多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ダイエー浦安駅前店

凸した結果wwwww 浦安駅前店

ダイエーシンパとして、20数年来企業としてのダイエーも追いつつ、「中の人」であり続けることで(それも正社員ではなく、一従業員として)、付かず離れず過ごしてきた。

しかし、さすがに今回の「浦安駅前店」の事象については、腹に据えかねる、というか、ここまで情報をオープンにしないことがデフォルトになってしまっては、今後の新店開店情報獲得にも支障が出る。
だいたい、グランドオープン前のプレオープンが5日間にわたるスタイルは、ダイエーとしてもそうだろうが、ほかのスーパーでも前例がないとみるべきである。例が違うかもしれないが、パチ屋の処女開店でも4日目からは通常営業である。

まあオープン当日の10/23は、反対派とみられる活動家らしい姿は見られず、その点では、当方としても拍子抜けだった。地元民には周知されている情報だけに、ひともんちゃくを期待していたりしたのだが…。それがなかったということは、「手打ち」が秘密裏に取り交わされ、5日間は「まともに営業するな」といった条項が盛り込まれたのではないか、なんて邪推することしきりである。

とまあ、妄想ばっかり膨らませても仕方ない。お昼休みにとうとう、本社に電凸した。

結果なのだが、おおむねこういうことのようである。

 ・プレオープンを5日とっている理由は教えてもらえず(逃げ口上の「諸般の事情により」を使われた)
 ・昨今のオープン情報の掲載の遅さについても質問したが、「以後努力します」で終了。
 ・当然ここまで開店が遅くなったことについても、「諸般(ry)」できっちり逃げられた

正直言って、「何が起こったのか」をしっかり説明できないようでは、完全に終わったとは言いにくい。土壌汚染問題もさることながら、直近の告発に関する続報が一切ないというあたりが疑念を増す結果になっている。ここまで表に出せる情報が欠乏してしまっては、いらぬ噂を立てられないとも限らない。

もうイオン化が目の前だけに、本社サイドとしてはどうでもよくなってしまっている可能性もある、今回の一件。オープンしたんだからいいじゃないか、という空気が電話口からもうかがいしれたところは残念でもあるし、当方としてはむしろ「真実」を追いかけてしまいたくなる衝動に駆られていたりもする。

「浦安サンポ日記」レポに見る浦安駅前店の現状

今回、本当に情報源として助かっている、というか、ここの情報発信がなかったならば、こんなことになっていることまでは窺い知れなかった、浦安駅前店(0761)の現状。

そして、あろうことか、対外的ではなく、地元民限定のオープン初日にブログ主は突撃されていたようで、レポートを上げておられていた。
こちらがそのブログ

イコール、10月23日オープンは間違いなく、ニュースリリース上の10/28とはズレが生じる形にしてしまっていることは、本日にでも本社に凸する予定にしている。

せっかくレポートを上げておられるので、当方も文面を追いつつ、店舗状況を確認してみる。
なんと1階は駐車場が大半を占め、店舗スペースは、パン店の一部だけという珍しい構造。よって店舗面積はそれほど大きくなく、中規模のSMを想定していた当方の想定を覆してくれた。
店舗配置は、最近のダイエーオリジナルといってもいい、惣菜first的なもの。逆に今までならいきなり目に飛び込んできたはずの野菜系は、店舗入り口からは遠い場所に置かれているので、旧来のスーパーに慣れていると戸惑うこと必至である。
面積的に言っても取扱い品群の少なさから言っても、グルメシティ的な要素がある中でダイエーを名乗ったことは、意地のようにも映るし、減りつつあるダイエーの屋号を残そうとする動きもあったのではないかと思う。

さて、レポートの中には結構辛辣なご意見もあったので紹介しておく。
      あと、これはオープン初日だからかもしれませんが、
     関係者の方々がかなり邪魔でした。店員さんは気を使ってくれていますが
     スーツを着た関係者の皆さん、集団でゾロゾロ歩き本当邪魔です。
     これは、どのスーパーもオープン時は同じなんですけどね。


はいはい。おそらく、社長をはじめとして、営業本部長やら、お歴々がぞろぞろとあーでもない、こーでもない、とやらかしてくれていたのだろう。初日突撃の金山店(0762)で見た光景そのままが展開されていたと思われる。正直、「中の人」が見てもうざいと思うわけで、一般消費者からすれば余計うっとおしく感じたところではないだろうか。時々既存店にもやってくるあの「不釣り合いな集団」。クレバーに見て回る方法はないものなのだろうか…

さて今後の展開だが、当方は「かなり厳しい」と判断している。理由はただ一つ、店舗面積が手狭すぎること。オープン景気が続いたとしてもせいぜい一か月。年末商戦をこの面積では、高もそれほど上がらないとみる。しかも、西友が近隣にある模様で、価格競争や、大胆な施策ができているライバルとでは、新店だから、という優位度だけでは勝負できないと考えるのが妥当だ。
紆余曲折の末何とかオープン出来た店舗だが、このレベルでは、減り続けている売上高を補填するのはもちろん、利益を出すことも難しいとみる。金山は復活させるべき店舗だったが、ここはあえて新店として出すべきだったのか…。レポートを見れば見るほど、先行きの暗さが際立つ結果になっている。

プレオープン告知無しってどういうことなのか…浦安駅前店関連

とうとう、ニュースリリースにも登場した、新店・浦安駅前店(そして、店コードは変更なく0761がそのまま使われることが判明した)。
→ダイエー発表のニュースリリースはこちら

しかし、ここで重要なことは、開店日が「10月28日」とアナウンスされていることである。そして店舗情報にも記載がないままになってしまっている点である。

「浦安サンポ日記」情報である、プレオープンに関する記載も見当たらず、ニュースリリースだけを読んでいる人は「10月28日が開店初日」と勘違いすることは間違いない。

とにかく、面倒くさいことだらけになってしまっている新店に出くわすことはほとんどなかっただけに、凸を行わないといけない状況に当方もさらされていると感じている。

「オープンできるのだからそれでいいじゃん」で済ませたくない。ここまで引っ張って引っ張って、最後の最後で虚偽的な発表をされる経緯がわからないことには、納得できない。やや「オコ」になっている小生だった。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ