多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

チキンラーメン

即席麺試食記(333) 今回は外れなかった 日清 チキンラーメンBIG から揚げレモン&ペッパー


にほんブログ村

チキンラーメンのカップ麺といえば、私を一時期猜疑心まみれにした、これが想起される。
→今でも、チキンラーメンどんぶり系は、仮によさげな製品があっても手出ししにくくなっている。外装詐欺にはもう関わりたくない。 

トラウマ級の試食記を書くことに、それも、一大名跡であるチキンラーメンでそうなるなど、予想できるはずがない。それでも、新商品には触手が動く。
今回は、BIG縦型に挑戦である。もっとも、入っている具材…鶏唐揚げという親和性の高そうなアイテムに、少しだけ胸をなでおろす。

唐揚げを単品で食べるとき、付き物のレモンに揚げもの塩。このコンセプトがつながるところが今回の製品の一大キーポイントである。
言わずもがなのチキンラーメン麺なので、早め早めの動きになっていく。

さて実食。
麺/スープはキープコンセプト。何かが変わったとかは全くない。
問題は、別添えになっているレモン&ペッパーだ。これを投入する。すると、一気にカップの中身が躍動感を帯びる。レモンの爽やかさに、ペッパーのきりっとした辛みと味わいが付加されたのだ。
レモンは、粉末タイプのシーズニングだったわけだが、これでも十分なんちゃってを越えるレモン風を演出できている。これには驚いた。

とはいえ、すでに元をとっている製法に裏付けされたチキンラーメンの派生製品としては、少しだけお高く感じたのは事実。涙を呑んで価格補正を入れたことは最後に記しておく。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.0/10    具材  7.5/10    総合計 21.0/30
 価格補正  −0.5     合計   20.5/30     格付け   B(チキンラーメンらしさあり)

即席麺試食記(288) 鶏年記念ww 日清チキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ


にほんブログ村

今、カップ麺業界に「変味」ブームが舞い降りている。
当方としては、企画一発ものだけならまだしも、奇をてらいすぎてどこに着地するかわからない味付けの製品には手出ししないようにしている。ケーキ風味の焼きそば、とか誰得?と言いたい商品は買うことは絶対あり得ない。よって試食もすることは無い。

しかしながら、企画ものであるとはいえ、「普段使い商品の豪華版」であれば、それはそれで納得できる。縦型にしたチキンラーメンの大盛り版は、具材の良さに、たまらず籠の中に入った製品である。
公式HP上製品情報はこちら

とはいえ、チキンラーメンの定番以外では痛い目にもあった。→前回の試食では、「イメージ詐欺」とまで断罪。縦型で、ごまかしようがないとは言うものの、やはり、ふたを開けて中身を見るまではドキドキしたものである。
結果は…ほっと一息。まんべんない量が入っていて、「詐欺」というレベルではないことを確認。ただ、麺85gで総重量92g。目玉素材である炭火焼きチキンは、アピールするほど量も数もなかった。

では試食。
麺/スープはそれぞれいわゆる「チキンラーメン」そのものである。スープにはコクを出す意味合いの鶏油で少しは変わった食味を演出するが、それ以上に発展するとか、驚くところまでは行きようがない。
具材も彩りと、ぴよ子ちゃんナルトが可愛く、これに原価の一部が流れていると推察。ご祝儀/正月価格とはいえ、ややぼっていると感じる価格設定は、大きくマイナスすべき点と言える。

チキンラーメンは、今や変にCMを打つ必要のないくらいのベストセラー製品である。だから、保守的に製品を作っていれば、安定しているのに、こうやって、ちょっと手を伸ばすと、やらかしている、とみられてしまう。これがもったいない。
酉年の間にもう一回くらいは企画ものを出しそうなのだが、悪いことは言わない。そこそこの価格でいいから、まともな具だくさんチキンラーメンを作ってほしい。


 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.0/10    具材  6.0/10    総合計 19.5/30
 価格補正  −1.0      合計   18.5/30     格付け   C(また騙された?)

即席麺試食記(269) 看板に偽りあり 日清チキンラーメン BBQ風カレー味


にほんブログ村

日清食品の「チキンラーメン」と言えば、創業した製品そのもの。麺に味をつけて揚げる→湯戻しして食べるという”発明”は、日本のみならず、世界に食の革命をもたらした。

スープが別添えになるのは、チキンラーメンの発売からしばらくたったころなのだが、お湯だけで食べられる簡便性を追求したところは、チキンラーメンがいまだに支持されている証左ともいえる。

とはいえ、当方は、この簡便性とレベルの低さ=発売当初からほぼぶれないコンセプト にはもろ手を上げて賛成とは言いたくない。なんとなれば、すでにラインも元を取っているはずであるのに、高レベルの袋めんとほぼ価格が同じというところに疑問を感じているのだ。逆に言えば、かなりの高利益を上げている製品とも言い替えられるわけで、だから、5食パックが安売りの目玉になるのもうなづけるところである。

というわけでチキンラーメンは、ほぼ試食の俎上に上がることは無い。だが、新商品ということで、パッケージの写真にもつられて購入してみる。もしもう少し、諸元表に目を通していたら買っていなかったかも、なのだが…

嬉々として作りはじめようとかやくの袋を取り出す。あれ?すぐさま手が、あまりの軽さに驚く。
封を切って麺の上に…ああ・・・・・・・・・あまりの少なさに、声にもならない声が出てしまう。

言わずもがな、で時間通りだとヤワヤワになるので、2分弱で食べ始める。
まずはカレー粉末なしで。もちろん、チキンラーメンの味は十分にするし、脂ぎった感じもしない。いたって普通である。
カレー粉を入れてみても、想像以上にカレーとチキンラーメン味は両立しているし、決してスープはまずくはない。だが、ふたの写真とは2/3程度しかない具材の量には、残念を通り越してわびしさしか残らない。

最近、こういう、「2つの味のミックス」というやり方がインスタント麺業界でははやりなのだろうか?まあ、なんにせよ、この製品は、パッケージイメージ詐欺にあった感じしかせず、かなり評価は低くせざるを得ない。
だいたい、総重量88gでめん80g、の時点で気が付くべきだった。そんなに具材は入ってないですよ、と。

日清でここまでがっかりの試食記を書くことになろうとは…ほとんど最低評価に近いものではなかろうか?

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  4.5/10    総合計 18.5/30
 価格補正  なし      合計   18.5/30     格付け   C(騙された感ありアリ)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ