多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ニュース

もう一度かく。作品に何か落ち度はあるのか?

最近当方も映画づいている。
いや、「づいている」なんて言う言葉では表現しきれないほどのはまりっぷり。すでに3/10時点で27作品には触れている格好である。

でも、今年は意外とハズレも何タイトルか見てしまっており、本数が多くなると合わない・評価できない作品に出会う比率も高くなるのでは、と思ったりしている。それでも、当方は映像そのものまで全否定したことは一度もない。あの「ちいさな英雄」であっても40点だし、アニー賞とったとやらでニュースにもなった「ミライ」が70点だったことからもそれがうかがい知れよう。

結構脇役でならしていた俳優の麻薬、それも確実に組織犯罪の匂いのする覚せい剤(コカイン)使用での逮捕劇が、芸能界にもたらした衝撃は確かに大きいだろう。
→第一報を聞いたときは「マジで」を何回言ったかわからない。そういうこととは無縁の存在だと思っていたから。こちらが第一報のニュース記事。
犯罪者が出た作品に対する対応にいつでも忸怩たる思いを強くする。「シン・ゴジラ」にも出ていた小出恵介、つい先ごろの新井浩文も、いろいろと取りざたされたりもしていた。

だが今回はあまりに影響が大きすぎる。なんてったって、NHKの大看板である大河に重要脇で出ているのみならず、ちょっとタイトルでググっと来ている映画 「麻雀放浪記2020」では、バッチリ主要メンバーに名を連ねている。そのほか、今年公開予定の作品が「麻雀」含めて3本。関係者が頭を抱えている事態が容易に察しが付く。ちなみに「麻雀」は4月5日公開という、もう編集も何も間に合わない状態。これでどうするのか、は興行界の一つのモデルケースになりそうな気がする。

前回の新井の時にも私はこう書いた。
これから公開・放送予定の作品のお蔵入りはまあわからないでもない。しかし、それまで善行?でならしていた彼の一度の間違いが作品にまで波及するという悪しき前例は、これっきりにしてもらいたいのだ。

例えばCMが打ち切られるのは、さすがに採用した企業にも理がある。イメージとしてその人を使ったのに悪いイメージが植え付けられるからだ。
しかし、撮影当時は犯罪者でなかった、参画した作品のすべてがその人が一度お縄を頂戴したことでとばっちりを受ける、現在のシステムには疑念を感じざるを得ないのである。
ツイでも私は発言したのだが「作品に罪はない」のだ。罪を憎んで人を憎まず。この精神にどうして立てないのかが今もって謎である。
新井の件からあっという間の逮捕者。「シン・ゴジラ」には328人もの俳優が出ているそうだが、ご多分に漏れずこの人も出ていた。全員がパクられることはないにしても、それだけ逮捕者が出れば、この作品も放送という舞台では危うくなる。もう本当にこれ以上世の中を惑わしてほしくない。

むしろ、今回の件ではっきりしたことがある。
「それだけ関わった作品が抹殺/消されていくなら逆張りをしても面白いんではないか」と。
死んだら追悼番組が組んでもらえる。だとしたら芸能界的に「死んだ」この人の功績を偲んで作品を放送することは不謹慎でも何でもないと思う。もちろん、それが最後で以後放送しなければいい。そして罪を償って出てきたら、また放送を再開すればいいのだ。
どうしてこういう方向に向かないのか、と思ってしまう。みんな揃って右に倣え。むしろこの統一感に気分が悪くなる。何度でも繰り返す。作品が悪さ・犯罪を犯したわけではないのだ。

コンビニの24時間営業は本当に妥当か?

私の周りにも知り合いでコンビニを経営している人が何人かいる。
一人は、多店舗化に成功した、当方が独立したときに近くで店を出していたローソンのオーナー。こちらは当方が退店してから疎遠になっているが店がつぶれたとの報は聞いていない。
そしてもう一人が、元IY社員であり、のれん分け同様に昨今話題のセブンイレブンオーナーに収まっている御仁である。
この方と知り合いになったのは、なんとブラウザゲームがきっかけ。オフ会を、と募ったところ意外に関西勢が多く、その場で知り合うことになったということである。ちなみに当時の私は結構ヒマしており、いわゆる盟主としても活動していたのだが、今は完全にリタイア状態である(垢消滅までの完全引退はしていない)。

枕で二人の経営者を上げたわけだが、ことほど左様に、身の回りに知り合いと呼べるコンビニ経営者がいることはこれだけ店舗が増えれば、珍しいことではなくなってきている。店舗数2万強。2万人程度のオーナーがいることは察しが付くし、家族まで合わせれば、10万人規模の経営者たちが日夜悪戦苦闘していると考えられる。

今回のセブンイレブンとオーナーの営業時間を巡るトラブルは、日本が言う「働き方改革」がいかに空虚なものかを浮き彫りにしただけである。
とうとうオーナー自ら直談判に行ったが、成果はほぼ得られず。このままだと違約金や最悪看板はく奪のペナルティーがオーナー氏を襲う。
日商にそれほど影響を与えない、住宅地の深夜営業。場所は大幹線道路から一本路地を入ったところにあり、その幹線道路からの流入はあまり期待できない。
→「セブンイレブン東大阪南上小坂店」の所在地はこちら。
住宅地であり、繁華街にないので、人手が集まりやすいわけでもない。しかし深夜時間帯に人件費赤字覚悟でもいいから開けておけ、という本部。なんなら「お前やれ」。身体は一つしかないし、他人に任せるとどうしても人件費がかかる。割増必要な深夜は他人にさせたくはないはずである。
だから、「閉めたい」というのはすごくわかる。繁華街なら、逆になんでしまってるの、と言いたくなるのだが、幹線道路沿いでもない、需要がほぼ見込めない店舗まで開けておかないといけない合理的な理由がほしい。

実は閉店している、とはいっても冷蔵・冷凍庫は電気が入っている。その電気代を稼ぐのが売り上げなんだから、という、「開けておくことが使命」だし、契約書にもそう書いてあるだろう、といわれるとオーナーサイドの分が悪い。でも、困難が生じたら、本部と二人三脚で解決するのがフランチャイズシステムの利点のはずである。そのためのロイヤルティーであるはずだ。支援もゼロではなかった模様だが、結局「出来ないのはオーナーの怠慢」といわれてしまうのだ。
24時間の定番といえた牛丼チェーンも、ファミレスも、昨今深夜営業の短縮化に舵を切っている。人が集まらないことや防犯上、そして売り上げが立たないことが最も大きい要因だろう。深夜に出歩かなくなっている今の日本に、24時間コンビニが林立しているのは少ないパイの取り合いになり、そこからほころびが生まれないとも限らない。オーナーにもいい落としどころが生まれることを願わずにはいられない。

辞めてもらわないと筋が通らないけど辞めてほしくない複雑な心境

映画ブログみたいになっても仕方ないので、別の内容の記事も書かせてもらう。
さて、野党議員の金絡みの醜聞は、ぶっちゃけ今に始まったことではない。もう例を上げるのもうっとおしくなるくらい、多すぎる。
ただ、今回の件は、額の大小はむしろ問題ではなく、影響力の大きい"ドン"クラスの大物議員の失策なので、本当であれば蜂の巣をつついたような騒ぎになっていないとおかしい。

そう。ネットや一部夕刊紙で話題になった辻元清美議員の寄付金疑惑(モリカケと違うところはもう疑惑ではなくホンモノだったということ)についてである。
相手は在日の弁護士。外国人の議員への寄付行為は政治資金規正法に触れる「犯罪」である。

舌鋒鋭く、与党議員の違法行為には攻撃の手を緩めなかった御仁だが、いざ自身の身に降りかかると、のらりくらり。同僚でもあり、同等の違反行為をして大臣の座を自ら辞した前なんとかさんの例を引かれても「私は辞めへんで(意訳)」と開き直る始末。

寄付行為そのものを問うているのではなく、相手を見極めて受け取れば済む話。どうせ外国人との認識がなかったとか、少額だから大勢に影響ないとか言ってかわしたいつもりだろうが、我々国民からしてみれば、大なり小なりこういった悪さをしているのでは、と思わせる野党議員の金の汚さが浮き彫りになることばかりである。
私にしたって、彼女が野党にいることで十分与党が引き立つので、止めてもらう必要はないと思っているし、与党を攻撃しようものなら返す刀でバッサリ切られるであろうことは本人も自覚しているだろう。今は嵐が過ぎ去るのを待つばかりでお口にチャックを決め込んでいることだろう。

だからこそ「辞めないと野党の支持率が地に落ちる」ところまで行かないとわかってもらえないと思う。ことほど左様に立件民主党(誤字ではない定期)は役者ぞろいなので、本当は辞めていただきたくはないのである。
こんな面白いおもちゃは、壊れるまで遊びつくさないと面白くない。セメントいて~~~
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ