多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

サンヨー

即席麺試食記(359) 具材が…サンヨー食品 100時間カレーB&R 欧風カレーラーメン


にほんブログ村

遂に、私の母が音を上げた。
やっていた居酒屋的な店舗を閉めたのだった。御年78。今の寿命からするとまだ生きていられるとは思いたいが、自身の"終活"をしたいと思い立ったのかもしれない。
だが、それは私の食事処としての場所を失うのと同意義である。夕飯は、何かにつけて店舗で賄い同様に食べるのが日課だった私にとって、このサイクルが壊れることが多いに不安である。

そんなわけで、GWから即席麺を食べるペースも上がってくると思う。今までは、勤務先で食べていても、新規にレビュー対象商品自体を買わないで定番系で済ませていたので、先月は結局ゼロ。回数自体も減っていたわけだが、それはそれでいい傾向なのかもしれない。

コンビニで見つけた、縦型カップの製品。カレー専門店がカレーラーメンを出しているわけではないが、即席めんメーカーとコラボしたらどうなるか…コンセプトはそこにあった。
ふたに張り付けてあるスパイスを振りかけて実食。

値打ちをこいているスープの方だが、これがなかなかにいい味を出している。もちろん店舗で出している100時間カレーを使っているわけではない。だいたい、ラーメン向けに作っているわけでもない。
麺は、しっかりとした太麺。もう少し細めでもよかったか、と思ったが、エキス分たっぷりのカレースープに見合う麺質のリサーチでこれに決定したのだろう。ここまではよかったのだが…
具材が(´・ω・`)(´・ω・`)と、2個入れてしまいたくなるレベルでがっかりする。ねぎとにんじんだけ...大量に浮かぶほどの量でもなく、スープに埋没してしまう。カレーに付き物のジャガイモもなく、肉系など・・・

スープの芳醇度合いと具材のわびしさ。スープに価格のかなりの部分が持っていかれていることが如実にわかる。悪い実食ではなかったが、次はなかなか考えにくい。

 購入店 ローソン 某店
 麺    8.0/10   スープ   8.5/10    具材  6.5/10    総合計 23.0/30
 価格補正  −0.5   合計   22.5/30     格付け   B‐(次手に取ることはない)

即席麺試食記(355) 何か違う サンヨー 創味のつゆ使用 きつねうどん


にほんブログ村

別商品でもある、小海老天そばは高得点になっていたのだが、本製品を食べながら思うことは、「あの創味のつゆを使うのに、なんで縦型なのか」という点である。

つゆを味わってもらいたい製品なら、そのものずばり、惜しげもなく使っていっても不思議はない。ところが、カップ側面には、たったの6%使用としか書かれていない。
そこに愕然とした。つまり、94%はオリジナルなのだ。6パーごときで「使いました」と宣言できるとは驚きだし、どうりでそばを食べた時にかつお粉末がカップ側面にびっしりとついていたのか、と改めて確認する。

そうとわかると、うどんバージョンの方も構えて評価せざるを得ない。
麺は、当然幅広であり、それほど特筆すべき点はなし。具材もネギがかなりインパクトあったが、平均止まり。
そしてスープなのだが…甘く濃い。一種きつねうどんだと錯覚しがちだが、やはりだしの色の濃さがあまりよくは思わせない。

日清も東洋水産も、和風麺は東京と関西で味を変えてきている。縦型であり、企画ものという部分を考えると、全国統一で出す味にしては、かなり東京よりにしたのは、少しだけ失敗とみている。
原価に合う割合にしか配合できないのなら、使ってますと堂々と言い切らない方がよかったのではないか…化けの皮の剥がれた実食になってしまった。


 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    7.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし    合計   22.5/30     格付け   B+(濃い感覚がマイナス)

即席麺試食記(353) これもアピール度低い サンヨー 和ラー 博多鶏水炊き風


にほんブログ村

実は、一度食べている今回の味付けの商品。
前回のブログ記事がこちら

製品HPにも、「リニューアル」と銘打たれているのを確認した。→こちら

というわけで、新商品・新規開発ではなかったのだが、すでに私が言い始めている、「疲れが見え始めている(伊勢海老汁風記事より)」ことが浮き彫りになる。3タイプの味に固執するあまり、以前の製品の焼き直しでお茶を濁しているのだ。

それでもリニューアル=改善されているのなら文句は言わない。ところが…驚くべきことにダウングレードと認めざるを得ない事態が訪れていた。
まず具材。ゴロゴロっという感じの鶏つくねは確実に量は半減。粒が小さく見せていたのが余計わびしさを増幅させる。そしてスープ。ウワっという鶏のエキス分が感じられるほどではなく、抑え気味。それがあればこその製品だったのに、一番の売りをかなぐり捨てている。

確かにいいシリーズには成長してきた。今回は再発売にならざるを得なかったのは百歩譲ってもいい。でも、少なくとも旧来の製品の品質を維持してもらわないことには、再発売の意味がない。がっかり過ぎる。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし    合計   22.5/30     格付け   B(リニューアルが裏目)

<参考:前製品の評価>
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  8.0/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし    合計   24.0/30     格付け   A(なじみもある味が奏功)

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ