多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

うどん

即席麺試食記(336) まあこんなもん エースコック 甲子園カレーうどん


にほんブログ村

今年の夏の高校野球は、異常に盛り上がっていた、と感じていた。
→今年は14日間で82.7万人が訪れた模様。とはいえ、第一試合から好カード続きで、朝から行っていた人が多かったことが影響したか?
優勝チームの高校名が、どうしても「花沢徳衛」を想起してしまうのは、私がそれなりの年齢だからだろうか?

それはともかく。
甲子園の飲食店名物といえば、「甲子園カレー」がある。カレーライスにあまりなじみのなかった、大正年間から発売されていたという、まさに「筋金入り」のメニューである。
これとコラボしたカップ麺を発売しているのはエースコック。結構いくつかのバージョンがあったりするが、今回は縦型カップでラーメンとうどんがラインアップされた。

「しめしめ」と思いながら、気が付けば、店頭に残っていたのはうどんだけ。あらら、やらかしてしまった・・・
まあ一期一会であるがゆえにこれは仕方ない。ともかく購入して食べてみる。
結論から言うと、「深く煮込まれた感じのするカレースープが意外に美味」であったことだ。辛さは控えめなのに、コクが半端ない。麺や具材は取り立ててどうということは無いのだが、スープにしてやられる。

縦型であり、それほど手がかかっていないと最初は思っていたのだが、あにはからんやそこそこにまとめてきた。これには正直驚いた。企画一発もので次はどうせ来年。でも、通年販売しても十分通用すると思う。期間・時期限定と考えずにどんどん拡販していくべきではないかと思った。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   A-(縦型でも十分)

即席麺試食記(66) ただただ美味 マルちゃん 正麺 うどん


にほんブログ村

もはや、袋麺のスタンダードにまで上り詰め、とどまることを知らない正麺の快進撃。
ラーメンだけで満足しているのかと思ったら、なんと、うどんにまで進出すると聞いたから、その店頭での登場を今か今かと待ち構えていた。

はたして、10/22、その”雄姿”を発見。店側も売る気満々のようで、うずたかく積まれている製品の山はすでにブランドとして確立した製品の姉妹品であることを猛烈にアピール。いやがうえにも目に入る。
はずれを懸念してバラで購入。もちろん今回の実食はノーマル味のうどんである。
麺の形態は、いわゆるインスタントうどんの定番ともいえる、扁平断面のやや太い麺。さすがに丸断面に近づけることは難しかったのだろう。
しかし、茹でていると、その戻り具合やしっかりしたコシを感じることができ、期待は徐々に膨らむ。
液体スープの待つどんぶりに投入。さあ、ここからが大変である。


びっくりした。まずスープの手の入れようが半端ない。今まで当方がさまざまな即席麺で味わってきた、スープと麺のバランス感覚のなさは、この商品には存在しない。いや、スープのあまりの上品さに言葉を失ってしまうくらいだ。
茹で上がりに多少の不安もあった麺も、すごい。思ったよりストレートという感覚ではなかったが、それでもしっかりすすれるし、ネチャネチャする感じはまったくない。

スープの塩分濃い目は、もしかすると茹で汁に起因する部分もあったのかな、と思ったが、それでも「これがインスタント?!」と見紛う味は、袋麺では珍しいうどんというジャンルを確立しそうな勢いである。
具材・・・特に甘辛く煮た揚げ・・・を投入していたら、ものすごくうまいだろうな、と思える出来。本当に脱帽である。

 麺  3.8/5  スープ 4.0/5    総合評価 92点

大手の袋麺としては最高点をゲット。また久しぶりの高得点である。
月別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ