多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

かぞくいろ

鉄道モチーフの映画で比較検討倶楽部 なぜ、「えちてつ」の方が評価高いのか?

「かぞくいろ」と「えちてつ物語」を見おわった。
当方としても2018年の秋公開で、よく似た背景の映画であり、しかもローカル私鉄(両者とも第三セクターだが、成り立ちは違う)が舞台になっている映画。どちらも大規模公開には程遠く、それほどでもない売り上げにとどまったもようである。

さて、今回の「比較検討倶楽部」は、この2タイトルをキャスティングの妙を交えつつ、なぜ私が「えちてつ」の方を上位にあげたのかを論じていく。
「かぞくいろ」の晶、「えちてつ」のいづみ。二人が役割は違えども主役として出張っている。前者は、「肥薩おれんじ鉄道」の運転士(見習い→最終盤で正式採用)として、後者は「えちぜん鉄道」のアテンダント(行きがかり上→中盤で正式採用)として。
前者の理由付けがあまりに弱いところは気にかかる。仕事がない→義父と同じ職場に行くという選択肢のなさにあきれる。あの局面で、他の仕事を探せなかった理由というものが知りたい。後者は、東京での仕事もうまくいかず、自分はお笑いに向いていない、というところに「渡りに船」状態。だから、動機が不純であるとしても問題ないのである。
仕事の取り組み具合は、当然運転士と、運行に直接携わらないアテンダントでは異なっていて当然であり、ギャグっぽいところがあった後者の方が、映画的であり笑える。
家族関係についても両者ともに異なる形をとる。前者が、連れ子と母親、義父という奇妙な関係。後者は血のつながらない兄弟という設定だった。仕事的に絡まない後者と違い、現役の運転士である義父との関係も取りざたされる前者は、その関係性の濃さが逆にストーリーを澱ませてしまっている。
「かぞくいろ」に引っ張られてしまった前者が家族のつながりを執拗に描いたのとは逆に、「えちてつ物語」は、そのまま、えちぜん鉄道という会社の成り立ちや今の会社の立ち位置を解説している部分も大きかった。

ここまで論じて、主役について考えてみる。
「かぞくいろ」は、主役もわき役もそつなくこなす有村架純を据えて盤石の体制を取った…はずである。だが、当方的には、あまりに器用にこなしてしまっているところに若干の違和感を禁じ得ない。一方の「えちてつ物語」はぶっちゃけ芸人としても中途半端な横澤夏子をキャスティングするという”大博打”にでた。

だが、と思い直す。
あまり「いろ」のついていない役者で撮ることに傾注した後者が、芸の優劣は別にして、新鮮に映ったのとは裏腹に、見事に「いろ」のついた有村嬢で撮った前者にそれほどの感動を催さず、むしろ2時間が苦痛に思える作品にしてしまったところは否定できない。
「えちてつ」は横澤で撮る意味があった。それは・中途半端な芸人キャラ ・現実的に面白くない ・それほどまでにきれいでない という、奇跡的なキャラクターだったからに他ならない。だから、彼女がもしスカウトされたら…風な見方もできるから、面白いし、「マジでそうなるかも」と思わせるだけの真実味がある。
他方、「かぞくいろ」の方はどうか?国村隼的な運転士はどこの3セクにもいそうだが、果たして有村みたいな、虫も殺さないような女性が運転士として活躍できるのか…それも、正直言って最終盤で独り立ちしているシーンしかなく、そこに至るまでの葛藤とかに時間を割いたおかげで、運転士としての矜持であるとか、心構えであるとかが見えにくかった。最後の歩道橋のシーンがそれに当たるとしても、「そこで語るのか」と思わざるを得ない。

「かぞくいろ」だから鉄道・運転士の描写が薄く、「えちてつ物語」だから鉄道の描写やアテンダントの役割が丁寧に描かれている、と簡単に評してしまいがちだが、別に鉄道の運転士でなくてもよかった「かぞくいろ」の評価が落ちてしまうのは、仕方ないところだといえる。実際材料が多すぎたのに、亡き夫との回想シーンがこれでもかと流されたり、不倫相手との密会をする女教師の場面とか、そこまで書かなくても、という内容ばかりが目立ってしまっていた。ストレートな「えちてつ」が、主役の下手さは別にして上位に来てしまうのはそういうところからである。

2018.12.1 4作品固め打ちな「映画の日」K画実写久しぶり 「かぞくいろ」

2018年は、私自身、邦画の隠れた実力に触れることができた一年だと思っている。
筆頭に位置するのは、やはり「カメラを止めるな!」だろう。製作費わずか300万、2館での限定上映が、いつの間にやら、全国に"感染"、この間見た興収記録では23億を上回っているというのだから、恐ろしすぎる。
その次が、これもインディペンデント系となる「かぞくへ」の鑑賞と、実際に監督氏とつながりを持てそうになっているという現象である。私自身、クリエイティブな仕事は生みの苦しみを知らないわけではないので、これまで関わらないできたが、ここにきて「見せたい」「作りたい」という方向に動いている。
鑑賞した映画ということで言えば、「羊と鋼の森」の上質な空間は、劇場で味わってこそであるし、今日の鑑賞3作品を含めた2018年限定ランキングを作っても、この作品を抜けるものはそう簡単には出てこないと思う。

さて、この秋、実は鉄道モチーフの実写映画が2本公開された。一本は、旧京福電鉄福井支線の復活に関わったアテンダントという職業にスポットを当てた「えちてつ物語」であり、もう一本は、鹿児島出身の夫を亡くし、身寄りのなかった母と子が生きる糧を見つける過程で、母が運転士を目指す「かぞくいろ」である。

昼ご飯を丸亀の釜揚げで済ませて、再度劇場へ。封切二日目の2時スタートの回は中年以上のカップルがかなりの比率を占める様相。もっとも、男性ソロの数も無視できないほどには多い。ただ、どう間違ったのか、10歳後半の女性ペアが後ろ列に座ってきたのには驚いた。それでもキャパの半分強しか埋まらない。平均は50代前半。

夫婦と男の子の平和なひと時が、電車の行き交う歩道橋の上で展開される。EH500系を見て興奮する男の子・駿也。父・修平もそこそこに鉄道ファンの片りんを見せている。だが、母である晶にしては子供の年齢が釣り合わない。そう。晶は修平の後妻だったのだ。だから「お母さん」ではなく「晶ちゃん」呼びなのだ。
そして場面は変わって、母と子が逃避行よろしく、肥薩おれんじ鉄道の中の人になっているシーン。駿也が抱えているのは、明らかにお骨である。運転士の奥薗氏と初対面。実は、目的地は、彼の自宅だったのだ。

そこから、本当に軽い気持ちで運転士見習の試験を受ける晶。面接のシーンはかなり笑いも出る。見事受かってからはJR九州の研修センターでの実際の講義の様子などもうかがい知ることができて、なかなか鉄ちゃんサイドにも嬉しい映像が展開される。
免許を受けてからは、実地試験ということになるのだが、これが一筋縄ではいかない。地域になじむことの難しさを学校で、会社で味わうことになる晶。会社からは暇を出されたり、学校では「ダメな親」呼ばわりされたり。挙句駿也にも邪険にされてしまい、いたたまれなくなって東京に戻ってしまう。

とはいうものの、行く当てのない晶。冒頭の歩道橋での祖父との会話が、この作品の一種のクライマックスと言える。時間が全てを丸く収めていく。また鹿児島に戻った晶が一枚皮がむけた状態で何事にも打ち込み、晴れて独り立ちの日を迎えたところで終幕となった。

そう。実はそこまで込み入った内容ではないのだが、2時間、120分はあまりにも長すぎるといわざるを得ない。私が編集なら、・学校の先生の不倫相手とのやり取り ・何度かフラッシュバックする修平と晶の回想シーン、特になれそめの部分と病室のシーン ・田舎特有の「間」の伸びた映像 ・教官・板尾との絡み全部 あたりはバッサリカットして90‐100分程度に凝縮すれば、間違いなくテンポも出てくるし、なんといっても印象が散漫にならなくて済む。ベテランに任せてしかりの「おれんじ食堂」の運行を見習いにさせることが明らかに「映画」的過ぎるからである。
演出的にやってはいけなかったのは、半成人式のくだりだ。あの時の晶の行動には疑問符が付く。せっかく駿也の作文で泣かされ(いない父との妄想旅行を文にしたためる高等技法に当方の涙腺は一気に決壊したし、その後の彼の魂の叫びは演技とも相まって訴えかけてきてくれた)、いい雰囲気だったのに突如の「帰ろう」攻撃。理由が読めないことが一番だが、あっという間に凡作に転落してしまった。
国村隼の演技で何とかストーリーの破たんこそまぬかれたが、緊張感のないだらだらとしたストーリーのせいで、ちょっとしたきっかけが評価を下げていく。気が付けば86点のファースト→80点にまで下落。

題材はすごくいいのである。再婚した妻、妻の年齢に似つかわしくない小5の男の子、連れ子で再婚し急逝する夫、夫の父親、不倫相手の子を身ごもる学校の先生、鉄道会社サイドでは、総務部課長らしい木下ほうかのひょうひょうとした演技が味にもなっていた。その人たちが織りなす人間模様を第三セクター鉄道を絡めて描いたのだから、悪く見せないと思っていた。
タイトルは「かぞくいろ」であり、かぞくが漢字になっていない。それは、唯一の血のつながりが子供と彼にとっての祖父だけであり、元妻と子供にはそれがないところが大きい。あの傑作「かぞくへ」も、ラストのあの一言を聞くための映画であるといえるが、ここで見せている家族それぞれの「いろ」がきっちり提示されていたらもっともっとよかったのに、と感じずにはいられない。

とにもかくにも、もう少しそぎ落とすことをしないと、いけなかった映像だな、というのは感じた。鹿の子供をCGで作っている暇があったら、もっと他にやるべきことはあっただろうに、と思っている。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ