多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ダイエー研究

そろそろ始めますか・・・店コード順解析

「訳わかりません」。
たしかに一定の基準・・・自身で考えていた想定と全く違う回答が得られたのだから、困惑して当然である。
だが、「この店舗コードの並び順に根拠が絶対あるはず」とは思っている。

だからこそのコード解析なのである。
おぼろげながら、このコード表を眺めてみると、少しだけ光明が見えてきた。
→こちら。
山陽マルナカ190226


それは、三国と此花の間のちょっとした断絶である。
そこまでの並び順は「50音順」だとほぼ確定できる。山陽マルナカがHPを作り始めた時に付けた、地域(府県)別/50音順の並びでほぼ間違いないとみている。

ここで新規に振られたダイエー版の店コードにも注目してみる。
→こちら
山陽マルナカ190301

もし、開設順だとすると、富雄南(0500/0870)がこの位置に居るのはややおかしい。摂津/三国あたりは確かに新しい感じはしたものの、富雄南の実質的な開店日である2014.10.17/屋号がマックスバリュから変わった2017.4.1 基準でもここにいることがやはり気になる。
もっとも、大東寺川(0508/0875)がこの位置にいるのは何となく察しがつく。つまり、今回移管店舗の殿はこの店舗以外に見当たらない、ということである。
あとは地道に各々の店舗の開設日を拾いながら解析するしか手立てはなさそうである。

完っ全にわけわからん…ギブアップ

「店コードはどうなるんだろう」。

私のダイエー店舗訪問基準は、一にも二にも、「直営店の店舗コードが振られた時」に発生する。それが新店であろうが、他企業からの譲受であろうが、採番された時点で屋号が異なっていようが関係ない。

これまでの企業店舗の本体吸収は、曲りなりでも、企業の形態がダイエーに寄り添った状態で飲まれていくというのが大半だった。直近で言えば、グルメシティ近畿や関東を合流させた時。すでに屋号はグループコーポレイトマークを掲出していたしほぼダイエーと同一化していたといっても過言ではない。

ところが、今回の山陽マルナカ14店舗の異動は、イオングループの中と受け取るものであり、ダイエー主導ではない。イオン系からの店舗譲受は、南砂町スナモやモリシア津田沼が記憶に新しいが、この際でもダイエーの店舗コードが振り直されていた。そして中身はきれいにダイエー化していた。

イオンの中のコマと考えると、「山陽はん?あんたんとこ、ちょっと東に来すぎちゃいます?そのはみ出してるとこ、ダイエーはんに譲りなはれ」にすることでシナジー効果を狙っているとも考えられるのだが、この後の光洋吸収はマジでどえらいことになりそうである。

解析をする前段階として「旧マルナカ時代のイオン店舗コードは採取しておくべき」となったのは、ただ単にその「イオンコード店舗コード順」で並ぶのかどうかが焦点だったからである。
→前回・19.2.24の調査結果がこちら。
山陽マルナカ190226


3月1日に発表されたダイエーサイドの新規店舗コード。ダイエー店舗コード順に並べた結果がこちら。
山陽マルナカ190301


…………「訳わかりません」

はあ。
確かにデータ取りはしておいて正解だった。この並び順を考えるいい情報になるからだ。でも、規則性という概念では考えられない並び順であり、開設順の可能性は若干残るけれども、今の段階できっちり追いかけられているわけではない。とにもかくにもこの並び順を解析しないといけなくなったのは事実である。

一応全店舗転換バッチ来いっ@山陽マルナカ14店舗データ取り

ダイエー店舗全国制覇を宣言し、すでに数カ月がたった。
→現在の新規店舗である、AFS中崎町(0861)は、開業日である2018.12.14に訪問済みであり、それまでにすべての店舗には最低でも店舗写真とブログ掲載を済ませてある。

そして、このニュースリリースにぶち当たる。
ダイエー公式のニュースリリースより。
私も色めき立ったのは言うまでもない。この文面を読めば、「2019.3/1に、ダイエー店舗が14店舗増える」と読めるからである。

だが、ここで一つの疑問と現状にぶち当たる。
「店コードはどうなるんだろう」と。

すでに当方の解析などから、イオングループは、「会社コード(2桁+00の4桁)+店舗コード」で管理をし、配送間違いなどをなくす方向にしてある。今や独立企業でもなくなり、完全子会社化したダイエーが、その店舗コードに独自性を持ったままでグループ入りし、その後もイオン独自の店舗コードを採番されている様子はない。それどころか、会社コードが付与されただけで旧来の店舗コードは保持したままに、北海道も九州もなっていると聞き、驚愕している。
要するに、食べた企業の風土、概念にまでは手を加えないということがこれでわかる。「お前のとこ、店舗コードだぶってるからほかのに変えてなぁ」と言われない奇跡。だから、私の中ではいろいろと困ったことになっていたのだ。
〇獲曠泪襯淵の店舗コードが全く分からない
会社のHPの店舗情報の欄で見ると、会社独自の店舗コード(id=××)でしか表記がない。いくらマルナカがグループ入りしたのが早いからと言って(会社コードは6200/ダイエーは6400/移管店舗のうち本州店舗は7900)、独自の店舗コードを採番している可能性は否定できない。
△垢任縫優燭匹蠅靴殖嘉絞泙鰐世蕕にイオン流
今回の合流店舗14店舗のうち、合流前にネタどりをできていたのは西宮店。たまたま現場が近かったこともあり、たびたび利用させてもらっていた。そして、その店舗コードは2709。2000番台をマルナカが名乗る理由はなく、勢い、イオン流の採番と見て取れた。ところが、今回の移管が発覚した後に訪れた新在家店は6524。
「わけがわからないよ」(キュゥべえ 談)になって、結局移管全店に回る決断を下した、というのが実体である。

というわけで、レンタカーを駆ってほぼ半日。12店舗すべてを基本デ―タ取りのためだけに訪れるという今までの店舗訪問の中でも特筆すべき動きにさせてもらった。
さて、前回のスーパーゆかり氏のイベントでもわかったのだが、意外に店コードオタ、というか、その道に造詣の深い方も散見されるとわかって「私のやっていることは無駄ではなかった」と思うことしきりである。

一応、店舗訪問記は、今回当該企業がダイエーに移管されていないことから、データ(店舗外観+レシート)についてはビフォーアフターの時に使いたいと思っている(兵庫2店舗は店コードだけはゲットできているが、レシートは残していない) 。ので、今回はデータ結果だけを画像で提供して終わりたいと思う。

→今回の調査結果がこちら。
山陽マルナカ190226


ただ危惧する点はかなりある。
実は今回回った12店舗すべてで「屋号が変わる」という告知が一切なされていないことである。3/1にシステム変更とやらでお休みする旨の公告はあちこちで見たのだが、これが何を意味するのかがわかりかねる。もちろん、ダイエーにレシート印字を変えるであるとか、いろいろとすべきことはわかるのだが、こう言ったことはもっと周知されてしかるべきではないか、と思うのだ。だからというわけではないが「ホンマか?ホンマにやるんか?」と疑心暗鬼になってしまっていることは否めない。尚、9時過ぎに訪れた大東寺川店では、新規発注に関わる講習をやる、と店内アナウンスがあった。システム変更→ダイエー側に合わせるものと思われるのだが、あくまでも推測の域を出ない。
そもそも屋号の変更(建物掲示関係)は長期戦になるとみている。トッパシは駐車場などの行灯看板だろうけど、それと建物自体のずれは如何ともしがたい。さすがに一日で取り替えるのはどう考えても無理。ツイなどでも現状を追っかけたいところだ。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ