多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ダイエー研究

2020.9.6 初出店は「こんなもの」 超こみっくトレジャー2020

私自身、同人誌に関わるなどと言うことになるとは思っても見なかった。
そもそものきっかけは、「スーパーゆかり」氏との出会いでもある、このイベントだった。
→別世界Bar という、異業種交流イベント。現在告知等がなされていないので、活動を休止しているのかもしれない。
2018年9月22日に彼のプレゼンを聞きに行ったのが運の尽きだった。決して面白くない「ダイエーの歴史」をつらつら発表する彼なのだが、取材能力が半端ないことに気が付く。
もちろん面通し。以後、いろいろと交流を深める。
そして、迎えた翌年の2月。当初はリスナーで参加予定が、中の人として登壇することになるイベントの監修やMC補助と言った役割もこなすようになる。
記事はこちら。わずか8人の聴衆ながら、私的には少しだけ手ごたえを感じていたのは偽らざるところである。

そこで私の提案したのが「薄い本、作ろうか?」という内容のこと。どういう装丁にするとか、書く内容はお任せ、ということにして、当方はいわゆるオブザーバー、内容や誤字脱字の監修(校正って、意外と骨がおれるのよね)に徹することにした。

コロナウィルス蔓延で、正直言って夏コミに間に合わせるつもりがゆかり氏にあったかどうかはわからないが、ジャンルの自由度の高さで言ったら、大阪開催の「こみっくトレジャー」の方が高い。就職先が北陸にあるというのも大きかったと思われる。

さて当日。当方は、前回のイベント同様、正装で現地に向かう。それをすることで、本に少しだけ威厳と裏打ちを与えたかったからだ。
懸念された、待ち合わせにオンタイムで来られないゆかり氏の本領が発揮されるものの、致命的なミスではない。9時過ぎに会場入りすると、すでに一般入場客が大挙して待っている(開場は11時です)。
優越感に浸りながらサークル入場列から会場にイン。すでにいくつかのブースでは設営が始まっていた。

わずか一種類、それもどれほど需要があるかわからないダイエー歴史本。そもそもオワコン企業。ノスタルジーに浸れるか、と言ったらそれは少ないと思うし、いくら関西圏でダイエーに造詣が深い人が来るといったって、歴史を懐かしむ人しか手には取ってもらえない。
そんなわけで、設営はわずか20分足らずで終了。しゃべりながら開場を待つ。
すると、足の手術からか、引きずりながら当方のフォロワーが、ブースに訪れる。「あれ?開場前だぞ?」サークルチケットのあまりをせしめてフライング入場したのだった。
実際、当方が配置されたO列は、まるでそのフライングをするかのように、大した内容のない同人誌もどきの印刷物をぽろっとおいてあるだけで、12時前には撤収しているようなサークルもあった。「あ、なるほど」。内容に関して検閲がなく、当日休場も基本自由。しかも11時から売り出さないといけないという法もない。売り子の数も基本無制限。二時間早く会場入りできて、お目当てのブースに並ぶことなく入ることができる。そのための登録料と考えれば、安いと考える連中がいても不思議ではない。

11時に開場。早くも壁サークルには長蛇の列ができ初める。O列自体がニッチな内容であるだけに、待機列そのものもできずじまい。
それでも、11−12で6冊、12−13時で3冊、ラストまでで1冊の10冊が売れる。

当方がいわば、解説役、という立ち位置で登場したものの、詳しく話を聞かせて、的な購入者は現れず。まあ、ニッチもニッチ、むしろ10冊売れたことの方が私としてはすごくエポックなことだった。

この後の通販での売れ行きにワンチャンをかけたいところだが、この調子では、在庫が掃けるのは何年先だろうか?


そろそろ始めますか・・・店コード順解析

「訳わかりません」。
たしかに一定の基準・・・自身で考えていた想定と全く違う回答が得られたのだから、困惑して当然である。
だが、「この店舗コードの並び順に根拠が絶対あるはず」とは思っている。

だからこそのコード解析なのである。
おぼろげながら、このコード表を眺めてみると、少しだけ光明が見えてきた。
→こちら。
山陽マルナカ190226


それは、三国と此花の間のちょっとした断絶である。
そこまでの並び順は「50音順」だとほぼ確定できる。山陽マルナカがHPを作り始めた時に付けた、地域(府県)別/50音順の並びでほぼ間違いないとみている。

ここで新規に振られたダイエー版の店コードにも注目してみる。
→こちら
山陽マルナカ190301

もし、開設順だとすると、富雄南(0500/0870)がこの位置に居るのはややおかしい。摂津/三国あたりは確かに新しい感じはしたものの、富雄南の実質的な開店日である2014.10.17/屋号がマックスバリュから変わった2017.4.1 基準でもここにいることがやはり気になる。
もっとも、大東寺川(0508/0875)がこの位置にいるのは何となく察しがつく。つまり、今回移管店舗の殿はこの店舗以外に見当たらない、ということである。
あとは地道に各々の店舗の開設日を拾いながら解析するしか手立てはなさそうである。

完っ全にわけわからん…ギブアップ

「店コードはどうなるんだろう」。

私のダイエー店舗訪問基準は、一にも二にも、「直営店の店舗コードが振られた時」に発生する。それが新店であろうが、他企業からの譲受であろうが、採番された時点で屋号が異なっていようが関係ない。

これまでの企業店舗の本体吸収は、曲りなりでも、企業の形態がダイエーに寄り添った状態で飲まれていくというのが大半だった。直近で言えば、グルメシティ近畿や関東を合流させた時。すでに屋号はグループコーポレイトマークを掲出していたしほぼダイエーと同一化していたといっても過言ではない。

ところが、今回の山陽マルナカ14店舗の異動は、イオングループの中と受け取るものであり、ダイエー主導ではない。イオン系からの店舗譲受は、南砂町スナモやモリシア津田沼が記憶に新しいが、この際でもダイエーの店舗コードが振り直されていた。そして中身はきれいにダイエー化していた。

イオンの中のコマと考えると、「山陽はん?あんたんとこ、ちょっと東に来すぎちゃいます?そのはみ出してるとこ、ダイエーはんに譲りなはれ」にすることでシナジー効果を狙っているとも考えられるのだが、この後の光洋吸収はマジでどえらいことになりそうである。

解析をする前段階として「旧マルナカ時代のイオン店舗コードは採取しておくべき」となったのは、ただ単にその「イオンコード店舗コード順」で並ぶのかどうかが焦点だったからである。
→前回・19.2.24の調査結果がこちら。
山陽マルナカ190226


3月1日に発表されたダイエーサイドの新規店舗コード。ダイエー店舗コード順に並べた結果がこちら。
山陽マルナカ190301


…………「訳わかりません」

はあ。
確かにデータ取りはしておいて正解だった。この並び順を考えるいい情報になるからだ。でも、規則性という概念では考えられない並び順であり、開設順の可能性は若干残るけれども、今の段階できっちり追いかけられているわけではない。とにもかくにもこの並び順を解析しないといけなくなったのは事実である。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ