多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ダイエー金山店

2014年半年を振り返る…上半期3大ニュース

ブログネタ
あなたにとっての2014年上半期3大ニュースは? に参加中!
あっという間の6か月。まあそれにしても、大きく動いた、と感じないところは私自身が世の中の動きに鈍感になっている証拠か…
一応、ブログネタのタイトルは、「あなたにとっての」という文言が入っている。
そうなると個人的な部分が多くなるわけだが、「ないかな」とおもいきや!! 結構あるではあ〜りませんか。

いうわけで第3位から。
3位 「すんばらしい」動画主との出会い 某国のイージス氏
とうとう、本まで出されたこの方。当方が初めて知ったのは、ほかのブログに張り付けられていた動画がきっかけであるのだが、今や、日々巡回しないと気が済まないホットピックスになってしまっている。
そもそも「おもしろ反日チャンネル」がメインのタイトルであり、そこに特化した動画が本当に「すんばらしい」出来であるのが、秀逸なのである。反日しているのに笑わせてくれる。いわば「ネタ国家」でもある韓国をぎったぎたに切り刻み続けていただきたいものである。

2位 テキサス親父の精力的な活動に脱帽・・・国連にまで乗り込んだってぇ…?!
ただの親日家、日本擁護の急先鋒、というだけで済まなくなっている感のある、ここ最近の親父殿の活動意欲。そりゃ、口さがない人からすれば、「どうせ金儲けでやってるんだろう」とか、「変な宗教でもからんでんじゃないの」という批判の声も聞こえてくるわけだが、それに真っ向から対峙しないところが、親父殿の姿勢に一点の曇りもないことの証明にもなっている。
実は、国連がらみのネタは、こちらから確認できるのだが、その結果がどうなったのかは窺い知ることはできない。

1位 「ただのオープン予想」がトンでもない事態を引き起こした!6月PVの変
「ダイエー金山店のオープン日を予測した結果www」は、このブログを続けていくにしても、この記事の総PV数を抜ける記事を私自身が作れるとは思っていない。6月だけで3000以上は見られたと思われるこの記事。本当に一人の社員の異動の公告からの推理だったわけだが、撃沈してしまったのは、なんともお恥ずかしい限り。しかし、実は、ここまでPVが伸びた理由については、精査していない(「頂」騒動の時は、すぐに理由もわかったのだが、検索文言などからみられたとしても、結局当方のページにダイレクトに到達している人はそれほど多くなかったというのが実際。ほかのブログで紹介された、のかなぁ…)。

しかし、望外の結果を戴いたことは事実。今後もヒットできる記事とは何か、を模索し続けてみたいと思う。

コメントにマジレスする。いとたのしww

当方のコメント欄のスタンスは、基本来るもの拒まず、SPAM系以外は全公開でやってきている。
そして、たいていのコメントに対しては、同じくコメント欄にて返信を返している。それがマナーであり、情報なり、投稿していただいた方に対するエチケットでもあると心得ているからである。

ただ、今回のコメントに関しては、正直「返信だけではすまない部分が多いな」と感じたわけで、今回は、一ブログの記事のネタとさせていただくことにする。その意味では、今回のコメント、短いながらもいろいろと含蓄が深いものでもあり、考えさせられた部分もあることは最初に申し述べておく。

では、先般の記事『某国の属国化を笑えない「中の人」の雑感』に寄せられたコメントを紹介する。

ダイエーは金山店もそうだけど パートの出戻りを雇っては
終わってると思う。あますぎる。


ね。短いでしょ?しかしながら、これだけの文字数ながら突っ込みどころは満載なのである。
1.金山店(0762)の採用状況を知りえる立場の人の投稿なのか?
では、金山店が閉鎖→建て替え→新規オープンに至るまで、どれだけ時間があったのか、から入っていく。閉鎖はなんと、2012年9月30日。オープン日は2014年7月3日。ほぼ丸2年、営業していなかったことになる。この間に、勤めていたパート諸兄は、ほかの業種、もしくは近隣のダイエー店舗にいける人は配属されているであろう事は、容易に察しがつく。再オープンまでまさか無職で、「待ってました」とばかりに、出戻りの人たちが押しかけるとは考えにくい。
2.他店が出戻りを雇っていることをどうして知っている?
『金山店もそうだけど、』の文言は、確実に、ほかの店も同様の事を行っていると判断できる断定口調の言い回しであり、当然、東海のほかの4店舗は言うに及ばず、全国で同様のことが行われている、と『知っている』からこその物言いと思っている。
3.パートの出戻りを雇うと終わってしまうという、その論理
実は一番の突っ込みどころはこれである。まず、出戻りがどうして発生するのか、を考えてみるといい。それは、たとえば職場の雰囲気であるとか、勤務体系が自由であるとか、「寄らば大樹の陰」的に勤められるなど、ダイエーでなら、自分の実力を発揮できるという人が「もう一度」と思うから応募しに来るのである。
そこにあるのは一種の「ダイエー愛」である。
ちょっとわき道にそれるが、その昔には「ダイエーグループのちかい」と言うものがあり、この中の3番目の文言が、実は私を捉えて離さないからこそ、いまだに社員でもないのに中の人を20数年続けていられる、原動力になっているのである。
  "ひとつ。人を愛し、店を愛して、日々美しい努力を続けます"

つまり、ここでこの投稿者が「出戻りしか雇えないようでは終わっている」と感じる部分は、たとえば完全新店であるのならばそういう発想は浮かばなかっただろうが、たとえばレジで、2年前に見た顔ぶれがあり、その人の資質に問題があるのにまた雇っているようでは・・・と言う、文句のようにも受け取れる。
しかし、果たしてそうであろうか、と言うのが当方の意見である。まず経験者を雇用することは、即戦力になることを意味する。それは教育の手間と言う、時間もお金もかかる面倒な作業がいらなくなる。これは大きい。しかも、再雇用と言うことは、これまでの職歴に伴う加給や有給などもゼロからのスタート。それでもいいから雇って、と言う人を使わないようでは、むしろ新人ばかり、店内の案内すらおぼつかないドシロートばかりが跳梁跋扈する店舗ではそのほうが終わっている。
4.「あますぎる」のは雇用される側
いまや、東海地区でも、新店とはいえ、旧来の時給とほぼ変わらない水準で集まるとなったら、昔取った杵柄で応募するほうが大半であり、あえて、低水準のところで働こうなどとは思わないはずである。採用するほうが「あますぎる」のではなく、時給が低くてもいいから、と応募する従業員のほうがダイエーに「あまえている」のが実態であり、採用する側が「あますぎる」とは思えない。

ふぅ。マジレスも大変ですわwwwww

一旦離れた人間をまた使ってしまうところが、もし今のダイエーの衰退の原因になっているのだとすれば、この投稿者の意見は的を射ている。しかし、「あますぎる」と言う結論が導き出すのは、「それで売り上げなり、利益も産まない店に成り下がってしまっているかどうか」が本質であり、人事体系だけを捉えて「あますぎる」と言い放つのは、説得力が無さ過ぎる。
フレッシュな面々の接客を期待したら、前いた人々でがっかり。それを「あますぎる」と評価することこそ、「詰めがあますぎる」といわざるを得ない。

実際「中の人」が得ている情報は、金山店の絶好調振りばかり。具体的な数字は申し上げられないが、たとえば焼餃子など、並べても並べても即完売。目玉商品だけでなく満遍なく売れているなど、この店が地元民や付近の勤め人などから切望された店であることがうかがい知れる事柄ばかり。確かに売り場面積は激減したが、効率的には一気に上がったと見られる。
前にも書いたが、セレモニーから5時間後当たりにもう一度社長が見に来るほどの力の入れよう。浮沈をかけた今年度一発目の新店はスタートダッシュに成功したと思う。問題は浦安駅前店(0761)・・・。本当に上期内のオープンは可能になるのだろうか。。。

2014.7.3 愛知シリーズ(6) 真打登場!! 金山店


にほんブログ村
時計はというと、早くも15時前。17時にレンタカー返却が迫っているということもあり、せっかくここまで来たのに、おいしいものとかにはありつけずじまい。しかぁし!!あえてここを最後にとっておいたのは、最初に面白がって時間を使いすぎた時に後がつかえるとの判断からである。
いつもながら、遠目の店舗から攻めあがっていくという、ルートは今回も図にあたった感がある。
しかも、あとで発表する、番外編用に、閉鎖店の状況を確認するのに使った時間も含まれている(ほぼ40分程度)。

つまり・・・いろいろ犠牲にはなったが、中身の濃い訪問シリーズになったことだけは間違いない。

場所は、旧の金山店(0260)の跡地であることは分かっているので、歩を進める。裏道ゲットですんなりかと思いきや最後のT字路は無常にも左折のみ。ぐるっと遠回りして約5分。ようやく店舗にたどり着く。
とりあえず、全景から。対面にある立体駐車場さまさまである。
D金山01


店舗は、1FとB1Fの二層式になっている食料品売り場と、2階の婦人関連/三階の紳士関連の4フロア。靴屋さんが結構な面積を占めていたのが異端だった。
さてぐるりと回っていくと、何かしら物々しい集団に。一見して「ダイエーのお偉いさん」と見受けられたのだが・・・なな、なんと!!社長氏もおられるではないかっ!!
これには当方がびっくりしてしまった。開店セレモニーに出て、東京にとんぼ返りかと思っていたのだが、3時過ぎに巡回をしておられる姿を拝見するとは思っても見なかったからである。ここに来て、ここを最後に回し、3時入店に当方がしたのは大正解、と言うことになる。
☆一応お姿は映像にとどめていますが、はっきり言ってドタバタした中での撮影となったこと、実際かなり画質も悪いことなどで、公開はいたしません。とは言うものの、周りに客が寄り付かず、もしあの中内氏であったならば、もう少しは脚光を集めていた・・・少なくともケータイ撮影ショーの趣になっていたであろうことは想像つくところ。一般客を装って握手でもしたろうかなと思ったが、明らかに周りが殺伐としており<近寄りがたい雰囲気を作り出してはダメでしょう>、仮に当方が和ましたところで、どうなるものでもないかな、と断念。でも、名札掲げないで視察は、反則ですぜwww

とにかく、いい感じの店舗回りは終了するのだが、今回は、エントランスを一つにしたことで、メインの出入り口にある風切室で出入り客が混在する場面があり、ここは少し改善の余地ありかな、と感じた。

訪問店舗データ  
 店舗名  金山店(規模/スタイルから、赤羽様式と判断)  店コード  0762
 購入品  食料品4点+有料レジ袋            購入金額  682円
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ