17時スタートの「亀さんと語る会」は、きっちり2時間で終了となった。
当方的には、ひっさしぶりにしゃべったこともあって、かなりのども乾いていた(普段のカラオケ10時間フリータイムノンストップでのど枯れないのに、翌日少しのどの調子悪かったから、やっぱりしゃべりと歌唱では使っている声帯の筋肉が違うのかな)。

来る前にも名残の阪急そばを食していたこともあるのだが、ホワイティからそのままの延長でスナックパークに立ち寄る。

当初は旨訶ラーメン一択、と思っていたのだが、入ってすぐのカドヤ食堂が目に入る。
そう。同じ店で食べても記録になりづらい。新規開拓、となって、ドノーマルの中華そば 500円なりを喫食。

旨訶ラーメンでは感じにくい、スープの味付けは、やはり名店をほうふつとさせる。なかなかの煮込みチャーシューの味付けといい、メンマといい。コショウがそんなに効かないレベルのスープなので、実際旨かった。
麺は、棒ラーメンをほうふつとさせながらも、生めん。しかし、普通ゆでだったこともあり、歯ごたえや食感はスポイルされてしまっていた。
そうすべてに高得点のあげられる、廉価版のラーメンはそうそうあるものではない。ましてや出店に近いテナントでは本気を出せるはずもない。
その部分は若干下駄を履かせないといけないなとは感じている。

麺  3.8/5  スープ  4.2/5  具材  3.9/5    総合評価 88点
食べログの記事はこちら