多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

カップ

即席麺試食記(328) リニューアルの成果は? マルちゃん正麺カップ 芳醇コク醤油


にほんブログ村

袋めんに一大センセーションを巻き起こし、見事、トップブランドに就任した趣のある「正麺」。
→塩味バージョンを上梓。「嘘だと思ったら食べてください」が効いている。

登場当初は、品切れの連続。この麺質に感化されて、他社も袋めんで対抗製品を打ち出したが、結局王者しか生き残っていない。

しかし・・・満を持して、というより、製品化が遅れに遅れたカップ麺の方は、というと、大ヒットするでなし、かといって外れるでもなし。棚は何とか保持しているわけだから、そこそこに売れてはいるのだろう。
でも、試食記200タイトル目に指名して食べては見たものの、ぼんやりとした印象しか残っていない。何しろ、麺のほぐれ具合が半端なく悪かったからだ。→当方の200タイトル目試食記はこちら。

その後何度かリニューアルしていることは知っていたのだが、やはりハズレを一度引いているものからすれば、「またやらかす」ことを半ば容認して籠の中に入れないといけない。もっとも、今回は、3点500円=税込540円/一個当たり180円でゲットできているので、価格補正も期待できる。

さて実食。
前回同様、100度近い沸騰したお湯で戻し開始。調理等に必要な時間を勘案して4分強でふたを開ける。果たして今回は…
うん。前回のごわごわとした印象はかなり軽減され、すっきり、とまでの劇的変化はなかったが、明らかにほぐれはよくなっている。これでかなり勝負あり、といった感。
麺自体も、「これなら正麺カップと謳えますわ」といえるほどの再現度で迫ってくる。歯ごたえ、質感。前作を大幅に上回り、高評価とできる。
スープは、ややくどいくらいの脂分がしつこさを出してしまい、ややマイナス要素。でも、全体像としてはそこまで減点するには至らず。
具材は、ねぎの大量ぶりと、重ね肉風のチャーシューはよく頑張った方。ノリの風味も侮れない。

だが・・・
同じような値段出すなら、私はヤマダイ製品(凄麺)にする。麺が一定の進化を遂げたのはわかっていたし、それも含めてここまでの出来・評価は当然。でも、麺が取り柄でほかがもう一つなら、他にも手を抜いていない、コスパ上等のヤマダイ製品に手が伸びてしまう。私が中高額系のカップに余り手出ししないのはそういう理由があるからである。
結論を言うと、「うまくなったな、正麺カップ」というレベルでしかなく、感動まで呼び起こすには至らない。

 購入店舗   イズミヤ 西宮ガーデンズ店
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 23.5/30
 価格補正  +0.5     合計   24.0/30     格付け   A(ようやくここまで)

即席麺試食記(271) タイムスリップできる 日清出前一丁 カップ


にほんブログ村

日清食品の「出前一丁」と言えば、当方が幼少期には、はっきり言って「狂ったように」という表現がぴったりくるほど、こればっかり食していた。
ところが、実際大人になって、食べてみると(本当に10数年ぶりの実食だった)、その案外さに「あの熱狂していた時代は何だったのか」を感じ取ってしまうほど、がっかりしたのを覚えている。→その実食記がこちら。

安売りの目玉になってしまっているカップ麺の数々。8月中旬にも105円(税込)シリーズの商品をいくつか買い込んだわけだが、この中の一つが「出前一丁」のカップ麺である。

ふたを取ると、潤沢とまではいかないものの、ワンタンの数は十分折り合いが付きそうな量。メインはこれだけでもあるが、少しだけ期待。
スープ/お湯を投入、仕上げにごまラー油を投入して食べ始める。

麺は言わずもがな、の丸断面/やや伸び耐性のない昔ながらの製法にこだわっているかのような麺。ただ、黄色化はしておらず、この部分でも往年の麺とは格段にレベルが上がっている。それにカップ麺仕様だからか、やや細く感じた。
スープは、一口口に含んで、「あぁぁ、昭和ゃぁ」と嘆息したほどの再現力で魅了する。出前一丁を知らない層にはどう映るかは気になるところだが、それでも、やや雑味を感じるスープなど、最近の格段の進歩とは一線を画して、ブランドに忠実に製品化している。
具材のワンタンもふやけてみると思った以上に入っているように感じた。食べ応えもそこそこあり、ワンタンだけ取ってみても、あの、番組コラボ麺と比べるのもおこがましい。

前回の同一メーカーの製品にはほぼ「失格」に近い評価を下した。それは、具材でしか表現できない華やかさを見事に裏切ったからであり、製品自体としても、そもそもがチキンラーメンであり、上位に位置することは土台無理な相談でもある。
しかし、出前一丁カップは、袋めんを食べているような錯覚にとらわれるのみならず、具材で差別化を図ることができている。
そう。基本コンセプトが固まっている袋めんのカップ化は、具材こそが唯一のアクセントでもあり、そこをどう取り扱うかでしか評価しようがないのである。そして、出前一丁ではそれがプラスに働いたとみる。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 21.0/30
 価格補正  +0.5      合計   21.5/30     格付け   B+(懐かしさマックスw)

即席「飯」試食記w 新製品はヤッパリ試さないと 日清 カップカレーライス中辛

当方、あたらし物好きである。
「新商品」と聞くと、自分のカテゴリーの中で「試さないと」と思えるものはよほど高価でない限り買って試さないと気がすまない。

なので、今までカップめんの試食記でも新商品の比率が高かったのはそういうことか、と思っていただけると思う。何しろ、そういう新商品と思しきものは、すぐに棚から消える運命にあるからである。「残らない」から「買わないといけない」。そういう回路が出来上がっている。

しかし、「新たなカテゴリー」には、どうしてもチャレンジするのに二の足を踏む。「ハズレだったらどうしよう・・・」これである。現に、カップヌードルご飯もでていることは知っていたが、あえて手出ししていない。
とはいえ「味も想起でき、意外にうまいかもと思える」ならどうか・・・。ラーメンとは一線を画した「カレーライス」ならハズレは起こすまい。思った瞬間、この新商品は、かごの中に入っていた。

わくわくしながら蓋を開ける。入っていたのは、ちょうど炊いたご飯が、乾燥してしまいカラカラになった状態のご飯に、カレーのルーがちらほら。これで本当にカレーライスになんの?と思いつつ、水を入れて、指定どおりに調理。

いざ食べ始める。
問題はやはりご飯。とは言うものの、米粒を水→電子レンジで戻すやり方なので、芯というか、かたさが残って当たり前である。もう少し完成度というか、調理法にバラつきがあってもおいしくできるような工夫があると安心だ。
カレーのルーは、ちょっと量が過剰にすら感じられた。残念なことにルーとライスが渾然一体となって出来上がるので(こればっかりは仕様なのでどうしようもない)、特にそう感じてしまうのかもしれないが、やはりご飯はもう少しほしいところだ。

結論を言うと、特売価格・198円で食べられるカレーライスとしては、及第点である。いや、むしろカップめんよりすごいことだと思う。ただ、製品を掛け値なしで評価するとなると、ライスとルーの比率に問題があるし、又一食分としては少々物足りない。具材もあまりに小さくて存在感もない。レトルトカレーが100円前後/レンジご飯もほぼ同価格で売られている今日、一撃で調理できるくらいしか利点が見当たらない。

かといって、価格帯を上げて豪華にする理由も見当たらない。今後レンジDEご飯系の商品は次々出てくるだろうが、だれもやらなかったところに手を出す「進取の気性」は日清ならではだと思う。アッとは驚かなかったが、次には期待したいところである。<今回の評価 ライス B+ ルー B+ 量 B   総合 81点>
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ