多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ねつ造

ありのままが報じられないゴミたち

2020.5.20は、びっくりするくらい、生番組での間違った報道が散見される異常事態となった。
トップバッターは、今や「歩くデマゴーグ」といえる玉川徹氏を擁する「羽鳥慎一のモーニングショー」。甲種回送を撮りに来た「撮り鉄」たちの乱痴気騒ぎを報じるべきところが、3月に実施された別の甲種回送の写真を使ったのだ。
J-CASTニュースより。
おそらく、それほどの騒ぎにはなっていないとみられ、別の駅(船橋法典)での実況映像はあるものの、自分たちで取材していないのまるわかりだったこともあって使わなかったんだろう。その後、謝罪をしているが、なにも知らない人が見たら「撮り鉄サイテーだな」に印象操作されてしまうところだった。
これだけでは収まらない。
坂上忍の反政府芸だけで持っている「バイキング」は、もっと悪質だ。「17日(直近の17日は日曜日)の竹下通り」の映像として、密でもあり、マスクもほとんどしていない、結構混雑した映像が流されたのだが、とあるPOPで撮影時期が全く違うことが判明したのだ。
ライブドアニュースより。
「ウワ―マジで人一杯」と流れで見た人は思ってしかるべきだが、映り込んでいるマクドナルドの新製品を知らせるPOPが「てりたま」だったことで、17日が正とするなら、3月の映像であると看破されたのだ。
尚問題の放送は5/19。一日遅れで指摘されてから、その画像を使おうとした意図とかも述べず、謝罪するだけで終わらせている。これで「マスコミでござい」は虫がよすぎるだろう。
止めは今日の「ひるおび」。グラフを正しく書かないことで誤認させる手法は、いろいろな番組で使っている手あか塗れの手法だが、それを臆面もなくやってしまうところに潔さを感じてしまう。
保守速報より。

順にテレ朝、フジ、TBS。揃いも揃って反日・反政府集団が繰り出す、印象操作の数々。「だましてやれ」「奴ら、文句言ってこないだろう」……悪意がある映像を見せられて、「いやー、ワイドショーってためになるわ」にはどうあってもならない。例えば円グラフにしたところで、誰かがチェックをすれば「やりなおせ」と一喝されてしかるべき。ちなみにこの数字だけ……47と33を使うと、全体で80。47は大体60%だから、半分を越えているグラフはそれほど間違っているわけではない。「その他」の20パーセントが抜け落ちている理由がわからない、不完全なものなのだ。

いや、必死なのはよくわかる。そうでもして、アベを追い落としたいのは痛いほどよくわかる。
だが、「報道は、事実を曲げずすること」の放送法に大幅に抵触しているこの3件について、総務大臣をはじめ、何らかのリアクションは求められるところだと思う。
政権をたたくだけになり下がったゴミたち。「本当」「ありのまま」を報じられないで大きな顔ができるのも今のうちだと心得ておいた方がいい。

もはや「公器」などとぬかすんじゃねーぞ!!

goo辞書で「公器」を引いてみると、例文が示されている。

           おおやけのもの。公共のための機関。「新聞は社会の―である」
→gooの「公器」の意味のUrlはこちら

この例文に従うと、新聞は、「おおやけのもの」で「公共のための機関」でもあるということらしい。

しかし、そろそろ、この例文は取り下げたほうがよくなってきていると感じている(ちなみに、当方、この例文はふさわしくない、とgooに申し入れます)。
つまり、公共の機関であるという認識を持たなくなった新聞が存在しているからである。

もういわずと知れたことだが、朝●新聞である。自分のところのねつ造記事を訂正はしても謝罪をしないという姿勢に、ややおかんむりの週刊誌2誌が渾身の特集を掲載。いざ朝日に広告を出稿したところ、断られただけでなく、「謝罪と訂正を求める」と逆ギレしてきたというのである。
→「保守速報」のまとめ記事より。

もうね。「どの口がァ…」といいたくなるこの対応にもはや「この新聞にだけは公器という言葉は使えないわ」と思ってしまったものである。
実際、これで言いたいことはすべてである。この新聞のお説教じみた上から目線の発言も、したり顔の政府批判も、中韓に阿る内容も、何もかもが信用ならない。たとえ同じ内容を報じていても、「吉田調書」のように真逆に伝えることしかできない新聞は、存在価値がない。

百田氏ではないが、「消えてなくなってもらいたい」ところである。今回の対応ばかりは、さすがに腹に据えかねている。
月別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ