多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

レポート

2021.4.18 AVAですよw 「エヴァ」鑑賞記

今日は、ヒトカラも止めて、「天気の子展」に向かった。
→ブログにしたためるほどのことはなかった(十分知ってた内容だったし、意外にいいところとか解析したいところとかがあっさりだったのが意外)ので、一応、当方のツイートの転載を感想に代えさせていただく。

昼ご飯も食べて、さて、と映画脳にスイッチ。
だが、鬼滅はほぼ壊滅状態。コナンの2回目は、さらに突っ込みどころを見つけてしまいそうで、及び腰。「ガルパン」ももう一回くらいは、と思いつつも、そもそもラストシーンだけが収穫といってもいいだけに、これまた二の足を踏む。そして、「シンエヴァ」は検討リストにすらのぼらない。
難波のTOHOも、梅田もそれほどではないのだが、予告を見てビビッと来ていた作品の上映を知った。それが「AVA」と書いてエヴァと読ませる、アクションものだった。

昼中回ではあるものの、館内は閑散そのもの。30人程度で、やや男性優位、40代後半を平均と推定した。
ジェシカ・チャステインが演じるのは、組織からの依頼で確実にターゲットをしとめる暗殺者の役。この線の細さとのギャップを楽しむという点においては、いいキャスティングだと思う。
ターゲットに「なぜ殺されるのか」を執拗に聞くエヴァ。そしてその癖は、組織の元にも伝わってしまう。これが、エヴァと組織との仲違い(中盤から、エヴァとその保護者的立ち位置の組織の重鎮は命を狙われる)の理由と見られるのだが、恐らく、理由を知ることで任務の正統性を担保したかったのかもしれない。
だが、画面上二人目の殺害依頼の際に、手違いが起こる。何とか窮地は脱したエヴァではあるが、ここからノンストップ、とまではいかないものの、行く先々で命を狙われていくことになる。
この作品の意外性は、彼女の家族の描写にかなりの時間を当てていることにある。妹、母親に、妹のフィアンセ。彼はもともとエヴァと相思相愛だったのだが、エヴァの薬物依存や軍隊入隊などが距離を作ってしまい、妹と昵懇になってしまっていたという経緯がある。
殺し屋にだって家族はいる。そこを書きたかったところは否定しないが、そういうことは、どちらかというと作る気満々な続編でじっくりと書いてもらいたかったところだ。

クライマックスで恩師を殺されたエヴァと、新たに組織のトップに立った男性とのバトルシーンが幕開けるのだが、前半で見せたガンアクションも、格闘術も何かしら手を抜いている、というか真剣さが感じられない。一対一のタイマンにした、組織のトップの姿勢は褒めるべきところかもしれないが、普通は手下を何人か連れてくるべきところであろう。組織内部の抗争だから、賛同者が得られなかったせいかもしれないが、このあたりの凡長ぶりは予算のせいか、脚本か、その両方か?

読了感があったと感じたが、ファーストインプレッションの93点から90点にやや下方修正する。
彼女の家庭のこと、元婚約者のこと、こういったことに落とし前をつけることが一作目であり、組織からはみ出し者になったエヴァが、付け狙われつつも生きていく2作目を予感させるラストシーン。まあこういっちゃあなんだが、家族のことに言及したアサシンものって、そう多くはないんじゃなかろうか?
この作品で女版ジョン・ウィックを監督が目指しているのかどうかは別にして、何もかもが中途半端な書きようになってしまっている(オープニングタイトルでエヴァの生い立ちをスライド風に見せたのは、あまりいい演出とは感じなかった)全体像がぼんやりとしてしまったのは残念だった。

2021.4.9 「21ブリッジ」鑑賞記

ネットフリックスの快進撃は止まらない。オリジナルドラマや映画がバンバン作られ、コンテンツは、自社制作のものが結構増えてきているようだ。
映画館で見る事のマイナス面(出向く必要・時間を取られる・スケジュールに縛られる)と、没入感や静粛性を味わう映画館ならではの体験が得られるプラス面とがせめぎ合っている状況だが、定額/新作あり/時間の有効活用 と言った消費者のこれまでの負と呼べる問題を解消しているのだから恐れ入る。

そういったプラットフォームでしか公開されていなくても不思議ではない、クライムサスペンスの一作「21ブリッジ」を見ることにしたのだが、この作品を公開初日に見たいと思った動機はただ一つ。主演のチャドウィック・ボーズマンの遺作となってしまったからである(劇場用作品として。ネットフリックスドラマには2本出演/尚完成は本作が2019年)。
最終出演作繋がりで言えば、自殺してしまった三浦春馬の、「ブレイブ」での松平元康役が記憶に新しいが、彼の場合は闘病の末(大腸がん)ということだそうだ。

幼少のころからの描写の意味はすごく大きい。彼のバックボーンがここで言われるからである。父は警官だったのだが、暴徒に殺される。それが主人公のデイビスの現在の原動力になっているのだ。降ってわいた突然の警察官の射殺事件。しかし、それは偶然だったのか、それとも作られたものだったのか?
本来思っている巨悪や組織の全体像がじわじわと解き明かされていくスタイルは、実にワクワクさせてくれる。
私が、「あれ、これ、おかしいな」と気が付いたのは、連絡係のトリアノ・ブッシュを有無を言わせず射殺した警察関係者のところである。「口封じ」「先に進めなくなる」ことにもつながるからであり、吐かせないところに少し違和感を感じたのだった。
追い詰められる犯人。だが、ここでも、彼は一つのキーワードを残しつつ、誤射とも受け取れる、相棒のバーンズの銃弾に倒れてしまう。とにかく関係者がだれ一人生き残らないままでデイビスは、決定的な証拠をつかむ。

ラストシーンの衝撃には身構えておく必要があるだろう。この手の「捜査してたら、実は犯人・黒幕は身内でした」というスタイルは見飽きているものだが、デイビスを殺しにかかるとは夢にも思わなかった。結果はビターエンドとなるわけだが、法律が悪いのか、マッチポンプスタイルでやらないといけないほど警官の生活が困窮しているのか、定かではないところや、すべてを解決しているわけではないところに少しだけもやもや感が残った。

得点は、92点。警察がシャブを扱うという荒唐無稽な設定があまりに「シャレにならない」というところが大きい。バッジをつけたヤクザが(ブツを奪われた報復に)その戦力や横暴ぶりで市民生活を制限したとも取れるわけで、あまりのやりたい放題ぶりは正直過剰に映った。
マンハッタン封鎖を一夜したことを21本の橋に例えた原題なのだが、ことさらに「21本の橋を封鎖しましたよ」といわなくてもよかったんではないか?「シャットダウン」とか、封鎖を強調する単語にした方がよかったと思う。マンハッタンとほかのエリアを結ぶ橋が21本あることはこの映画で知れたわけだが、それ以外にもトンネルもあるわけで、象徴的な原題ともいいがたい。
中盤で「もしかして」ということがわかっていくとラストに向けたパズルがパチッと合う。だがそれでも玉虫色の結末。勧善懲悪になりきれないデイビスの苦悩じみた顔で〆たのはよかった。

2021.4.1 「JUNKHEAD」鑑賞。

ストップモーションアニメーションは、全てがコマ撮りであり、連続する動きをつけようと思ったら、少し動かしてはパチリ、少し動かしてはパチリを延々繰り返して、画像をシームレス化しないといけない。
それをもし、”一人”でやろうと思ったら、どうだろうか?
例えば、それなりのセット(今回の場合でも倉庫的な空間がメーキング映像で確認でき、そこを使って微細なセットを組み、数日にわたって撮影している風が見て取れた)を組むのだって相応の時間がかかるし、そもそもプロットから何から、全て一人なのである。
別にウマ娘にはまっているからではないけれど、一人ができる仕事は所詮一馬力だ。しかも企画当初は本業がありながら映像作品に取り組むという二足の草鞋状態だというから驚く。

そうしたバックボーンを感じたうえで、本作に対峙する。
すでに「快作」「とんでもない」といった講評もあり、私の中でも、世界観や感情移入などが受け入れられるものかな、というのが争点だった。
向かったのは神戸国際松竹。ワンスクリーンを割り当てる太っ腹には答えないといけない。館内は、ソロ客メインで20人弱。男の子映画っぽいのだが、女性客も相当数見受けられた。平均年齢は40歳後半、男女比は2:1で男性優位とした。

この作品を知る前段階の情報量の少なさと、設定の数々は、「本当にそういうことになるのかな」と思わざるを得ない。「JUNKHEAD」の意味を、私はロボットの頭部と感じていたのだが、この作品では「頭部だけになっても生きながらえる人間」の冒険譚にしてあるところがぶっ飛んでいる。地底探検に向かった主人公(人間体の時の名前も何もない)が、襲撃され五体バラバラになってしまっていても、地下で生活していた生命体によって胴体を与えられるところが前半、蟲のような生き物に襲撃され、さらに奥深く投げ出され「ポン太」と命名されて生活を始める中盤、前半の時一緒にいた3人の黒づくめの生物との再会から、巨大生物に対峙する後半、と深くなっていく深度同様、次から次に困難が主人公に襲い掛かってくる。
ところが、この作品の決定的な違和感を感じ取ってしまう。その最大の点はこの一本で完結しなかった、ということだ。クライマックスで、3人組は主人公を生かすために二人が犠牲になってしまう。本人も上半身と下半身が分断したままになって、途中で合流した女の子と守護神的な生物と別の旅に出る、で、エンドロールとなったのだ。
発する言葉も遠未来(1600年近く後の話)であり、得体のしれない言語になっている。人間世界の言葉と地下世界の言葉が一緒か別かの区別もわかりづらい。製作者の中には「既存の言葉で表すのはナンセンス」「なにを言っているかわからなくても字幕がある」という意図があり、それはひとえに世界を視野に入れているという証左にもなるのだが、言葉で見る(吹替え)向きからすると、その部分でかなりハードルが上がってしまう。
ライカ社のストップモーションアニメを見ている目の肥えた観客にしてみれば、稚拙、というか、手数が圧倒的に足りない。それは「一人だから」とエクスキューズして何とか許容してもらえるところだと思うのだが、「ド素人が作りました、どうだ、凄いだろ」とまで持ち上げる気にはならない。

というわけで、本年初の「採点保留」作品とした。
一人のクリエーターの世界観・ストーリーテリング。どはまりする人にはきっちりはまるだろうが、一本で完結しなかったことも含めて(3部作ということらしいのだが、マジですか?)、私的には絶賛も酷評も難しいと判断したのだ。
世界が絶賛するのもわからないではないけれど、「絶賛したからすごい」で思考停止してしまうのだけは避けないといけない。少なくとも私には大きくはまらなかった、という事実だけが鑑賞後残った。

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ