多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

あまちゃん

忘れておりました!! 唐突に番宣WWW

「ごちそうさん」以来、当方の朝の連ドラブームは、ものの見事に消え失せた。
「マッサン」も高視聴率だったようだが、ここにきて、次作の「まれ」が、少々ピンチだと漏れ聞く。

当方が「花子とアン」で見なくなったのは、純粋に主演女優が好きくなかったから。「マッサン」も、どちらかというと、わきを固める俳優陣に一抹の不安を感じつつ、実話ベースなので、どうにもフィクションっぽく演出されているあたりが気に入らなかったりもする。

しかし、それにしても…



この「あまちゃん」ブームがまた再燃か、を思わせる事象が持ち上がった。BSでの再放送である。
当方は、はっきり言って「純と愛」からみてきていたという経緯もあり、又海女の仕事がスキンダイビングそのものであるという視点からも、見続けようという意思は格段にあった。
ただ、難を言えば、開始当初の能年嬢の演技っぷりにはやはり疑問符が付いてしまう。なので、上京編のあたりから飛ばし飛ばしになってしまっていたところはある。

それでなくても、このドラマがきっかけで、あちこちに顔を出している方たちの多いこと。橋本愛に至っては、「寄生獣(劇場版映画)」でも重要役を射止める、福士蒼汰は今まさに売れっ子男優として引っ張りだこでもある。若かりし頃の春子役の有村架純も、かなりの露出度を誇っている。

まあ能年サイドとしては、彼らの活躍ぶりを指をくわえてみているしかないというのが実際なのだが、彼女自身が結構ストイックな部分も見受けられるだけに、変な方向に向かないようにだけはしていただきたいものである。

というわけで、「あまちゃん」の再放映。下記のようなスケジュールになってますのでチェックイット・アウト!!

 月曜から土曜  7:15〜30
 一週分一挙放送  土曜 18:00〜19:30  何れもBSプレミアム。

比較検討倶楽部、再び(4)描かれた災害をどう見る?

いよいよ「ごちそうさん」も戦後編(とはいってもあと2週で終わりなのだが)に入り、最終回の展開が見ものではある<戦後すぐの描写で終了と思っていたのだが、闇市のシーンやらいろいろあるようなので、戦後数年間は描かれると思われ、その部分では当方の予想としては外れてしまった>。
まあ、闇市のシーンなどはどちらかと言うとオープンセットでも作って、開放的にやっていただきたかったところだが(もうセット臭が半端ない/このあたりは大阪製作の限界か)、そんなに予算もない状況で作るのだから仕方ないといったところか。

さて、当方が日々巡回しているブログでおなじみのcoffee氏ブログが、なんと、当方の手法を真似て<イヤイヤ、チガイマスカラwwww>比較検討倶楽部をやってしまったのだった。とはいっても、違う視点からのものであり、どちらかと言うと問題提議に近いものであった。→こちら。

それに触発されたわけでもないが、ドラマの中の災害に関する描写や主人公達の心情と言うものは、比較に値するのではないか、と思い立ったのである。
実は「ごちそうさん」では、2つの災害・・・関東大震災と大阪大空襲を描いている。前者は、いわゆる支援をする側として、後者は実際の当事者(被災者)としてであるが、前者の場合、一人の女性をターゲットにして、その人の心が食によってほぐされていく、と言う形でとげとげしかった彼女を立ち直らせた。後者では、被災しながらも、闇市での商売や人探しに奔走する登場人物たちのけなげな姿が書かれるものの、それが安住の地ではないことが提示されて、視聴者に一種の不条理を提示していく。
ブログでは、「ごちそうさん」の主人公の夫が、防空演習中に消火せず逃げろと叫んだことで、命令違反を犯したとして逮捕される場面について書かれている。焼夷弾の威力を考えたときに、消すことに集中するあまり、逃げ場を失うと言うことをもっと早くに提示し(そもそも、演習の範囲内で収めようとしなかった夫のやりすぎの感はある/幼いころの自身の災害もトラウマになっていたと考えられるのだが)、根回しをしておけば、ああいう事態には至らなかったと見る。ちなみに焼夷弾の威力をまざまざと、見せ付けてくれる映画が、アニメーション映画「火垂るの墓」の前半のシーンである。
一方、「あまちゃん」は東日本大震災をあくまで背景と言う風にしか描写しないことで、2年前の出来事を極力「あったけれど、皆さん、ご存知ですよね」と言うような見せ方でとどめている。このやり方にした理由はただひとつ。大震災が主役や脇役になってしまっては困るからである。津波に襲われた町をあえて提示しなくても、十分に分かる描写で済まそうとした(ニュース映像はもとより、音声すらはっきりと見える/聞こえることはしなかった)ことで、事態の重大さを分かってもらおうとした高度な演出であった。なので、それこそ、自衛隊が出てくれば、ドラマの雰囲気も何もかもぶち壊しになる。出さなかったのは「そういう震災テーマのドラマと違うでしょ?」と言うクドカンの絶妙なツッコミが入りかねないわけで、この部分、coffee氏が言っていることが何でも正しいとは思えないところなのでもある(正確には、産経新聞のコラムに同調した記事と言うことになる)。

ドラマでの役割の違いを理解しているのならば、災害に対する向き合い方が変わっていて当然。新聞も、右系・左系は別にして、「ドラマを咀嚼してみていないことを堂々と書いてしまう」ようでは、早晩、お役御免を言い渡されかねないだろう。

比較検討倶楽部、再び(3)「ごちそうさん」ヒットの指し示すもの

戦争のシーンを否応なく内包しているにもかかわらず、依然として高止まりの視聴率で健闘している「ごちそうさん」。1月/2月の、ちょっと中だるみな部分をも乗り越え、最後の最後に和枝の「いけず」が生きてくるという、本当にここまで練られた脚本と言うものがあるのか、とさえ思ってしまう。

「比較検討倶楽部」とは銘打っているものの、こうまでいろいろと条件が違いすぎるのでは比べようがない、と言うのが実態である。しかし、今回私は、キャスティングの面から前2作(「純と愛」「あまちゃん」)を比べてみようと試みた。
その結果、「ごちそうさん」に限って言えば、超A級の役者が最後まで絡みきった、と言うことがないところが浮き彫りになったのである。

「あまちゃん」は言わずとしれた、宮本信子と言う大女優に薬師丸ひろ子/小泉今日子と元アイドルまで総動員。一方、「純と愛」も若村麻由美や森下愛子といった著名どころが脇を固めていた。ところが、「ごちそうさん」は、確かに登場はしているものの、ほとんど重要で長期間にわたる絡みもなく、退場しているのである。
そのことは、イコール「生と死」を純粋に提示していると考えていい。実際、吉行和子演じるめ以子の祖母は、一週目で退場、途中で素性を明かさず登場した悠太郎の父親役の近藤正臣も戦争を知らぬ間に逝ってしまう。かような風に、登場人物は、息子の活男をはじめ、戦争や関東大震災で次々死んでいる。唯一、宮崎美子が一番長く関わっているわけだが、正直彼女しかいない、と言う感じである(西門家の離散に伴い、今後どうなるかは不明)。

ここでピーンときたのである。「あまちゃん」のストーリーは、一種の押さえキャラでもあった宮本信子なくしては、成立しにくく(いるからここまでヒットしたと思っている)、逆に「ごちそうさん」は主役である杏のドラマであって、ほかは脇役に徹してもらいたい、と言うストーリー立てにしてあると言う点である。
その見方をしながら、ドラマを思い返してみると、確かに、「あまちゃん」は、本当に能年嬢が主役だったかな?と思われる節が往々にしてある。それに比べて、「ごちそうさん」は、せりふの上でも主役然としたところが垣間見える。なき、笑い、怒り・・・。感情の発露は、仰々しいと当初思っていたのだが、これくらいなくては主役としてはやっていけないのだろう。むしろ、女優として脱皮しつつある杏の出世作になったと見るべきである。

個性派の脇役に支えられて、いい感じに女優への一歩を踏み出した杏。当初は、私は結構危惧していたのだが、ここまでのストーリーを見てみて、なかなかうまくまとめてきたな、と感じずにはいられない。このまま行けば、20%台をキープしながら、大団円を迎えるであろうことは想像が付くが、ここまでヒットできたのは、ズバリ、「杏の渾身の演技」あればこそだと思う。やはり、主役の演技は重要なのだ。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ