多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

コラボ

即席麺試食記(370) 久しぶりの投稿 日清 こだわり具材の味噌ラーメン


にほんブログ村

実は、2月から依然として続く金欠状態は留まるところを知らず(母親にチューチュー吸われているのが大きい)、昼食ははなまるうどんの150円のかけうどん・小で済ませることもしばしば。それも通り越して、最低最悪の58円カップ麺まで落とそうか、そんな状況すら目の前にやってきそうで怖い。
ただ、今回、転職することで少なくとも「吸われる金員+自分の出費<身入り」になりそうなので、それが安定化する夏を越えるまでが勝負となりそうである。

さて、そんな状況下だから、ほどほどに安いカップ麺を見つけると脊椎反射、なのだが、今回、どうも「まぁた単独コラボ商品ですかぁ」といえる日清謹製のカップ麺を見つけたので即ゲット、早速実食する。

醤油と味噌が並んでいたのだが、当方は迷いつつも「味噌」を選択する。
今までも当方の試食記では「味噌が一番難しい味付けである」ということを言いまくっているのだが、98円(税別)でできる、しかも具材に力を入れているってどうなんだろう、という部分があって、むしろ「どーせハズレだろう」と高をくくっていたという部分ははっきり言ってあった。
ところが、である。
ふたを開けてみて驚いた。まさしく看板に偽りなし。こだわり具材の筆頭である、炙りチャーシューが想像以上の個数入っていたのである。まずこの時点で一応勝負あった、である。
だが、好事魔多し。麺のへなへなぶりに「まあ、そりゃそうなるよね」という感じを大きくする。麺がそんなだから、せっかくの味噌味スープが引き立つはずもなく、アンバランス感が半端ない。
98円クラスで、ここまでの味付けができるところが、日清の底力であり、大量一括生産で原価も押さえられる、イオンとの協業ができている成果の一つといえる。

麺がもっとレベルが高ければ、自社定番にしてもいいくらい。よもやの100円クラスでここまでの製品が食べられるとは思ってもみなかった。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  8.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  +1.0    合計   23.5/30     格付け   A(いい意味で裏切られた)

即席麺試食記(325) 店の味なのかと問われると 日清 白樺山荘 辛口みそラーメン


にほんブログ村

以前から言っているように、みそラーメンの調味は、カップ麺であれ実際のラーメン店であれ、かなり難しい。それは、ベースのスープにもよるものだが、肝心の味噌にこそ原因があると思っている。
甘すぎる=白みそ分が多いと、つまらない味になってしまうし、逆に赤みそが多いと、スープの見た目も塩辛さも半端なくなる。もちろん、振り切った店舗というものも見てみたい気がするのだが、かようなわけで、みそラーメンは、ラーメン界の中でも難しい一品だといっておきたい。

そんな中にあって、日清が手掛けた北海道の有名店舗とのコラボ。ほほう、と思って日清のHPをまさぐるが…まさかの情報なし?!
仕方ないので他のラーメン試食ブロガーの記事を見てみる。すると、いろいろと食べておられる方もいるのだが…またぞろ、企業企画の製品ですか…

これはこれで具合が悪いのではないか、とも思うのである。何しろ、メーカーJANは日清。なのに情報が載っていないというのはちょっとまずいようにも感じるのである。
試食を終えてブログを書く段階でのこの情報があって初めて、いろいろと考察できる部分も出てくるのに…これがないとなんか中途半端である。

泣きごとを言っても始まらないので、さっさと本題に入る。
結論から言うと、「辛さが前面に出てき過ぎで、みそらしさがスポイルされている」ということになる。もちろん、辛口とうたっているわけだし、それが十分主張しないと製品に偽りあり、となるところだが、いい意味でセオリー通り、悪く言えば過剰な感じは否めない。
かといって「ハズレ」でないことも事実。麺は太めの扁平ながら縮れ麺を持ってきた。スープを受け止めるこの麺の選択は大正解。具材も、実際の店舗でも入っているであろう、キクラゲがいいアクセントになっている。
夏場に食べるには、スパイシーでなかなかいい汗も出せる。大型カップにしてあるのも、納得の出来である。
激うま/リピーターにまで成ることは無いが、有名店コラボとしては、当たりの部類に入るだろう。

 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   スープ   8.0/10    具材  8.0/10    総合計 24.5/30
 価格補正  なし     合計   24.5/30     格付け   A+(喫食には耐えられる)

即席麺試食記(306) 相変わらず エースコック スーパーカップ Coco壱番屋コラボ 魚介カレーラーメン


にほんブログ村

エースコックの屋台骨を支えているのは、はっきり言って、他社の出しているような、麺質改善型の製品ではない。泥臭くも昭和を感じさせる「わかめラーメン」シリーズであり、「スーパーカップ」シリーズである。
麺の量が多いことで、そこそこに満腹感を演出できるからこそ出番があるのであって、ここがまともに味にまでこだわり始めると、途端に迷走し始めるから面白い。
本当のことを言うと、ここにはもっともっと頑張って、牙城・日清を脅かしてもらいたいのだが、今回のこの製品を食して「まだまだ道半ば」を感じずにはいられない。

毎度おなじみのCoco壱番屋とのコラボ製品。春夏はラーメンで、秋冬はラーメン+うどん、と住み分けはできているが、同じようなラインアップで食傷気味である。
で今年は「野菜カレーラーメン」と「魚介カレーラーメン」なのだそうだ。→製品HPはこちら
二つ並んでいたので両方買うという選択肢もあったが、あえてここは魚介の方を選択。
だが・・・具材は「イカ焼きそば」で見たことのあるようなイカのかけらに、カニカマ風かまぼこ/卵/ねぎと、まあ貧弱そのもの。せめてイカだけじゃなく海老ぐらい入れとけよ、と言いたくなった。

いざ実食。
だが、ここでも、「めっちゃうまい」とまで持ち上げるには及ばない、物足りなさを感じる。スープの辛さ加減が中途半端なのだ。だからトビ辛を入れるわけだが、入れてもさほど変わらない。複雑でいろいろなうまみが入っているようにも感じず、通り一遍。HPで謳われていた、「ホタテやイカ等の魚介の旨みを利かせたカレースープ」(抜粋)も実現しているとは到底感じられなかった。
麺もまあまあレベルで取り立てて凄いとも感じず。

大外れではないが、大当たりでは決してない。一種の安定感の現出といえば聞こえはいいが、進歩がない、という言い方もできる。突き抜けた何かがないといつまでたってもこんな調子なのだろう。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ   7.0/10    具材  7.0/10    総合計 21.5/30
 価格補正  なし     合計   21.5/30     格付け   B(可もなく不可もなく)

月別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ