多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

イオン

即席麺試食記(370) 久しぶりの投稿 日清 こだわり具材の味噌ラーメン


にほんブログ村

実は、2月から依然として続く金欠状態は留まるところを知らず(母親にチューチュー吸われているのが大きい)、昼食ははなまるうどんの150円のかけうどん・小で済ませることもしばしば。それも通り越して、最低最悪の58円カップ麺まで落とそうか、そんな状況すら目の前にやってきそうで怖い。
ただ、今回、転職することで少なくとも「吸われる金員+自分の出費<身入り」になりそうなので、それが安定化する夏を越えるまでが勝負となりそうである。

さて、そんな状況下だから、ほどほどに安いカップ麺を見つけると脊椎反射、なのだが、今回、どうも「まぁた単独コラボ商品ですかぁ」といえる日清謹製のカップ麺を見つけたので即ゲット、早速実食する。

醤油と味噌が並んでいたのだが、当方は迷いつつも「味噌」を選択する。
今までも当方の試食記では「味噌が一番難しい味付けである」ということを言いまくっているのだが、98円(税別)でできる、しかも具材に力を入れているってどうなんだろう、という部分があって、むしろ「どーせハズレだろう」と高をくくっていたという部分ははっきり言ってあった。
ところが、である。
ふたを開けてみて驚いた。まさしく看板に偽りなし。こだわり具材の筆頭である、炙りチャーシューが想像以上の個数入っていたのである。まずこの時点で一応勝負あった、である。
だが、好事魔多し。麺のへなへなぶりに「まあ、そりゃそうなるよね」という感じを大きくする。麺がそんなだから、せっかくの味噌味スープが引き立つはずもなく、アンバランス感が半端ない。
98円クラスで、ここまでの味付けができるところが、日清の底力であり、大量一括生産で原価も押さえられる、イオンとの協業ができている成果の一つといえる。

麺がもっとレベルが高ければ、自社定番にしてもいいくらい。よもやの100円クラスでここまでの製品が食べられるとは思ってもみなかった。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  8.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  +1.0    合計   23.5/30     格付け   A(いい意味で裏切られた)

2017.5.22 初夏の店舗訪問 番外編 イオン甲子園店

いよいよ閉鎖、というアナウンスが聞こえてきているイオン甲子園店(旧ダイエー当時の店コードは0633)。

やはりダイエー発祥(正確には、プランタン甲子園→直営化/ダイエーに名称変更)な店舗なだけに、去就は見ものである。

記事作成時点ではこの話は出てきていなかった。

番外編、ということで初イオン店の店舗訪問となる。
尚、番外編と銘打っているように、「定番化」することは考えていない。
→社長の発言に関する当方のスタンスは後ほど発表します。

駅から降り立ち、全景を収めようと、バスターミナル側から一枚。
A甲子園170522

近づいてみるが、閉鎖に関わるような垂れ幕もかかっていない。
A甲子園170522垂れ幕

入口。おっそろしく通常営業にしか見えない。
A甲子園170522入口


というわけで店内に入るのだが…
「閉店」という文言が飾られているのは、専門店の一部だけ。ほかは、例えば『在庫一掃セール』という風に、閉鎖/撤退をイメージさせる表現は控えられている。
地下2階の食料品売り場。さらに驚愕する。垂れ幕らしいものがどこにも見当たらないのだ。
であるにもかかわらず、棚の中はすっかすか。
→一例。
A甲子園170522店内

この時点で、店舗の存続はなさそうと判断して、発注せず棚を埋めない方向にしていたのがうかがえる。残す、と判明してからの当店の食品売り場の変遷はどうなっているのかは見ものである。

一応購入もした(竹新のお菓子を見つけたので脊髄反射)ので、データは載せておく。
【店舗訪問データ】
 店舗名  イオン 甲子園店    店コード  79D0633(イオンHP上の店コード)
 購入品  袋お菓子3点       購入金額   486円

2017.5.3 大阪市営地下鉄沿線店舗訪問 FSS東三国店


にほんブログ村

本日最後の店舗周りは、意外にも直近で3度も訪れている東三国店(0807)である。

ワンフロアですべてが完結する、異例な店舗。なにより、改装前は、軽衣料などもおおっびろげに扱っており、ワンフロアならではと言える半面、食品の構成比率はやや少なめに見えた。
そこをドラスティックに改装。しかも、「Food Style Store」化しているというではないか!

そう思って、ダイエーのHPに飛んでみると、ここ最近、改装した店舗がほぼFSSを名乗っている。一番驚いたのは、今や最古参の部類に入るといっていい四条畷店(0228)のFSS化。これには肝を冷やした。
調べてみると、大阪の店舗で数軒FSSを名乗っている店舗がある(上記以外で上穂積/西中島)。多層階な四条畷の展開ぶりは注目してみたいところだ(ほかはどれもワンフロア)。

ともあれ、改装後の実力とやらを調べに行く。
惣菜がメインとなる、東側の入り口から入店。さっそくばら売りにご対面だが、ショーケースの中に入っていて、意外に衛生的に感じられた。ほかの店ではむき出しが当たり前。まあすぐに取り上げられる部分は否定しないが、安心安全を謳うならこれくらいの保護はあってもしかるべし。
パン売り場には、インストアベーカリーのパンも陳列しての多面展開。商品を知ってもらうことも重要だ。
ワイン系は今までのFSSの中では抑え気味。それでも生ハム・チーズなどの関連食材の手配に抜かりはない。

まあそれ以外は、ダイエーと何ら変わることのない品ぞろえ。
衣料などがなくなった分は、イートインに割かれているが、ここまで大規模に座席を設定する必要があったのか…金を生まないどころか、無料充電スポット化しかねない状況で、これが吉と出るとは考えにくい。

もちろん、神戸三宮(0622)ほど品ぞろえ重視で、も土台無理な話。まだ改装して日も浅いこともあり、手探り状態なのだろうと感じた。多店舗展開の始まったFSS。この新業態が定着するのか、見ものだ。
FSS東三国01

FSS東三国02


 訪問店舗データ
 店舗名   東三国店(フードスタイルストア改装)   店コード   0807
 購入品   パン2点ほか計4点             購入金額  449円
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ