多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

聖地巡礼

2019.8.4 推しの晴れ舞台に感涙 NowOnAirワンマンライブ RIDE ON!

ひとつのグループを応援する。最近の言葉で言えば「推す」というのだろうか。
推しメンという言葉が使われ始めたのは、AKBグループが勃興し始めていた2011年ごろから使われ始めているもので、流行語大賞にも選ばれている。つまり「推す」という言葉自体はそれほど歴史はないのである。

だが、「推す」対象が私に出てくるとは、2016年の時点で思いも付かなかった。
2017年9月。「きみの声をとどけたい」の初見となった1日。この日から私の推しに俄然上がったのが「NowOnAir」であった。
どこに惚れたのか?6人のパーソナリティーが豊富だったことが挙げられるが、やはりこの6人をうまくキャスティングできているところが大きい。ボーイッシュなかえでに田中有紀という名優を当て、鈴木陽斗美というアーチストに演奏までさせ、三の線でありながら押さえキャラという難しい役どころの神戸光歩、この6人なら主役のなぎさは片平美那嬢しか見当たらないし、雫役の岩淵桃音、夕役の飯野美紗子はいわばリーダーゆえのお嬢様キャラがぴったりだった。
要するに全員が芸達者だっただけでなく、作品に欠かせない人材だったと言い切ってしまいたい。それだけ、このオーディションはすごかったのだ。

デビュー間もないアイドルともいえないグループを推さざるを得なくなったのは、実はある会合を聞いてしまったからである。それは今や伝説になりつつある、後夜祭といってもいいメインなスタッフたちが集まった飲み会の席上で、音響監督を務められた清水氏の一言である。
要約すると、「この子たちの成功には大人たちのバックアップが必要である。スタートダッシュが効かなかったのは我々の責任でもある」というような内容のことを言われたのである。
私はこの作品の興行的な失敗は関わった人たちにもかなりのダメージを与えているだろうし、正当な評価がされていないことにも忸怩たる思いでいた。清水氏のこの一言は、まるで「かかわった以上はお前ら頼むぞ」という言葉として私に伝わった。

それからというもの、新譜は買う/カラオケではレパートリーは増えないが、「キボウノカケラ」を毎回のエンディングにする/「この声が届きますように」も歌唱できるようにするなど、極力応援はしている。
その彼女たちのワンマンライブ/しかも日曜日に設定されているとあれば、新幹線を使ってでも会いに行くのは、当然の義務のように思っていた。

だが、チケットを見て愕然とする。整理番号が141番だったのだ。
200人強の箱だろうと思ったのだが、そんなとこで尻から数えた方が早いのは、もう半分やる気がうせてしまう。入場も、待機列にピリピリする運営で気を使いすぎてる感じもあって、いざ入場ってなっても当方はあまり上がらない。
入って奥の隅に陣取るのだが、目の前の二人組に見覚えがあった。それはファーストミニライブにも来ていた、迷惑コーラーだった。
果たして彼らがどこまで推しなのかは知らない。だが、例えば雰囲気に合わない即興のコールなどは誰も望んでいないし、公認もされていないだろう。事実、何度となく運営から注意されていた。
そんなこともあって、正直言って半分上の空、であった。それだけ没入するほどでもなかったか、と思ったのだが、メンバーの成長ぶりには目を見張った。
中でも一番うまくなったな、と感じたのは、神戸嬢である。それまでの歌に自分が見えていなかったのだが、このライブでは自分をうまく表現できていた。そこを感じ取れただけでも大収穫である。みんひとこと鈴木嬢は、相変わらずなんだけど、彼女が彼女のままでいられるのも、このグループあればこそ、である。
ラストのあいさつは、個々人の想いがビシビシ伝わってくる。2018年、ほぼ何事もなく推移した一年に我々も気になっていたところでもあったのだが、マネジメントの転換があったことを如実にうかがわせる2019年に入ってからの復活ぶりに全員が言及したのは、やはり「なにかがあった」ことをうかがわせる。
それでも6人が一つの舞台で歌唱できている幸せ。「Wishes Come True」の存在があるだけで私はこのグループを推せる。アルバムにはないこの一曲を、それもみんひとのピアノ伴奏で聞かされた日にゃ、涙腺が崩壊しない方がどうかしている。

何人かのフォロワー氏とは会うには会えたが、まさしく追っかけと化したちゃおず氏には会えず(そりゃぁ、最前列に居たんじゃ、ねぇ)。新幹線も気になっていたので、そそくさと会場を後にする。

2017.4.8 東京聖地巡礼(5) 君縄&言の葉聖地を回る

須賀神社訪問を終わらせると、何やら一風変わった人々が。見ると、小学生当たりの年齢の子供たちにインタビューというか、何やら話を聞きに回っている。よく見ると、どうやら、「僕のヒーローアカデミア」に関するリサーチというか、宣伝というか、弭間さんと思しき女子とアシスタントらしいひょろい男性が二人一組で回っていた。
→証拠画像。
東宝封筒

小さくてわかりにくいが、東宝の封筒であり、ちょうど3期も始まる/劇場版がこの夏公開、ということでチラシでも配っていたのではないか、と思う/細かく見てないのでこの程度の報告で終わる

それから、印象的な聖地にもう一度立ち寄る。
瀧の最寄り駅だった四ツ谷駅。デートに遅れそうになり急いで駆け込もうとした階段。
四ツ谷階段

四ツ谷駅・赤坂口。
四ツ谷1804


瀧のバイト先に向かうべく再び新宿へ。歩いて新宿御苑方向に向かい、モチーフの現場に到着。
作画上では、大通りに面している風にもとらえられるが、実際は、御苑の敷地を挟んだ道路一本へだてているだけ。
場所はここ
ラボエム

ここまで来たからには、「言の葉の庭」で印象的に描かれた新宿御苑にもいかざるを得まい。
もちろんユキノとタカオが逢瀬を重ねたあずまやに。場所は特定できているが、画像が発見できず、とりあえず。

そこからさらに瀧達3人が登下校の際に通った、神宮外苑/絵画館を背にした場所も特定して写真をパチリ。
神宮外苑01


こうしてみてみると、本当に「新海さんって、新宿大好きなんだな」って改めて思う。

2018.4.8 東京聖地巡礼(4) 「ついに時は来た」須賀神社

前回の聖地巡礼の際に、次に東上することがあったら、確認したいところが何カ所かあった。
それが、須賀神社なのだ。

「え?何度も行ってるじゃん」
はい。確かにそうですが、私が行って確認したいと思っていたシーンというものがある。
→そのキャプチャーがそれである。友人宅にて撮影。
君縄画像01

君縄画像02

なお、上画像は1:14:04-05、下画像は、その続き、1:14:06-07の間のものである。

三葉の東京単独行は、恐らく新宿を軸に代々木や信濃町界隈で瀧を探す・・・というか、学校に行っているのだから、神宮高校一択なはずなのだが(それでも高校生になっていないから逢えないんですけどね)、それをせずやみくもに探している雰囲気である。
そして、「会えばぜったいすぐにわかる」というセリフとともに、三葉は、階段を昇っていく。その階段こそ須賀神社の階段なのではないか?というのだ。

実のところ、このシーンの検証をしているというブロガーや、ツイッター民を見たことがない。もちろん、最大の聖地であり、二人の出会いの場でもあるから、ここで使われていることがかすんでしまっているともいえるのだが、本当にそうなのか?確かめてみる価値はありそうである。

本作の聖地巡礼をして3度目となる須賀神社訪問。3度目は、日曜日の午前中ながら、ひっきりなしの訪問客でごった返している。まずはいつものように記念撮影w
須賀180408_01

須賀180408_02


そしてここから検証に入る。
最後の石段の8段目あたり…何度も段数を画像と照らし合わせて確認してここではないか、と思われるところでシャッターを押す。
須賀検証01

では見比べてみる。
実のところちょっとした書き間違いはあるものの、ほぼここではないかと特定できそうなのだが、背景的な部分に少しだけ齟齬が出る。手すりを通して写っている白い立て看板(いわれか何かを説明するもの)の映り込む位置が現実とは手前に来過ぎているのである(写真画像で言うと、赤い服の女性あたりに立っているのだが、ここは、参道に向かう入り口的な場所)。もちろん、位置関係がおかしいだけで、そのものずばりの描写はある。そして忘れてならないのは、もっとも右手の石組みの様子。これが須賀神社の階段特有のものだからである。
次の画像はさらに興味深い。疲れて靴を脱ぎマッサージしているシーンだが、もし上がってきたのが須賀神社なら、ここで撮っているとしか考えられない。
須賀検証02

石段の石と路面の色合いから見ても、完全に一致、と言いたい心境である。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ