多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

「君の名は。」

改めて『君の名は。』論 (2)音楽性のおそろしさ

映画と音楽の関係は切っても切れない、とは言い過ぎではないだろう。
事実、映画音楽を切り取って映画が作られる時代でもある(「すばらしき映画音楽たち」が邦題。ミニシアターで順次上映中)。

そして、「君の名は。」も、その例にもれず、まさに映画の映像と音楽が一体化したかのようなシンクロ度でもって、我々に言いようのない感動と感情の発露を促していく。

解析している途上で、主題歌4曲そのどれもが重要な役割を果たしていることに気がついた。
特に歌詞が伏線になっているとは思いもよらなかった。こんな伏線の仕掛け方をされた記憶は全くない。→前作「なぜ「君の名は。」はヒットしたのか」 当該記事より。もっと言うと、ここまで解析できている人/ほかの視点というものにも出会ったことがない。

これが可能になった背景には、企画当初から音楽担当のRADWIMPSが、製作委員会サイドにまで深くかかわり(所属事務所であるvoque tingがクレジットされている・しかも所属タレントはラッドのみ)、恐らく二人三脚に近い体制で取り組んでいたからというのが当方の見立てである。
映像を彩る劇伴は、映像を見ながらその雰囲気に合わせていく手法が一般的であり、だからこそ、製作サイドに首を突っ込むことはせず、むしろ出来上がってから曲が作られると思っていた。
だが、今回の「君の名は。」のヒットを見て感じたのは、映像と音楽が互いに高め合って、そのシンクロ度が最高点を発揮したからここまでのヒット作にのし上がったものであり、今までと同じような作り方では、ここまでヒットしていなかっただろうと思う。

そこに、音楽プロデューサーとして妥協を許さない野田洋次郎という人の完璧主義を垣間見るのである。いくら新海氏が求めていたからと言って、他を優先するなど、予定が入っていればこのコラボも実現していなかったはずである。また、制作最初期から、プロデューサー氏のオファーがあったことが小説「君の名は。」の解説にも記されていることから、ほぼ作品にかかりっきりであったことは想像に難くない。

音楽の存在が映画を彩る。今更のような意見でもあるのだが、この作品を見てそれを改めて感じている。

改めて、『君の名は。』論 (1)ありきたりでなかったドラマ性

2016.10.1の衝撃から、一年を優に越している。
いままで一度もしなかった円盤購入までさせてしまったこの作品…‥…『君の名は。』。
劇場では、できうる限り見ることに傾注し、当方記録の36回。すでにBDでは何回見たかなんて、カウントするのも憚られるほど見ている。
そして、図ったように同じ場面で涙腺が確実に崩壊するのだ。

映画を見てホロッとさせられるのは、よくあることだった。だが、自己が崩壊寸前にまで追い込まれた作品はこれがはじめてである。
なぜ、あのシーンが、私を捉えて離さないのか?いよいよ、解析厨を自称する小生が、君縄論に立ち入ろうとしているのだ。

いろいろな人がこの作品のヒットに関して論評している。当方も、去年の段階で「なぜ、「君の名は。」はヒットしたのか」という記事をまとめている。→お読みになりたい場合は、右記リンクをいちいち踏んでいただくのがよろしいかと。 その1  その2  その3  その4  その5  その6  その7  その8  その9  その10
この作品をいろいろな角度で解析もし、もやもやを解消すべく丸裸同然にしようと思ってしまったのが運の尽き。完全に魅入られてしまったのである。

男女が入れ代わるという、ドラマのきっかけとしてはあり来たりなものであるべきアイディアを、新海氏は「一日以上入れ替わらない」「入れ替わりのきっかけ/原因を明らかにしない(それでも当方はあのアイテムが影響しているとみている)」という点を使って観客を煙に巻き、彼ら二人はそんなことになってしまったんだけれども、何とか日常生活を暮らしている、というのが、前段の「前前前世」が流れるまでに描かれる。
実は、この一種コメディタッチの前半の作風こそ、中盤、衝撃の真実を目の当たりにして観客は恐ろしさとともに「何が起こったんだ」と思わずにはいられず、その落差に愕然とさせる、「上げて落とす」、結果物語に引き込まれる効果を発揮する。
そこで思い起こされる「口噛み酒」。伏線がこのあたりから見事にはまっていく。運命の日に着地する瀧の精神と三葉の肉体。この二つが合わさることであの自分で自分を泣きながら抱きしめる(その後のコミカルな演出も含めて)シーンが生きてくるのだ。

もはやアニメーション映画史上最大の感動シーンと言ってもいい、カタワレ時での時空を超えた邂逅。そして実態も、記憶すら喪失していく瀧の魂の叫びがわれわれを慟哭の谷へと突き落とす。その後、「すきだ」を見せられて、「瀧のやろう…」となりつつも、彼にとって名前より大事な気持ちを優先させたことにまた感じ入るのだ。そして、決然とした三葉を見て、私たちは「何とかなる」とも思えるし、彼らはその後どうなるか、に注目できるわけである。

106分が余すことなく描き切れたのは、間違いなく、いろいろとそぎ落とし、説明不足をも「こまけぇことはいいんだよ」で突っ走った作者の意図を感じ取る。だからこそ、多くの人をとらえて離さなかったんだと思う。

2017.12.1 君縄以来の衝撃 KUBO 二本の弦の秘密 鑑賞記

私が劇場で映画を見ることに何の抵抗もなくなったのは「多分、あの日から」(某ヒロイン 談) 。
そう。2016年10月1日に、西宮ガーデンズのOSシネマズで「君の名は。」を見てからのことである。

2016/10/1→11/1→12/1と、3回連続「君の名は。」を見ている。3カ月も同じ映画を見ることなど、49年(当時)生きてきた中でも、ありえない行動だった。これからも単発でも上映されると思われる「君の名は。」なので現時点で36回鑑賞となるわけだが、こうなることは想定外だった。
だが、スクリーンに対峙することのハードルが下がったこともあり、君縄以外にも様々な映画に触手を伸ばす。そして迎えた2017年の「映画の日」。

「探偵はBARにいる3」の封切日であり、ちょっとだけ気持ちが動くが、他にないか、と思ってブラウジング。すると、T・ジョイ系で「KUBO」をやっていると確認。
去年の今頃、君縄がアカデミー云々を言っている途上でこの作品も候補に挙がっていたことが思い起こされる。立体を動かすストップモーション(要するにコマ撮り)アニメーションなのに、まるでCGでも見ているかのような感覚にとらわれるという技術面での評価も高い作品であった。

梅田ブルク7での上映を確認し、現地に。開始20分前に購入するが、△表示。よって8割以上入場確定。中箱とはいえ、この成績は立派である。もぎられて入るが、延々エスカレーターのお世話に。ようやく目指す7番に入る。少し前に大改装でも行ったのか、旧の足の固定跡が生々しく残っている。それでも椅子は、神戸国際松竹同等のレベルの高いシート。次々に客を拾うが、その年齢層のばらけぶりにびっくりする。当方の左は、私より数歳年上の60歳手前の御仁、右は20代の男性ペアだった。この一角は男性比率が高かったが、全体的にはやや男性優位で推移。花金ということもあり、カップルが4割、ソロ3割、ペア2割、残りグループと言った感じ。平均は30代後半から40代前半とする。

ストーリーは、平板と思いきや、まったくそうは見せない複雑ぶりを呈する。子供に夕暮れまでに帰ってくるように言う母親。その禁を犯したクボに襲い掛かる二人の”化身”。それに対峙する母親はそこで命を落とす。
気がついたときには、人間の言葉をしゃべるサルがクボの道しるべとなる。さらに進むと、父親の家来だったというクワガタにさせられている元侍という男性もチームに加わってくる。このあたり、ストーリー建ては「モアナ」とそっくりだ。
そこから、三種の神器ならぬ3つの武器を探す旅が始まる。折れない刀も、貫かない鎧も、兜も…すべて一筋縄では手に入っていかない。年端もいかないクボが戦うには不十分。サルが、クワガタが奮闘して何とか兜以外は手に入る。
そして兜のありかを知らせる老人のお告げ。だが、これこそが最大の罠であった。そしてクボに随伴していた2匹は、実の両親であることが敵によって明らかにされる。クボが怒りに燃えて三味線の弦をたたき切った時…すべては終わった。何もかもを灰燼にして…
そして、大ボスたる夢で出てきた老人…月の帝との最終決戦がクボも行き来していた村で執り行われる。圧倒的力量の差で追い詰める月の帝の転じた龍のような化け物。だが、墓地で合いまみえるクボは、まさに自身の最大限の力を発揮する。それは、「不死身」であり続けるのではなく、ひとつの物語の終わりは、新たな物語の始まりだと諭していく。切れた三味線の弦の代わりに、亡き母の遺髪、父の弓の弦を張る。これこそが「二本の弦の秘密」であるのだ。うまいことやってくれよる。
もちろん、死者となった二人が生き返るわけではない。だが、精霊流しのラストシーンで二人の愛に包まれているクボを見て、こちらも少しだけ救われる。

何がすごいって、全て造形をじわじわ動かして作るストップモーションアニメーション。もちろん、撮り方はコマ撮りほどではないものの、それに近いカット数になっていることは想像に難くない。エンドロール途上に、折れない剣を探しているときに大きな骸骨人形と戦う場面がメイキングとして挙げられていたが、早送りしているからそれ相応に見られるのであって、普通スピードなら退屈過ぎてあくびが出るレベルだと思う。
それも踏まえて採点である。一部レビューには、「この日本描写もとんでもない」という扱いをしているようだが、私的には許容範囲である。むしろ、日本的なものにしようとした意図を感じる方がよかったか。
折り紙が出来上がっていく過程も面白いし、なんといっても、語り部少年・クボの村でのハンゾウ物語は、序盤の盛り上がりとしてもよかったし、一気に引き込まれるところでもあった。
ただ「死の提示」をあえて避けて通っていたように感じたのはややマイナス。暗黒面に落ちてしまった3姉妹全員が死んでしまったのもむごいといえばむごい。そういうわけで、95点はあるとしたい。
それでも、洋画アニメーション映画では、文句なしの一位確定。総合でも上位はゆるぎないとみている。

それにしても。。。
「きみの声をとどけたい」と言い、この作品といい。観てくれればよさはわかる作品が冷遇/客が入らない。こんなことではいけないと思う。


livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ