多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

映画

2021.4.18 AVAですよw 「エヴァ」鑑賞記

今日は、ヒトカラも止めて、「天気の子展」に向かった。
→ブログにしたためるほどのことはなかった(十分知ってた内容だったし、意外にいいところとか解析したいところとかがあっさりだったのが意外)ので、一応、当方のツイートの転載を感想に代えさせていただく。

昼ご飯も食べて、さて、と映画脳にスイッチ。
だが、鬼滅はほぼ壊滅状態。コナンの2回目は、さらに突っ込みどころを見つけてしまいそうで、及び腰。「ガルパン」ももう一回くらいは、と思いつつも、そもそもラストシーンだけが収穫といってもいいだけに、これまた二の足を踏む。そして、「シンエヴァ」は検討リストにすらのぼらない。
難波のTOHOも、梅田もそれほどではないのだが、予告を見てビビッと来ていた作品の上映を知った。それが「AVA」と書いてエヴァと読ませる、アクションものだった。

昼中回ではあるものの、館内は閑散そのもの。30人程度で、やや男性優位、40代後半を平均と推定した。
ジェシカ・チャステインが演じるのは、組織からの依頼で確実にターゲットをしとめる暗殺者の役。この線の細さとのギャップを楽しむという点においては、いいキャスティングだと思う。
ターゲットに「なぜ殺されるのか」を執拗に聞くエヴァ。そしてその癖は、組織の元にも伝わってしまう。これが、エヴァと組織との仲違い(中盤から、エヴァとその保護者的立ち位置の組織の重鎮は命を狙われる)の理由と見られるのだが、恐らく、理由を知ることで任務の正統性を担保したかったのかもしれない。
だが、画面上二人目の殺害依頼の際に、手違いが起こる。何とか窮地は脱したエヴァではあるが、ここからノンストップ、とまではいかないものの、行く先々で命を狙われていくことになる。
この作品の意外性は、彼女の家族の描写にかなりの時間を当てていることにある。妹、母親に、妹のフィアンセ。彼はもともとエヴァと相思相愛だったのだが、エヴァの薬物依存や軍隊入隊などが距離を作ってしまい、妹と昵懇になってしまっていたという経緯がある。
殺し屋にだって家族はいる。そこを書きたかったところは否定しないが、そういうことは、どちらかというと作る気満々な続編でじっくりと書いてもらいたかったところだ。

クライマックスで恩師を殺されたエヴァと、新たに組織のトップに立った男性とのバトルシーンが幕開けるのだが、前半で見せたガンアクションも、格闘術も何かしら手を抜いている、というか真剣さが感じられない。一対一のタイマンにした、組織のトップの姿勢は褒めるべきところかもしれないが、普通は手下を何人か連れてくるべきところであろう。組織内部の抗争だから、賛同者が得られなかったせいかもしれないが、このあたりの凡長ぶりは予算のせいか、脚本か、その両方か?

読了感があったと感じたが、ファーストインプレッションの93点から90点にやや下方修正する。
彼女の家庭のこと、元婚約者のこと、こういったことに落とし前をつけることが一作目であり、組織からはみ出し者になったエヴァが、付け狙われつつも生きていく2作目を予感させるラストシーン。まあこういっちゃあなんだが、家族のことに言及したアサシンものって、そう多くはないんじゃなかろうか?
この作品で女版ジョン・ウィックを監督が目指しているのかどうかは別にして、何もかもが中途半端な書きようになってしまっている(オープニングタイトルでエヴァの生い立ちをスライド風に見せたのは、あまりいい演出とは感じなかった)全体像がぼんやりとしてしまったのは残念だった。

2021.4.16 クライマックスには疑問 「名探偵コナン 緋色の弾丸」鑑賞記

名探偵コナンシリーズの長編作品には、これまで一切劇場では触れてこなかった。私自身がシリーズものには少しアレルギーを持っていることと、30分アニメの前後編で謎解きをするテレビアニメに比べて、その比率が下がり、脇筋で盛り上がったり材料をより多くちりばめて尺を持たせることをしないといけない。そしてそれは「私のみたいコナンではない」と思っていることが最も大きかった。

それでも、本来なら2020年春公開の本作が丸一年の延期を経て公開されたことは、中身がどうあれ、フリークにも、劇場経営にとっても、好材料になっていることだろう。「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」を大きく上回る65回のブン回しをした劇場も現れるなど、期待の大きさだけはひしひしと伝わってくる。

当方も前作「緋色の不在証明」でコナン映画童貞を克服した手前、観ないという選択肢はなかった。
むかったosシネマズ神戸ハーバーランドでも、そこそこにロビーは盛り上がっていた。
観客動向は実に面白かった。ショタコン世代といえる40代以降の腐女子の来訪は無視できず、その一方で、女性ペアも高校生を中心にかなり発生。金曜日夜回ということでカップルも相応に来ていた。お子様連れも数家族、グループ鑑賞が意外に多かったのは特筆すべきだ。男女比はやや女性優位、平均年齢は30代後半と見立てた。

この作品を評しようとキーボードに向かうのだが、その手がどうしてもすらすらとは進まない。その大半を占めるのが、このブログの前段でも書いた、「脇筋の盛り上がり」と「材料過多」による大風呂敷と、それを回収することができるのかな、と言ったところである。
なんといってもクライマックスの強引ぶりは目を覆うばかりだ。サッカーボールが巨大にふくれていくさまを見て、「あ―あ、ここまで折角食らいついてきたのに」と、一気に醒めてしまったのである。阿笠博士のアイテムあればこそ、コナンの探偵業が成り立っているわけだが、このクライマックスだけはいくら勢いで収めたとしても承服しかねるくらいの"破壊力"が問題なのである。
白鳩という名前に疑義を提示したあたりで当方も感づけばよかったのだが、謎解きや真犯人に至る部分の作劇や脚本は至って平易。15年前の事件も関わっているとなる、西村京太郎的な「過去が原因」というストーリー建ても目新しさは感じられない。
実際に走っていないリニアをもう一つの舞台にしたのはアニメだからできる芸当とはいえ、出来ることは限られている(名古屋-東京25分、が売りであり、無観客運行をするはずなのに扉が開いていて乗り込めたあたりに脚本の穴を感じる)。そしてフェイルセーフが全く機能しないリニアの脆弱さ。走らせることよりも止まることの難しさを見せたことは正解といえるが、暴走プログラムの侵入を容易にさせてしまうシステムのなんとお粗末なことよ。

ネタフリの長い、銀の銃弾といい、詰め将棋がそう簡単に型にはまるマジックといい。「おおすごい」と感嘆の声を上げたくなるところだが、咀嚼したときに「何で」が噴出しまくる脚本や演出はいかがなものか?突っ込みどころは数限りなくあり、ぐうの音も言わせない設定になっていないところは大きく減点すべきだ。
というわけで、89点をファーストインプレッションにしたのだが、さらに86点に大幅減点。大手サイトのレビューもさんざんな書かれようである。
多分に脚本の根底には「トラベルミステリー」がよく描く、憎しみの連鎖、というものがたたき台になっていると思う。15年前の射殺事件、WSG幹部に同じことが起こる偶然性、そして犯人の子息が巻き起こす犯罪。あまり難しく背景やら人物相関図を生成できなくなっていることも大きいとみる。お子様に理解しやすい内容にレベルを落とさねばならないところは脚本家の腕の見せ所だとは思うが、今回は、クライマックスありきになっているように見受けられてしまい、結局乗れなかった。

コナンに「西部警察」は求めていない。リニアにザハ案と思しき競技場。これらを壊してコナンが無事でよかった、となることを本当のファンは求めているのか、一見さんのする評価も気にしなかったのか?次回作は少し毛色の違ったストーリー建てになっていることを期待したい。


2021.4.11 まあ動く動く 「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」4DX・17回目鑑賞記」

「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」のうち、特殊環境上映で、いけていないのは、字幕スーパー版と、4DXだけである。本来、MX4Dとの差異をみるためには時間を置かず立て続けに行っておくべきだったが、満席がおさまらなかったこともあり、京都に行かねば、という義務感も薄れてしまって公開末期/最終週での滑り込み鑑賞になってしまった。

10:50の特急京都河原町行きに乗り込めれば、11:30過ぎには大楽勝でイオンモール京都桂川にはインできる。その読み通りに事が運び、事前に購入しておいたチケットが大いに生きる。
館内は、ここでも女性優位だが、お子様連れがここでは散見された。男女比は1:2、平均年齢は40代前半とする。

前回のMX4D鑑賞記はこちらである。→こちら
ここにも「予想の斜め上」という言葉が散見されるのだが、MX4Dが光を重視しているのに比べて、4DXはこの作品では、環境音や現在の主人公たちの立ち位置に鳴っている・感じているであろう振動や揺れを表現することに徹している。
煉獄さんの最初の鬼退治で上げられ、杏寿郎VS猗窩座バトルでは、始終殴られてばかりの感触が襲ってくる。MX4Dより、表現度合いは大きめに感じた。

今回も等しく泣けるわけだが、個人的には、これからは、よほど時間が合わない限り、本作をしつこくおうことはしないでおきたい。つまり、ここでひとまず鑑賞は終了、としたい。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ