作を大幅に上回り、高評価とできる。
スープは、ややくどいくらいの脂分がしつこさを出してしまい、ややマイナス要素。でも、全体像としてはそこまで減点するには至らず。
具材は、ねぎの大量ぶりと、重ね肉風のチャーシューはよく頑張った方。ノリの風味も侮れない。

だが・・・
同じような値段出すなら、私はヤマダイ製品(凄麺)にする。麺が一定の進化を遂げたのはわかっていたし、それも含めてここまでの出来・評価は当然。でも、麺が取り柄でほかがもう一つなら、他にも手を抜いていない、コスパ上等のヤマダイ製品に手が伸びてしまう。私が中高額系のカップに余り手出ししないのはそういう理由があるからである。
結論を言うと、「うまくなったな、正麺カップ」というレベルでしかなく、感動まで呼び起こすには至らない。

 購入店舗   イズミヤ 西宮ガーデンズ店
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 23.5/30
 価格補正  +0.5     合計   24.0/30     格付け   A(ようやくここまで)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ