多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ガールズアンドパンツァー

新規劇場開拓込み 2021.4.25 「ガールズアンドパンツァー 最終章第3話」鑑賞記

おそらく、関西2府1県に緊急事態宣言が出ていなければ、姫路で映画、という選択は到底思い浮かばなかっただろう。
映画館自体が「目的地」であり、そこに向かう人流を止めたいからこその休業要請なのだが、所詮要請であり、守らなくても罰則はない。実は、ここが大きなポイントで、「お国が声掛けすればみんな従ってくれる」という甘えに立地しているものだから、強制力がそもそもない。
それでも守っているのは、イメージを大事にするから。業界ならではの横並び、「抜け駆けはよくない」というところが大きかろう。
だから、独立系で、それなりの規模のロードショーをかけられている、アースシネマ姫路の存在感が日曜日に開いている唯一のシネコン、ということで脚光を浴びることになった。
とはいうものの、日曜日からの緊急事態宣言で、対応できなかったことを理由に営業していた、というのが実態で、残念ながら、4/26(月)からはアースシネマも自粛することに決まったようである(店舗等には告知なかったのだが、多分、関西各地から小旅行気分でやってこられたらかなわない、という点と、火事場泥棒よろしく一手に引き受けることも難しい、と判断したからではないだろうか?尚、休館要請基準は大きく満たしているので、今日やっていたことの方が疑問なのだが?→休館告知はこちら)

兵庫県内で営業しているのは、最大手がアースシネマであり、あとは単館営業の小館しかない。パルシネマにシネマ神戸、元町映画館は、いずれも小品ばかり。シネピピアが「すばらしき世界」をかけていたのでもう一度、と思ったものの、リピートするなら、ガルパンか、と思い立って昼中回に間に合うように動く。
姫路駅も大した混雑もなく、ここに来たら必ず食す「えきそば」に舌鼓を打ってから現地に向かう。4階のロビーに到着したとき、ただならぬ雰囲気を感じ取ったのだ。
先週金曜日公開の「るろうに剣心」、4/16公開の「名探偵コナン 緋色の弾丸」をメインにしているのだが、そのいずれもがほどほどに入っていて、そこそこに待機客もいるのだ。これは想定外だった。
そしてガルパンの入場。これがまた、予告終了までかなりの数入ってくる。ざっくり40人以上、男性の圧倒的優位で40代前半を平均と見た。
一応当該スクリーンは、9.1CHを標榜している、音響に特化したことを謳っているのだが、いかんせん、箱の方が大きすぎて、突き刺さる感じがしたところは数カ所にとどまる。こういうとき、「塚口サンサン劇場」が一種のベンチマークになってしまっているから、それほどに感じなくても当然だ。
まあ、この第3話は、順当に勝ち進んでいくライバルと、一度も手合わせしたことのない継続高校の不気味さがクローズアップされるわけだが、だからこそ、4話につながるあのラストシーンは衝撃でもあるのだ。
音がよくなったからといって大きく評価を上げることにはつながらない。だが、それ相応に満足できることも事実である。

知波単との決戦やいかに?! 「ガールズアンドパンツァー 最終章第三話」鑑賞記

前作最終章第二話の公開日は、2019年の6月。
と書いて、びっくりしている。
この短時間のアニメーション映画のために、実に2年近くも費やしてしまっているのだ。

このシリーズの映画評を始める前に、言いたいことは、ただ一つ。
「もっと早く送り出せないものか」という点だ。
こんなことを言っては何だが、大作級(100分以上)であっても「君縄」→「天気」でほぼ3年だ。そして、それだけの時間がかかっている成果物の圧倒される筆致を見せられたら、我々はぐうの音も出せなくなる。
ところがこのシリーズはどうか?ファンが必死に食らいついてくれているから命脈が保たれているのであり、第一話 2017年/第二話 2019年/第三話 2021年となると、最後の6話に到達するのは早くて2027年だ。オリンピックは当然として、大阪万博すら終わっている。
このアニメーションシリーズが時間がかかりすぎている背景には「圧倒的な資金力とマンパワーの欠如」があると思う。正味時間45分弱、いくら映画のクオリティーであるとはいっても2年近くはかかりすぎである。
我々のお布施が足りない、ということもない。実際、いつでも10億近くは確実に売り上げ、次回作への資金源にもなっている。とにかく、スピードが命であるべきシリーズものが間延びしてしまっている現状は打破しないといけないと思う。

と、映画そのものに関する内容より愚痴の方が多くなってしまうほど、第3話は、評価するべき点があまり多くない。大洗vs知波単をメインで書く前半は、知波単の作戦のわかりづらさが物語への没入を妨げる。突撃しか能のなかった西隊長はじめ、退却もまた一戦法と知った、成長ぶりを拝見したかったのに、がっぷり四つでない知波単はやはりスキル面で難があったということなのだろうか?
特に知波単戦のラストはあまりにあっけなさすぎる。フラッグ戦であることをどのタイミングで忘れてしまったのかはわかりづらいのだが、西住車を撃破して大喜びする単純さにかの学校の詰めの甘さが垣間見えてしまう。
ほかの準決出場チームの選考試合も、終わってみれば、黒森峰、聖グロリアーナが順当に残る。そして大洗の準決の相手は、よもやの継続だった。

得点は、ラストシーンの衝撃はあっても、やはり「中だるみ」は否めず91点どまりとなった。
そう。6話のうちの半分が終わったのだ、ようやく。ストーリーの醸成ぶりが難しくなっている戦闘シーンばかりになったところも大きいし、なんといってもこの作品シリーズでは初の事態が第4話でどう展開するのか、というところでエンディングとなる。
私的には、継続の戦力が未知数であることも含めて、第4話にはかなり期待するところではあるし、なんといっても当方一押しである能登麻美子演じるミカの冷徹ぶりが大洗をどう翻弄するのかは見ものである。
2023年。生きていれば第4話は見たいものだ。

2019.10.14 TOHOサービスデー大はしご大会(1) これを見に来た ガールズアンドパンツァー 最終章MX4D版

4DXの「天気の子」はほどほどに濡れ、かなりのグワングワンぶりで満足度も高かった。
その一方、東宝の独自規格ともいえるMX4Dは、様々な事前評でそれほどでもない、という感覚を得る。

一応、スクリーン独自規格(ULTIRAなど)までは追いきれていないが、公式で発表されている、特別バージョンも、残すところそのMX4Dのみ。13日に突撃を敢行しようと思ったが、疲れて2時過ぎまで寝てしまい、翌日に延期。
だが、14日であることに気が付いて、狂喜乱舞する。TOHOで見れば1900円→1200円。この700円は、複数本見る当方にしてみれば恐ろしくありがたい"援護射撃"だ。さっそくスケジューリング。最寄りの西宮OSはしっくりこない並びになったが、なんばで組むと、あら不思議。8:40スタートで早起き必至だが、終わりは15時過ぎ。願ってもないスケジューリングだった。

6時40分少し前に自宅出発、大阪難波には7時50分手前に到着。おそらく日本一=宇宙一安い立ち食いそば店で朝食。
さあ、と劇場に向かうと、「パチ屋か?!」と見まがうレベルの並びが出来上がっている。当日買いを検討していた私ゆえ、「埋まりはしないか」と戦々恐々とする。もらった整理券は34番。もちろん、朝イチのほかの映画に流れることもあるので、「この番手ならなんとか滑り込めるな」を確信。
8Fへの入場が始まるが、朝イチジョーカーなど、大作目当ての人でロビーはごった返す。券売機も、席を指定しきれないおっさんのせいで当方の並んだ列は遅々として進まず。まあ、それでも競争率の高いMX4D2作品をまずはゲット。合間に挟む「空の青さを知る人よ」はいったん並び直しての購入にした。

さて、3連チャンアニメーション映画。トッパシは、ガルパン最終章のMX4D版だ。
評価は97点。とはいえ、普通の映画とは土俵が違いすぎるので、これもランキングには絡めないでおく。
言わずもがな、この作品・テーマこそ4DX系が生きる素材である。戦車道という、擬似戦闘ながら、実際の戦車が轟音響かせてフィールドを駆け回る。実際には一騎打ちなどとということは発生しようもなかっただろうが(今の機動力の高い車同士の戦いに似せている演出効果)、そう言ったところも余すところなく見せる。操縦しているかのような見せ方をあえてすることで臨場感を高めたり、それでいて乗員は死どころかケガもほとんどしない。
アニメーションだからできることをこれほどてんこ盛りにして、ほぼ100%女子しか出ないというアゲインストもありながら、ストーリーは展開していく。いまだにガルパンおじさんという、熱狂的な支持を得続けているのは、やはり作品力だろう。
最終章第一話のオープニングは衝撃的だった。木製の橋の上で砲撃にさらされる大洗。まさに絶体絶命のピンチがそこにあった。そこからの脱出が一話の主題だったわけだが、一話と二話をどうつなげるのかは見ものだったのだが……あーらすんなり。
知波単の西隊長の一言でまたしても涙腺が緩んでしまう。彼女にそうさせたのは、「勝つ」ことの崇高さは自分たちの理念をも上回るからだと悟ったからだと思う。
二話まとめて1900円(今日TOHOで見たから1200円♪)+追加1200円は、確かにお高いエンタメだ。だが、唯一の体験ができるアトラクションと考えれば、それほど高くも感じない。そう思える金銭感覚。いやはや、転職して良かったww
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ