多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

政治

「うちで踊ろう」問題は致命傷になるぜ

この動画が物議をかもしている。
あえて原版ではなく、解説動画を載せさせていただく。


この方……「世相のうっぷん晴らしチャンネル」さんの解説は、実に的を得ているし、当方の考え方と一緒である。
→うまく事象をとらえているし「アベのせいではないけど、安倍(とその取り巻き)の失策」ときっちり論破していらしゃるのだ。よかったらフォローしたってくださいませ。

この方が言っていることがそのまますぎて、私の出る幕はなくなってしまった感は強いのだが、こういうポカを時々安倍晋三一派はやらかす。それでも、支持率がそこそこあったのは、経済に対する手当て・政策がそれほど失敗しているわけではないからだ。
ところが、この、コロナウィルスが発生してからのすべての政策や指針には疑問符が次々に起こってしまう。全員に給付するのが手っ取り早いのに、条件を付けた30万円給付にするし、雇い止めに対する対策もあとになって政府の保証額を引き上げる「最初からしとけよ」状態。緊急事態宣言をしたら、お金に困る人も続出するのに、自分だけは優雅に過ごしてまーす♪アピール。僕自身はPCR検査にはかなり否定的なんだけど、政府が推奨しない理由をメッセージとして出すことはしていない。
厚生/財務/経済再生と、省庁間がせめぎ合う状況になっているから、柔軟に対応できないし、スピードも遅くなってしまう。そのうちに、コロナで死ぬ人より、経済で死ぬ人の方が増えることは間違いない。今日は生き延びれたけれども明日はどうなるかわからない状況の中で、自分だけいくら休日とは言っても寛がれてしまっては、怨嗟の声の方が大きくなってしまう、ひいては政治不信、政権不信に到達するのはあっという間だと断言する。実際、明日からのワイドショーは、この動画をしつこいくらいに取り上げ、「アベがこれでは」「緊張感無さ過ぎ」「ほかにやることあるだろ」といった批判一色に塗りつぶされるだろう。

麻生政権は、「漢字の読み間違え」「カップ麺の価格」で命脈が絶たれた。直近の政権交代といえる野田政権は「消費増税」が致命傷だった。7年近くの長期政権となった安倍政権が、よもや「動画投稿」でフィニッシュを迎える原因になったら、それはそれでエポックメーキングな出来事だろう。今回の動画投稿(星野源とのコラボという形ではあるが)が、安倍政権の終わりの始まりを告げたのではないか、とひそかに思っている。

そろそろ言わないといけなくなってきた。

ここ最近の野党たち……謹んで野盗と言わせていただくんだけれども……のやっていることのめちゃくちゃぶりは目を覆うばかりである。
寿司屋の具体名を出していないと堂々と白を切る、一般人に名誉棄損の疑いをかけて謝罪一つしない、自分に甘く他人に厳しくないと、野党議員は務まらないのか、と言いたくなる言動の数々は、追いかければ追いかけるほど、絶望感にとらわれてしまう。

特に腹が立っているのが、こいつのこの言動である。ここからはもはや敬称をつける気力もないので、呼び捨てにさせてもらう。
さすがガソプーであり、メディア出身者のおっしゃる"評"は的確だわwwww

私が何に怒っているのかといえば、二言目にはメディアは正しく伝えていないとか言っておきながら、意に沿うような新聞に花丸を与え、苦言を呈したら「クズ」だの「0点」だの。そもそも一国会議員が、評論家よろしく、記事に講評するなど、おこがましい、とか身分不相応とか、考えない方がどうかしている。
当然なのだが与党議員が同じことをやったら、桜もモリカケもそっちのけで、連日連夜、下手したら、ワイドショーのたびにこの話題を出して来て(忘れたころにまた蒸し返すのも常套手段w)、糾弾することは目に見えている。実際、安住がしたからか、花丸をつけてくれたことに忖度してか、ワイドショーでこの行為に苦言を呈している風には見えない。

野盗どもは「メディアが政府やアベに気兼ねしている」「アツリョクガ―」とばかり吠えているのだが、自分たちがメディアの庇護の下、さして大々的に報じられていないことの方が、十分に気兼ねしているし、一蓮托生だから報じたとしても軽く、ともすればスルーに近い内容でしか伝わらない。あの「漢字読み間違え」「カップ麺の価格」を延々やり続けた、末期の麻生政権時の喧騒ぶりを見るまでもなく、メディアが現政権になびいているとは到底思えない。

では、今回の安住の行動はそもそもどういう意図があるのか?
野盗の議員が記事に優劣(採点)をつけることが単なるお遊びなわけがない。もちろん、期待通りに進まない国会運営に「むしゃくしゃしてやった」ととらえるのが正解のようにも思えるのだが、反対しかせず、自分たちでまともな対案の一つも上げられない立件だから、こうした恨みごとの一つも吐きたくなるのだろう。当然、これをしたところで何か解決・前に進むわけでもない。

こんな人が党内に居るのに、代表のフルアーマーは、何にも言わない。まだ、牛丼屋に難癖をつけた議員と一緒に謝罪したタマキンの方が見どころはある。出所が同じだからとっとと合流してもらいたいものだが(今後の選挙でどうなるのか、楽しみだ。あそこまで毛嫌いしているフルアーマーなんで、合流の芽はほぼなく、下手したら、野党同士で票を食い合うかもしれない)、クズとクズが集まっても、金にも宝石にもならない。ゴミはゴミ箱に。次の選挙で野盗たちの阿鼻叫喚が見たくて仕方ない。

辞めてもらわないと筋が通らないけど辞めてほしくない複雑な心境

映画ブログみたいになっても仕方ないので、別の内容の記事も書かせてもらう。
さて、野党議員の金絡みの醜聞は、ぶっちゃけ今に始まったことではない。もう例を上げるのもうっとおしくなるくらい、多すぎる。
ただ、今回の件は、額の大小はむしろ問題ではなく、影響力の大きい"ドン"クラスの大物議員の失策なので、本当であれば蜂の巣をつついたような騒ぎになっていないとおかしい。

そう。ネットや一部夕刊紙で話題になった辻元清美議員の寄付金疑惑(モリカケと違うところはもう疑惑ではなくホンモノだったということ)についてである。
相手は在日の弁護士。外国人の議員への寄付行為は政治資金規正法に触れる「犯罪」である。

舌鋒鋭く、与党議員の違法行為には攻撃の手を緩めなかった御仁だが、いざ自身の身に降りかかると、のらりくらり。同僚でもあり、同等の違反行為をして大臣の座を自ら辞した前なんとかさんの例を引かれても「私は辞めへんで(意訳)」と開き直る始末。

寄付行為そのものを問うているのではなく、相手を見極めて受け取れば済む話。どうせ外国人との認識がなかったとか、少額だから大勢に影響ないとか言ってかわしたいつもりだろうが、我々国民からしてみれば、大なり小なりこういった悪さをしているのでは、と思わせる野党議員の金の汚さが浮き彫りになることばかりである。
私にしたって、彼女が野党にいることで十分与党が引き立つので、止めてもらう必要はないと思っているし、与党を攻撃しようものなら返す刀でバッサリ切られるであろうことは本人も自覚しているだろう。今は嵐が過ぎ去るのを待つばかりでお口にチャックを決め込んでいることだろう。

だからこそ「辞めないと野党の支持率が地に落ちる」ところまで行かないとわかってもらえないと思う。ことほど左様に立件民主党(誤字ではない定期)は役者ぞろいなので、本当は辞めていただきたくはないのである。
こんな面白いおもちゃは、壊れるまで遊びつくさないと面白くない。セメントいて~~~
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ