多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

鉄道

気になってググってみた(12) 久しぶりに血沸き肉躍ったぞ!!

最近は、「きになる→google様」は、一種の既定路線になってしまい、記事にするのもはばかられる事態が続いていた。
しかし「風が吹けば桶屋が儲かる」を地で行く、奇妙なルートをたどって、ここにたどり着いてしまったのである。

そもそものきっかけは、「ゴム製品はどうしても黒でなければならないのか」というところから。輪ゴムはあめ色がメインなのに(色付き輪ゴムは、食品系でよく見かける/緑とか青とか赤とか)、タイヤとなると、黒ばっかり。その理由が知りたかったのだ。
質問サイトでの「ゴムの色 黒」で検索をしてみるとこんなトピに出合う。→こちら。 ベストアンサーに選ばれている、回答の中の「カーボンブラック」が気になり、ここからgoogle様の本領発揮。

→カーボンブラックで聞くと、一発目にWikiのページ。もちろん開いて「ああ、なるほど」と理解していく。
ここで、最後の「関連項目」に「国鉄ホキ6900形貨車」の文字を認めてしまう。

幼少期、雑多な車種がいろいろと連結されていた貨物列車。有蓋貨車は一輪で支持していることもあり「タタン」というボギー特有のジョイント音ではなく、「タン」が連続するリズム感が心地よく、ホームで待っていても、かなりテンションが高かったのを覚えている。ほどなく始めた鉄道模型の世界でも、当方はむしろ貨車の収集に血道を上げていた。また、操車場にもかなり入れ込んでおり、今思うと、あの昭和の遺物がほとんど姿を消しつつあることに寂寥感がにじみ出てくる。どんな変わった貨車だったのか…気になってしまったのは無理からぬところである。

そうなってくると、関連項目から更なる関連項目へ。
ホキ6900型→現行のホキ1000型→ホキ9500型へと変遷していく。
このホキ9500型も数奇な運命をたどっていることがわかったわけだが、ここでまたしても気になる名前を見つけてしまう…それが「西濃鉄道」だった。→こちら。

パッと見には、「あの西濃運輸が鉄道会社もやっているのか(運輸関連だけに)」と、想起してしまうのは無理からぬことであり、しかも貨物鉄道会社となれば、そう思っても不思議はない。ところが、そんな当方の想定を裏切るように、記事には「大手運輸業会社の西濃運輸やその持株会社のセイノーホールディングスとは資本的、人的ともに関係はなく、会社の成り立ち自体も全く異なる。」(上記「」内抜粋)と書かれていた。

がっかりしたのもつかの間、過去の車両という記述の中の単語にくぎ付けとなる。

      貨 物 鉄 道 博 物 館?!

確かに、ここ最近、大手鉄道会社の、鉄道遺産に対する取り組みは、かなり向上してきている。東日本/東海は、沿線に博物館を新設もしくは移設。そして満を持して、このGWに開館するのは、西日本の旧梅小路蒸気機関車館を吸収する形でスタートする、「京都鉄道博物館」である。
しかし、「貨物鉄道博物館」は、このWikiに接するまで聞いたことのないものだった。

というわけで当該wiki/そしてHPに飛んでみる。wiki  HP

なんと開館日は「第一日曜日」のみという、博物館。この特異性も、ボランティアによるものと考えれば、営利目的ではないのでうなづけるところである(開館日の入館に関して、入館料は無料である!!)

貨車好きの小生としても、こんなものがあると知ったからには、一度は訪れたいとは思う。しかし…月一の日曜日だけとは...そのハードルの高さにしり込みもしてしまう。

だれが一番悪いのか?限定販売suica騒動に思う

先に答えを書いておきたいと思う。15000枚、並んだ先着順(3枚買い可能と設定したのも失敗)、転売ヤーの存在の欠如などなど。完全にJR東日本の不手際である。

ニュースにもなり、いわゆる撮り鉄の罵声なんかもかわいいと思えるような修羅場が、日本の玄関駅でもある東京駅で展開されたというのも驚きであると同時に、当然これらの動画やニュースは世界にも配信されるところとなるはずであり、号泣会見並の驚愕を持って受け入れられることになるであろう。
まずはニュースから
現場のあり得ない状況動画もあるようですが、胸糞なものなので、当方は張りません。

この騒動を受けたJR東日本の謝罪文がこちら

首都東京でわずか15000枚という限定発行数が及ぼす影響をどこまで事前にリサーチしていたのか…。それも事前申し込み/抽選というハードルを高めてあるのならまだしも、先着順という前時代的な手法で買わせるとは…。すべてにおいて、手抜かりがあったとしか言いようがない。

そもそも15000枚という設定数量も謎である。開業100周年なのだから、当初から10万枚程度にしておけば、または、1万枚にして完全抽選スタイルにしておけば、売れてからの価格どうこうより、ここまでの混乱には至っていなかったであろう。3枚をあわよくば高く売りつけようとする転売屋の出番もなくなっていたはずである。

売り切ってしまわずに途中で販売を止めたあたりにも、不手際感が満ち溢れている。そんなことをすれば現場が荒れることになるのは必定。駅構内という閉鎖空間で執り行ったのも災いしたとみる。

とにもかくにも、今回のイベントの大失敗は、せっかくの100周年を台無しにしたものだと認識している。本来の趣旨から逸脱した守銭奴の跳梁跋扈を許したJR側には、猛省を促したいと同時に、このような、プレミアムが付きそうな数量でしか出せないのなら、最初から企画しない、という方向性も大事だと老婆心ながら助言申し上げたい。


・・・で、再発売されるsuicaは私のような関西人でも買えるようになってるんですかねwwww

アンビリーバブルなことが起こり驚愕www

とにかくこの記事を見た時は、鳥肌が立ってしまいましたとさwwwwww
http://news.livedoor.com/article/detail/9043616/

ちなみに大型にした写真はこちら

実はこの写真、すごぉくよくできているのである。
本来であれば、赤胴車(昔の阪神電車の優等系列車の標準塗色)が尼崎の車両基地に格納されるとはいえ、ここまで出張ってくることはまれ。ちなみに短編成であることも確認できるので、武庫川支線専用編成でもある。
そして右端には「山陽電車」。左端には現役の「青胴車」。これらに挟まれる形でのマルーンの車体の存在は一種独特といえる。

さて、この写真をもう少々解析したい。
実は、この阪急車。車番は5000台なのだが、拡大する限り、5136Fと確認(鉄道ファンニュースやwikiなどで確認)。そう。神戸線専属車両ではないのである。実はここが味噌だったりする。
電車の世界には「建築限界」と呼ばれる、各社が独自に設定している車体幅や車体長というものが存在する。相互乗り入れが可能になるには、こういった車両の細部にわたって、不具合がないか(極論すると、車体がホームに接触したりしないかどうか)をチェックしないといけない。車体幅がやや太めの車両ではなく、最小幅である5100系車両が使われたのは、そういうことだからなのだろう(wikiでは5100系の車体幅は2750mm。ほかの形式では2770mmとかいうものもあるのだが、この僅か2僂影響しないとも限らないので、この結果になったとみる/ただしほとんどの神戸線・宝塚線運用用の車両は、この幅)。
ただそのためだけの阪神線での回送運転だったのか?特に今まで阪急の車両が乗り入れたことのない阪神でのこの乗り入れが何を意味するのか、は類推するだけで楽しくなってしまう。
,海竜事にもあるように、阪神の車両工場での車両改造用のため
記事を書かれた方には失礼だが、この可能性はかなり低い(ご本人も「噂」と書いている)。自走で尼崎まで回送することは、線路がつながっている以上可能ではあるが、そういうやり方をするとは思えないし、また、阪急車両はグループ社以外に車両を提供していないことも見逃せない。
△發辰箸垢瓦し弉茵
阪神なんば線開業5周年を記念して開かれた、近鉄の特急電車を使った阪神三宮−賢島という驚きの企画電車運転は大好評だった模様である。今回は、近鉄の特急車両を使ったものだったが、もし仮に、阪急車両が、近鉄線内を走ることが実現したとしたら……!!!
実は、近鉄特急が実際の運用に入るちょっと前に、実際の車両が尼崎の車庫でお休みになられていたのを目撃している(まだ習熟運転の期間中の話)。阪急車両が近鉄線内に入り込む、ということが実現するには、試運転でも何でもいいからそういう事例が必要になる(ぶっつけ本番はあり得ないし、阪急の場合、近鉄線を走るとなったら、無線などの改造をしないといけない。あっ・・・)。
「阪急+阪神」の混成編成???
協調運転が可能かどうかは別にして、これこそ夢のような話。ちょっと実現は薄いのだが、これができたら、近畿の鉄道ファンは狂喜乱舞すること間違いない。

そもそも、すでに持ち株会社として一体化している「阪急と阪神」。この天下の一大合流劇から早いもので8年余り(阪急阪神HD設立は2006年10月)。何が起こってもおかしくないこの二社の車両たちにもしかするともしかすることが起こるのかも…
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ