多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

きつねうどん

即席麺試食記(355) 何か違う サンヨー 創味のつゆ使用 きつねうどん


にほんブログ村

別商品でもある、小海老天そばは高得点になっていたのだが、本製品を食べながら思うことは、「あの創味のつゆを使うのに、なんで縦型なのか」という点である。

つゆを味わってもらいたい製品なら、そのものずばり、惜しげもなく使っていっても不思議はない。ところが、カップ側面には、たったの6%使用としか書かれていない。
そこに愕然とした。つまり、94%はオリジナルなのだ。6パーごときで「使いました」と宣言できるとは驚きだし、どうりでそばを食べた時にかつお粉末がカップ側面にびっしりとついていたのか、と改めて確認する。

そうとわかると、うどんバージョンの方も構えて評価せざるを得ない。
麺は、当然幅広であり、それほど特筆すべき点はなし。具材もネギがかなりインパクトあったが、平均止まり。
そしてスープなのだが…甘く濃い。一種きつねうどんだと錯覚しがちだが、やはりだしの色の濃さがあまりよくは思わせない。

日清も東洋水産も、和風麺は東京と関西で味を変えてきている。縦型であり、企画ものという部分を考えると、全国統一で出す味にしては、かなり東京よりにしたのは、少しだけ失敗とみている。
原価に合う割合にしか配合できないのなら、使ってますと堂々と言い切らない方がよかったのではないか…化けの皮の剥がれた実食になってしまった。


 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし    合計   22.5/30     格付け   B+(濃い感覚がマイナス)

即席麺試食記(252) なんでこうなった? トップバリュ きつねうどん(関東風)


にほんブログ村

ものの見事に、哀泪螢▲薀ぅ箸砲垢戮討鮖っていかれて、2チャ3チャ4チャのはずれ馬券を手に愕然とする。実はここまで競馬実践は、GI級のレースに限れば、馬見のできたもののを含めて、今年はトリガミすらなし。危機的状況が現れているわけだが、手広く買えない資金面の不自由さがこの状況を現出させている。

まあ、レースはいつまででもあるわけだし、と早々に退散。
自宅で在庫処分とばかりに、関東進出時購入(それも今は亡き碑文谷店)のトップバリュのきつねうどんを食することにした。

埼玉県の工場で、の表記から、おなじみ東日本明星の手になるもの。もちろん、日清系のするりとした表面は望むべくもないが、お湯を入れ、食べ始めるまで麺の「異変」には気が付かなかった。

ふたを取ってみる。
・・・何かがおかしい。まじまじとみるべく丼に顔を近づける。見ると、おびただしい数の気泡が麺の表面に浮かび上がっていた。突起物に嫌悪感を抱く人なら卒倒してしまうレベル。麺の表面が「じんましん」に罹患したようだ、と言えば、その異様ぶりもうかがい知れるというものだ。
ウへぇ…となって、食欲も削がれてしまう。だしは、「かつお」を標榜していながら、その香りは薄く、塩加減もそれほどではなく。唯一、お揚げはそこそこの味を提示してくれたものの、評価はそこまで。麺の方はと言うと、後半恐ろしいばかりの伸びを見せることになり、テンションはさらに下がっていく。

麺がこれほどまでに劣化しているように見せたのは、カップ麺系ではここ最近では久しぶり。平均を大幅に下回る評価を下さざるを得ない。
とはいえ、この程度では「不良品」と呼べるものでもないことは確か。生産の過程で何か不具合が起こったというアナウンスもないので「仕様ですが、何か?」と逆切れされそうな案件でもある。

 購入店 ダイエー 碑文谷店(現在閉鎖中/購入時の店名)
 麺   4.5/10   スープ   6.5/10    具材  6.5/10    総合計 17.5/30
 価格補正  +0.5      合計   18.0/30     格付け   C(トラウマレベルの麺)

即席麺試食記(132) 梨汁ブシャーww サンヨー食品 ふなっしーの千葉を応援! きつねうどんなっしー!


にほんブログ村

ふなっしーの絵柄につられて買ってしまった、コラボ製品。正直、これを買うことでまた、ふなっしーに版権が入るのか、と思うとき、非公認でいられる方が露出度は無限大にできるということで、どんな販路にでも顔出しできる部分は、ほかのゆるキャラ一同も見習うべきではないか、と思う。そう考えると地道な販促活動をし、キャラ使用料もほぼ取らないくまモンのすごさは特筆ものである。

あ、ゆるキャラ論ではなかったですね。カップ麺でしたww
ソースラーメンの回では、大幅に滑ってしまったわけだが、そもそも、サンヨーは、縦型カップはそれほど得意ではない。もちろん、即席めんメーカーなのでそこまでひどい製品ばかりではないのだが、縦型に一日の長のある日清とは、ノウハウも何もかも違うという印象がある。
「頂」全力で攻めるべきタイミングでのカップ麺の新作。結論から言うと、梨汁って要ったのか、といいたい感情にとらわれる。
麺は扁平断面。うどん=ストレートとなりつつある、カップ麺界の常識とはやはり一線を画している。まあ、これはこれで、グループ企業でもないし、それを実現化するのは数年先になるだろう。
スープは、意外や意外、少し甘めに仕立ててあった。しょうゆ辛い、というわけではなく、むしろ塩分は穏やか。その半面、だしといえる部分の強調や香りづけという部分ではほとんど感じられずに終始した。
そして「梨汁」。せいぜい香りづけかと思ったし、そもそも麺類にナシの香りって合うのか、不安だったが、それは杞憂に終わった。あまりに人畜無害だったからである。残っていた小袋からちょっとオイルをなめてみたのだが、梨の香りは微弱すぎる。これなら入れない/なくてもよかったように思う。

「梨汁ブシャー」といいたいだけの小袋。まあ、ふなっしーとこのセリフは切っても切れないし、実際、船橋市はナシの生産も盛んである。本人がナシの妖精(爆)なのだから、それもうなづけるのだが…。こんな役立たずの香味油は初めてである。それを含めて、総じて中途半端。ふなっしー蒲鉾くらいが「お、手間暇かけてるな」という評価にしかならないようでは、もう一つの「醤油ラーメンなっしー!」も推して知るべしだろう。

 購入店舗 ダイエー三宮駅前店
 麺 2.6/5  スープ 2.7/5  具材 2.5/5  総合評価 72点
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ