多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

カラオケ

2018年に虜になった楽曲紹介。

2018年に入って、当方のカラオケレパートリーは、常時歌う120曲程度に加え、当方基準で「歌えるけど完璧/ランキングに絡まない」90前後の曲も合わせると、400曲を優に超えている。
ここ最近は「Joysound 全国採点 全国一位曲の量産化」に舵を切っているので、・誰も歌わない埋もれた曲 ・ライバルがいても、技量で確実に一位を取れる曲 ・全体的にレベルの低い曲 を中心に歌うことが多くなり、ランキング維持のために選曲することも多くなっている。

それでも今年に入って、アニメーション主題歌/映画関連を含めて20曲程度が新たにレパートリーの中に加わった。その一部を紹介する。
・Grand Symphony/佐咲紗花/ガールズアンドパンツァー 最終章OP
この曲の高揚感。最初に聞いたときに「十八番化決定」を年始に決められた。しかし、まだ手の内に入っていない配信間際で歌ったところなんといきなり一位を取ってしまい、驚いた。それから練習を重ねて現在では数カ月連続で一位を堅持。死守、という必要がない曲でもあり、多分かなり私と親和性が高いのだろう。
・ウィアートル/rionos/さよならの朝に約束の花をかざろう
kalafinaの「ひかりふる」、戦国乙女の「INORI」、角田信朗の「空へ」・・・難しいけれどレパートリーにしたい楽曲というものにはそうそう出会えるものではない。
この曲を劇場で初めて聞いたとき、鳥肌が立った。「歌えるのだろうか…」
だが、配信されるやいきなりの分析採点で90点台後半。これはいけるとなって挑戦するのだが…MAX系とf1系では採点の仕方が若干違うのか、f1で97点が普通に出るのにMAXではよくて93点とか。かくして機種を使い分けなくてはならない楽曲ということにもつながっている。尚、演歌系の採点は、f1に分がありそうに思っている。
・また明日/藤原さくら/若おかみは小学生!
映画エンディングをかざるこの楽曲。実際映画のヒット具合から見ても、そんなに歌われることはない曲であるといえるが、しっとりとしたスローテンポの曲なのに音域を結構使うというなかなかに曲者。一位は堅持できるのだが、なかなかに90点台後半まで伸長しないのがなんともはや。
・ここから、ここから/宇宙よりも遠い場所ED
とうとうワンクールアニメにもレパートリーの触手が伸び始めている。名作の影に名楽曲あり。この曲は歌詞の凄さに感涙必至(歌唱中に感極まることも一度や二度ではない)となってしまうところがいただけない。「バカにされたってかまわない」は報瀬そのままだし、彼女の想いが具現化するから感動を禁じ得ない。
・Cheers/ClariS/はたらく細胞ED
今年のカラオケのビッグヒットといえば、個人的に「ミッション!健・康・第・イチ」(はたらく細胞OP)ではないかと思っている。これも上位一割には食い込めるが、このエンディングは「まどマギ」での実力のあるこのユニットの歌唱。見事に落ち着く。難しくはないが、一位はおろか、上位占有とまではいかない。
・リワインドメモリー/HUGっとプリキュア×ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ挿入歌
時々こういう「神曲」に出会ってしまうから始末が悪い。特にこの楽曲が流れるシーンというのは、まさに大の大人が号泣してしまうような、登場人物の熱い思いがビシビシ語られる局面。セリフの方に傾注してしまっていて、曲がおざなりになってしまったのだが、曲だけ抽出すると…ってな感じ。1回目の全国採点歌唱で一位獲得し、2回目でその土台を確かなものにした(93点台)。配信直後でここまで仕上げられているので、あとは追随を許さない得点にしていくだけ。

得点を上げるコツというものを会得している当方からすると、80点台を記録すること自体がほぼなくなっている。機種によるジャンルの得手不得手があるので、そう言った部分にも気を付けているつもりである。
 












2018.8.23-25 「キミコエ」応援上映鑑賞記 ⊇彪鷁両Ь譟.錺鵐ラ初利用

当方が上京する際には、宿は決まって、友人宅であった。新宿あたりで待ち合わせて、夕食を外で済ませ、その日あった出来事や昨今の政治・マスコミ状況などを友人宅で語り合う。当方としては、当日券もどっさりある「きみの声をとどけたい」の応援上映をプッシュしてもよかったくらいである。
だが、今回は、午前の早い段階での開場、それまでのいろいろなエンカウントなどを済ませておきたいという欲求から、敢えて友人宅を使わない=どこかで宿をとるスタイルにしたのである。

まず最初の候補はネットカフェ。だが、意外にガサガサするし、実際船橋で利用したときには、快適というには程遠いレベルだった。
カプセルやゲストハウスなども候補に挙がったが、ここで当方が選んだのは、一人カラオケ専用施設だった。
→ワンカラが店舗名。カラオケボックス「まねきねこ」を運営するコシダカホールディングスがやっている HPはこちら。
実際入ってみたら凄かったのだが、まず部屋にスピーカーがないことが衝撃だった。この結果、のべつまくなし機械から流される広告やキャンペーン告知なども聞かなくて済む。マイクを握らず、常設のコンデンサーマイクで歌唱するというスタイルは、まさにレコーディングのそれ。それにヘッドホンを使えば、完全無音も実現できる。
というわけで最も条件がよさげな秋葉原店を利用してみることにする。

新宿でぶらぶらしてアキバには21時過ぎに到着。サイゼリアの入っているビルの6階に上がり、会員だけ登録。22時のフリ―タイムに照準を合わせる。行きたかった店舗が満席でやむなくサイゼリアで夕食&飲酒。調子に乗って赤のデカンタ大を頼んだのだが、ハーフボトルくらいあって、飲み切るのに往生した。
サイゼリア

21:50分に出て、6Fに。さぞかしいっぱいになるのでは、と思っていたのだが、渡された整理番号は3。30室弱で実際夜中フリーを利用している人はほぼ皆無に等しいといってもよかった。
ワンカラ_01

ワンカラ会員証

入室して開口一番は、「これこれこれっ」だった。こじんまりとした空間、ゴテゴテしていない内装、でもしっかりとした防音が感じられる作り。実際、漏れてくるのは人の声だけと思われ、ドリンク補給やトイレに行く時でもそういった物音自体を全く感じなかった。
ワンカラ室内01

ワンカラ室内02


昨今話題になる宿泊施設の渇望ぶりだが、この施設を「宿」として利用している感じが見受けられなかったのが意外だった。オートロックで部屋の荷物は守られるうえに、当然24時間出入り自由。付近にコンビニもあるので、そこでの飲食物購入・持ち込みも不可能ではない。
そして何といっても「ヘッドホン」が静粛性に輪をかける。残念ながら消灯はできないシステムのようなので、「明るかったら寝れないんです」という方には不向きだが、当方も、22時いり→2時過ぎまで歌唱し、5時過ぎまでの3時間は余裕で眠れた。もちろん、「寝てもらっては困る」といった苦情を店員から聞くこともない。

さて、準備は整った。というわけで早速歌唱していく。
一応「採点結果」も披露するのだが…当方は兵庫県在住。東京で歌い、都民たちを蹴散らして都内歌唱1位をゲットできたことを「道場破り」と表したのだが、意外なことにそれが結構あったりする。まあ全国一位なら都内一位も確定するわけだが、当方の実力の一端を垣間見ていただきたいと思う。
→JOYSOUND「全国採点GP」のスクショを何枚か。
酒よ

悲しい色やね

セクシーアドベンチャー

久しぶりのカラオケネタ。最近の映画主題歌もアツい。

今年に入って、16タイトルも観ている映画。洋画系の数タイトル以外は、全て邦画タイトルで、しかも主題歌が印象的に使われたりもしている。

もちろん、「君の名は。」の4曲5バージョンを越えうる作品はなかなかに出てこないが、新曲ではない昔の曲を使っているアニメーションもあったりして、当方のレパートリーを膨らませるのに一役買っている。

・himawari/Mr.children/君の膵臓をたべたい
最近の当方のはまり曲と言えばこれしかない。ただ、ミスチルは、そもそもレパートリー外。現在鋭意練習中だが、なかなかに十八番化するのは難しいか?ていうか、ストーリーが思い起こされて泣いてしまうんですが…
・歌うたいのバラッド/斉藤和義/夜明け告げるルーのうた
曲自体も印象的に使われ、エンディングもきっちり飾っている。ここだから言うけど、この曲、歌っているさなかに結構感極まってしまうことがあるのだ。名曲だという証だろう。
・Rain/秦 基博/言の葉の庭
「え、セカオワの方じゃないの?」とか言わないww。ただ、この方も今までほかの曲に触れたりしたことがない。メロディーラインも意外に難しく、これも十八番化には時間かかりそう。
・打上花火/DAOKO×米津元師/打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
ピアノソロのスタートで幕開ける曲。ストリングスの編曲も心地いい。映画は案外でも、この曲は、夏の終わりに聞く・歌うにはもってこい。初披露でなかなかよかったのも幸いしている。
・THERE IS A REASON/鈴木このみ/ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
スマッシュヒット扱いといってもいいこの作品もエンディングはなかなか聞かせるタイトル。歌詞が、かなわなかった二人の行く末を描いていて、ちょっと泣けてしまう。これも十八番化させたいがなかなか難しい。
・キボウノカケラ/NOW ON AIR/きみの声をとどけたい
声優オーディションからの歌唱ユニットまで作ってもらいながら、今日JOYSOUNDで確認したら、歌っている人私含めてたった4人ww全国採点に至っては当方が最初という体たらく。とはいえ、この曲、明るいのになぜか泣けてくるというとんでもない楽曲である。音源入手からわずか3日で披露となったわけだが、当方のエンディングに電撃昇格!!もちろん十八番化筆頭に位置することに。


ちなみにJOY「全国採点」では、すでに「君縄」4曲5バージョンは見事に十八番入り(当方の十八番基準は、全国採点90点以上/短い「夢灯籠」もコンスタントに出始めた)。これら6曲の今後の動向に注目していただきたい。

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ