多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

グルメシティ

2018.11.23 京都惜別シリーズ(2) GC西大路店

京都にいる…実は、天王寺と天秤にかけたことがある。
それは、この日が「えちてつ物語」の封切日であり、近畿圏で私が無理なく行ける劇場はあべのアポロシネマ以外になかった。

ところが、京都に行かなくてはいけない店舗が出現したことで、俄然予定が狂う。「ああ、あべのまでは足が延ばせない・・・」
だが、捨てる神あれば拾う神。まさにいい時間帯に「若おかみは小学生! 」をやっているのが、あの出町座だったのだ。

14:25からの回に間に合うべくスケジューリング。いまからあえて山科に突撃しなくても、途上にあるGC西大路は寄ることはできる。
そうと決まったら、来たバスに乗り、至近停留所で降りるだけ。別に閉鎖の浮き目にも合いそうもない、でも昼下がりで食事需要もうまく取り込めていない閑散とした店舗に少しだけ背筋が寒くなる。

GC西大路01


GC西大路02


【店舗訪問記録】
店舗名 グルメシティ 西大路店            店コード   0828
購入品 ポケット菓子など2点             購入金額   154円

2018.11.23 京都惜別シリーズ(1) よもやのこの場所 GC九条東寺

9時グランドオープンのAFS川西(0279)を1時間程度で終える。
実は、社長である近澤氏は、店内でのエンカウントはもとより、お帰りになるその瞬間を激写してしまったりしていた。もちろん、当方の秘蔵写真にする予定である(ちなみにツイにはそれと知らずに載せてしまっているが、放置w→どこが秘蔵なのか、と。)。

かくして川西の牙城は、軍門に下ったりとはいえ、直営店コードを維持でき、何とか命脈は保たれた。だが、京都は今年で一気に2店舗も減る事態に見舞われる。たしかに山陽マルナカの店舗やら、光洋の店舗を譲受するとはいっても、それは再編の結果の「棚ぼた」でしかない。自社で作った店舗が刀折れ、矢尽き、斃れていくさまは、dウォッチャーとしてもみるに堪えない。

10月末に、西武庫店(0221)の逝去を何もせずに見送った当方としては、京都で消えゆく店舗については何らかの記録をとどめておく必要があるのでは、という気持ちにさせられる。
川西能勢口から十三まで。急行を捕まえられたせいもあるが、これで、ホームを移動せず、京都・河原町行きの特急に乗車できる。
立ちっぱなしでも、実際仕事の状態は座ることなど休憩の時くらい。別に疲れることもなく烏丸まで乗り通す。地下鉄で九条まで。ここからバスもありえたが(いい古都チケットは、京都市内の市営交通が乗り放題)、敢えて歩きで店舗まで向かう。
道々、川西で買った100円パンを食べながら、11時半過ぎに店舗に到着。すでに黄色ののぼりやら、閉店のお知らせなどがあちらこちらに掲示されている。
GC九条東寺181123_01


GC九条東寺181123_02

GC九条東寺181123_03


ここは1階が駐車場や散髪屋など、2階からが店舗となっている変わり種。2階から、ということで言えば、核店舗ながら地権者が1Fに陣取っている六甲道(0255)の例があるが、ここもそういう経緯があるのかもしれない。

3階では恒例の売り尽くし中。まだ日にちもある(12/31が最終日)のでいまいち盛り上がっていない。
ここでは3階で名残の100均商品と缶コーヒーを購入したのみ。

【店舗訪問記録】
店舗名 グルメシティ 九条東寺店           店コード   0802
購入品 3階 100均商品1点 2階 缶コーヒー2点  購入金額    計254円

2018.4.6 ブログ掲載コンプリート店舗訪問(3) GC光が丘店

訪問済みながら、ブログにしたためていないことをなくそうとするのが今回の目的だったわけだが、実際、今までの店舗も、電車のみでは行きにくい場所にある。
草加(0756)こそ、東武草加駅からは近いが、東武を利用しないといけない。武蔵村山(0698)の場合は、何とか西武を利用すれば至近駅まではいけるが、そこからのシャトルバスなどの運行も気になる。
そして純粋に車でないといけない場所にある店舗も存在する。例えば津久井店(0755)なんか、バスで行こうと思ったら、のけぞるほど時間がかかる。関西も、駅近がメインと思われがちだが、桂南(0661)や上桂(0826)などは車での来店をメインにしているかのようである。 西武庫店(0221)や尼崎大庄(0718)などは地元民御用達でいいという内容なので、ほかの地域からの来店を無視したかのような位置にあっても、それで事足りるとの考えがある。

神奈川県内にも、そういう店舗は存在する。前回、雄大な時間つぶしの一環として名を上げたGC淵野辺本町(0548)も、車で乗りつけた方がよかった店舗である。
そして、淵野辺本町と半ばアベック・コンビのように扱われるのが、ここGC光が丘店(0540)である。理由は、至近距離に両店が位置していることにある。

武蔵村山から当店をナビで設定する。この際「ダイエー光が丘」と設定したのが運の尽きだった。なんの気なしに出てきた候補には「ダイエー光が丘店」はなかったのだが、「まあそこだろう」とばかりに設定。
しばらく車を走らせるのだが、元来た道を戻っているような感覚にとらわれる。そう。実はダイエー光が丘と設定すると、旧の練馬店(0586)=光が丘IMA内に店舗がある そこを設定してしまっていたのだ。
気がついたのが武蔵村山を出て30分くらいたったころ。踵を返すが、当初予定していた時間とは大幅にずれる。
それでも3時前には何とか到着し胸をなでおろす。
GC光が丘01

GC光が丘02

久し振りに見つけられた"金看板"。
GC光が丘03

トイレの中では「いつの時代のエプロンだよ」という制服姿のお嬢さんに微笑まれる。ちなみに「じゃあいつだよ」という問いには、私が学生時代、出屋敷店(0407)でレジ担当をしていた時=90年代初頭のデザインであることは間違いない(いつから、とかいつまで、とかは知らない)。
GC光が丘04


かくして、既存店(開店予定の東向日店を除く)すべてをブログ上で網羅することができた。特に後半2店舗は、2011年以来の訪問。ちょっと忘れていた感覚が甦ったから、よかったともいえる。
またぞろ屋号消失問題が噴出し始めているようだが、記録は当方がこの世を去っても残り続ける。いい感じに発表できたのは幸いである。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ