多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

はたらく細胞

2018年に虜になった楽曲紹介。

2018年に入って、当方のカラオケレパートリーは、常時歌う120曲程度に加え、当方基準で「歌えるけど完璧/ランキングに絡まない」90前後の曲も合わせると、400曲を優に超えている。
ここ最近は「Joysound 全国採点 全国一位曲の量産化」に舵を切っているので、・誰も歌わない埋もれた曲 ・ライバルがいても、技量で確実に一位を取れる曲 ・全体的にレベルの低い曲 を中心に歌うことが多くなり、ランキング維持のために選曲することも多くなっている。

それでも今年に入って、アニメーション主題歌/映画関連を含めて20曲程度が新たにレパートリーの中に加わった。その一部を紹介する。
・Grand Symphony/佐咲紗花/ガールズアンドパンツァー 最終章OP
この曲の高揚感。最初に聞いたときに「十八番化決定」を年始に決められた。しかし、まだ手の内に入っていない配信間際で歌ったところなんといきなり一位を取ってしまい、驚いた。それから練習を重ねて現在では数カ月連続で一位を堅持。死守、という必要がない曲でもあり、多分かなり私と親和性が高いのだろう。
・ウィアートル/rionos/さよならの朝に約束の花をかざろう
kalafinaの「ひかりふる」、戦国乙女の「INORI」、角田信朗の「空へ」・・・難しいけれどレパートリーにしたい楽曲というものにはそうそう出会えるものではない。
この曲を劇場で初めて聞いたとき、鳥肌が立った。「歌えるのだろうか…」
だが、配信されるやいきなりの分析採点で90点台後半。これはいけるとなって挑戦するのだが…MAX系とf1系では採点の仕方が若干違うのか、f1で97点が普通に出るのにMAXではよくて93点とか。かくして機種を使い分けなくてはならない楽曲ということにもつながっている。尚、演歌系の採点は、f1に分がありそうに思っている。
・また明日/藤原さくら/若おかみは小学生!
映画エンディングをかざるこの楽曲。実際映画のヒット具合から見ても、そんなに歌われることはない曲であるといえるが、しっとりとしたスローテンポの曲なのに音域を結構使うというなかなかに曲者。一位は堅持できるのだが、なかなかに90点台後半まで伸長しないのがなんともはや。
・ここから、ここから/宇宙よりも遠い場所ED
とうとうワンクールアニメにもレパートリーの触手が伸び始めている。名作の影に名楽曲あり。この曲は歌詞の凄さに感涙必至(歌唱中に感極まることも一度や二度ではない)となってしまうところがいただけない。「バカにされたってかまわない」は報瀬そのままだし、彼女の想いが具現化するから感動を禁じ得ない。
・Cheers/ClariS/はたらく細胞ED
今年のカラオケのビッグヒットといえば、個人的に「ミッション!健・康・第・イチ」(はたらく細胞OP)ではないかと思っている。これも上位一割には食い込めるが、このエンディングは「まどマギ」での実力のあるこのユニットの歌唱。見事に落ち着く。難しくはないが、一位はおろか、上位占有とまではいかない。
・リワインドメモリー/HUGっとプリキュア×ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ挿入歌
時々こういう「神曲」に出会ってしまうから始末が悪い。特にこの楽曲が流れるシーンというのは、まさに大の大人が号泣してしまうような、登場人物の熱い思いがビシビシ語られる局面。セリフの方に傾注してしまっていて、曲がおざなりになってしまったのだが、曲だけ抽出すると…ってな感じ。1回目の全国採点歌唱で一位獲得し、2回目でその土台を確かなものにした(93点台)。配信直後でここまで仕上げられているので、あとは追随を許さない得点にしていくだけ。

得点を上げるコツというものを会得している当方からすると、80点台を記録すること自体がほぼなくなっている。機種によるジャンルの得手不得手があるので、そう言った部分にも気を付けているつもりである。
 












2018.11.18 LV初体験 「はたらく祭典」ライブビューイング鑑賞記

今年で実質平成年間は終わる。少なくとも平成年間最後の11月であることは間違いない。
今年の自身のイベントごとでいえば、今回の「はたらく細胞」のライブビューイングが最後ではないか、と考えている。まあ、年内は、の話であり、年明け早々から沖縄/横浜といそがしくなる。

確かに私の中では、2018年スタートのアニメーションの中で言えば、「はたらく細胞」は、ベストワンに近い位置にいる(よりもいといい勝負、だと言っておく)。とはいえ、”祭典”と銘打っているとはいっても、どういう内容にするかは全く知見がなかった。盛り上がっていいものやら、呟き入れてもいいのか、とか。ただ、「推しは推せるうちに推せ」という名言に従い、正装で向かうと決めたことだ。
十分時間の間に合う電車に乗り、図らずも遠出させられたイオンシネマ京都桂川に入る。発券タイミングか、二人席の壁側。これなら、"被害者"はひとりだけだ。
会場ブラウジングは断念。だが、女性の比率の高さに圧倒される。この作品の萌え要素を一手に引き受けた長縄まりあ嬢目当ての声豚だらけだと思っていたら、男性陣目当ての腐女子だらけだった、というのが実際。現に後ろの二人連れ(40台女性)は、そこそこ年季が入っているとおぼしきまごう事なきオタクだった。
さて、始まるわけだが、能登さんのナレーション、しかも間違いなくその場で当てているとわかってテンションあがる。思う間もなく花澤赤血球が、扮装そのままに登場する。この瞬間、「全員が人間体として演じるのか」とわかる。しかもナレーションは、本人紹介。アニメに被せる、後で本人登場位を予想していたので、この設定は意外だった。前野白血球、長縄血小板、小野キラーT、井上マクロファージが、再現度マックスの衣装で出てきたのには度肝を抜かれる。
ドラマ自体は、朗読劇。台本手持ちの即興に近いアドリブもありながらの、いままでの活躍ぶりを思い返す、まさしく総集編的なまとめ。そうこうするうちに、まさかの細菌の襲撃???
チープな扮装で現れたのは、何人かの細菌を当てた福島潤氏。場内は、予期せぬゲストに、大いに盛り上がる。ここしか見せ場ないから、一撃でやられたりもしない。しぶとく舞台にしがみつく。
まあ、「サプライズ」と銘打ってはいるものの、それも含めて想定内だとすぐにわかる。何でもかんでも『でてきますよ』とアナウンスしては、この突拍子のなさを演出できない。
それをやっつけて、いったんCM?そこに流れ始めたのが、小田和正の曲に乗せた、明治安田何とかのCMのパロディー。登場人物たちがいろいろな場面での奮闘ぶりを想起させる内容。ラストのロゴで大爆笑。お次は、ナイーブが、覚醒するくだりを、あの大幅減益に陥ったダイエット企業のCMのミュージックに乗せてモロパクリ。これは、ちょっとした苦情がきそうかもwww
ここからは、キャラ抜きの企画やら、フリートーク。「箱の中身は何じゃろな」は、明らかに不釣り合いな台座の大きさに「まさか」の予感がよぎる。女性陣は、登場人物に合わせて「長い縄」。そして男性陣は、ふたたび登場の福島氏wここでも道化/見せてくれる福島氏。いやあ、陰の立役者でしょうよ、彼は。
フリートークは、井上喜久子の口癖が周りの声優たちに多大な迷惑をかけた(年齢を言う羽目に陥った)くだりが一番面白かった。
中盤から後半に。一曲「先生、あのね」が挿入されるのだが、長縄嬢、歌もなかなかやってくれるではないか。
その後、大まかなドラマ部分の〆が行われ、これにてメインの部分は終了する。
ここからは、音楽性にあふれたコーナー建て。もちろんエンディングを歌ったClariSが登場するのだが・・・あいも変わらずの覆面状態。ウーム。このまま顔バレなしで芸能界、やっていくつもりなのだろうか…これが終わって、登場人物たちが再び集合。ラストに向けたトークをしていき、長縄嬢の一声でラストを「ミッション!健・康・第・イチ」で〆る。

構成的にはこんなものかなあ、というのが実際だった。いきなりテンション上がるオープニング曲でスタートとすると、どうしてもしりすぼみになってしまう。ラストに持ってきたのは英断ともいえる。
一番の驚きは、彼らが、キャラ設定を全く忘れずに、生身の人間体なのに実際のキャラクターがそこにいるかのような作劇ができているところにある。時々、スクリーンを見ずに目をつぶってかみしめるのだが、本当にそういう風に感じてしまえるのだからすごい。ぽろっと井上嬢はデビュ―30年、なんていっていたが、要するにそういうことなのだ、と思わざるを得ない。ベテランたちの競演がここまでに昇華させたのだと思う。
実のところ、「中の人」を見るのは、NowOnAir以来と言えるのだが、プロ声優となると、現実的に初めてのような気もする(完全初見は、大学時代の笠原弘子嬢にまでさかのぼらないといけないかも/「兄貴」もご尊顔を拝したことがあるが、彼は声優というくくりとはちょっと違うしね)。だが、図らずも彼らがキャラを演じられる…まさかとは思うが、キャラデザを彼ら・彼女たちに寄せていたとは考えにくいのだが・・・この”奇跡”を感じ取らずにはいられない。
声優=声だけしか仕事がない という認識は完全に過去のもの。トップ声優たちの競演を堪能できただけで満足だし、願わくば現地でライブを鑑賞できていたら、それに勝るものはなかっただろう。3800円。「高いな」と思っていたが、ClariSの生歌と彼らのパフォーマンス込みなら決して高くはないライブビューイングだったとしておきたい(ちなみに現地鑑賞は6800円だった模様)。
なお、告知は「すわ、2期か?!それとも映画??」と色めき立ったが、特別篇とスマホゲーのリリース予告。→「いつでもはたらく細胞」が名称。公式ニュースは、12日に発表済み。事前登録がイベント当日から行われるとのアナウンス 
息の長い作品に仕上がっていってくれればそれに越したことはない。とはいえ前野氏の「2期」発言で、私の中では半々だった2期作成の機運は、かなり高まっているとみる。下手すると映画版の可能性も否定できないだけに今後の発表にも注視したいところである。

あー長くなった。それでも、ライブビューイングでもなんとか乗れるとわかった次第。後ろの御仁はライト持参のなかなかの上級者。いろいろ温度差の感じられた場内だったが、次回参加時の一つの教訓にはしたいと思う。

おそらく、この作品の出現はこの夏の一大事件だ

2016年の10月まで、ほとんど見向きもしてこなかったアニメーション映画にワンクールアニメーション。だが、「君の名は。」の鑑賞によって、眠っていた感性が一気に解放されてしまう。
当該作品は、現時点で45回。バージョン違いがあるとはいえ、ここまでの鑑賞に至った作品はない。

2017年の冬アニメから、本数は少ないながらでも名作然とした作品を視聴し始めるのだが、「よりもい」がいきなりのヒットを記録し、当方も俄然鑑賞のペースが上がっていく。2018年春アニメは、「ひそまそ」一択だったわけだが、そこまで大感動できる作品ではなく、まあ、スタッフ選びで鑑賞するのがハズレを呼ばない程度の選択肢でしかないとわかる。
なので、この2018年夏アニメは、テーマとしてのダイビングが重きにおかれている「ぐらんぶる」を一押しにしたのだが、今のところ、それほどバズっている感じは見受けられない。まあ、薔薇っている感じが受け入れられない人もいるだろうし、ちょっと観る人は選ぶかな、とは思っていた。
そこへ現れたのが、あまりの可愛さにロリコンは言うに及ばずかなりの男性を萌え死にさせ、第2話ではほぼ準主役の立ち位置にまで急伸した「血小板ちゃん」を擁する「はたらく細胞」。すでに台湾ではこのような有様である。
→FF32という催し。台湾のコミケみたいなもの。この再現度、恐ろしい…

まあ、それにしても。
擬人化の波が、とうとう人体にまで進出してしまった。女体化もひと段落したというのに、ここにきて細胞・器官を人になぞらえるとは…
とはいうものの、「よく描き分けられている」というのが実際である。実際の白血球(好中球)は異物は「貪食」つまり、食べてしまうのだが、このアニメ(原作)ではナイフで一刀両断して成敗する(殺すことが目的)ことに統一している。赤血球も空気交換作用だけでなく栄養も運んでいる描写で納得できる。
とはいうものの・・・現実は意外とシビアなもので・・・
主要登場人物(?)の寿命一覧。白血球が短命なのは意外だった。

とりあえず4話まで鑑賞済み。CM入り・明けのアイキャッチを当該回のゲスト(4話なら入り=好塩基球役の杉田、明け=好酸球役のM・A・O/なお2話は、入り=赤血球、明け=白血球だった)が演じるなど、しっかりとした感じを見せる。今後の展開も面白そうであり、一躍当方の一押しになっている。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ