多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ニュース

真摯さが足りない。やり直しwww できるならね♥

最近、本当にテレビ番組を見ることが減ってしまった。それは、コンテンツの普遍さ・突拍子さが感じられない点も大きいのだが、編集というマジックによる「切り取り」や、結果ありきのねつ造まがいの「演出」が鼻についてしまい、実際内情がわかってしまうと白けてしまうのである。
→「ほこ×たて」のねつ造疑惑は撮影に協力した出演メーカーの内情暴露がきっかけで数日を待たずして打ち切り。ついこの間も、途中から登場していないかのような処理をされたことに激高して内幕をばらした人がいて、結果、放送局サイドが謝罪する案件も飛び出している。

これがバラエティの範疇だから、過剰反応しすぎでしょ、とか、楽しけりゃいいじゃん、で開き直られても、「まあ、テレビ自体が嘘ばっかりだからな」で終わる話だし、嘘や大げさ、紛らわしいをやらないニュース番組くらいはまともに報じてくれるのでは、と思うのが当たり前である。

そのニュース番組、それもNHKの、全国ニュース番組が、「やらかしおった」のである。
まずはこの動画を見ていただきたい。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160818/k10010641551000.html

この動画には、貧困にあえぐ"設定"のJK(うららさん)が、い・か・に貧乏で進学もままならないのかが語られるのだが、自室とされる部屋は、ものであふれかえっている(1分28秒ぐらいから)。取り出したコードレスのキーボードは、なんとブルートゥース対応のキーボード。もちろんiphoneなどの情報機器は持っていることものちにわかるわけだが、この映像と「貧困」が全く結びつかないのである。

そのことに違和感を持った人たちがこの「うらら」というJKを丸裸にしていくわけだが、その過程は、2chなどを見ていただくとして、まとめサイトの詳報は本当にふるっている。
→保守速報さんにはいつもお世話になってますww謹んでリンクを張らせていただきます。
第一報 つぎ その次  その又次 トドメ 

NHKのやらせは、今回が初めてではない。「クローズアップ現代」がそうだし、ファミリーヒストリーの鳥越俊太郎氏の回でも泊をつけるためか、「大友宗麟の家臣」などと家系図を捏造してみたものの、当の子孫から指摘を受けるなど、結構やりたい放題やっている民放とレベルはほぼ変わらない。
今回の件でもすでに炎上状態であり、筋も悪い”素材”を引っ張るしかできなくなっているNHKの取材・情報源の見極めの悪さを露呈した格好である。
ちなみに2分14秒過ぎからながれる「かながわ 子供の貧困対策会議 子供部会」は今月6日に開かれたことになっているが、会議自体が開かれた、という県側の情報は掲載されていない。このあたりも要チェックである。

それにしても…
”貧困”をネタに語る高校生代表が、貧困と真逆の生活をしている実態。小遣いもままならないはずの”貧困JK”が、2000円近くのランチだの、何度も同じアニメ映画を見に行くだの、設定に忠実な”演技”もできないのでは、映像素材失格である。
彼女を”貧困の悲劇のヒロイン”に仕立て上げようとした取材陣も同罪である。部屋に足を踏み入れた時に、「これじゃぁ、いくらなんでも貧困とはいえないですよぅ」と、誰の口からも疑問が呈されなかったのか…少なくとも、自己顕示欲の塊のツイッターで何もかもをばらしているところで気づくべきだったし、取材対象を本物の貧困学生にすることも可能だったはず。もしこの子を使うなら、ボロやにでも居を構えている「振り」でもしていた方が、捏造するならよっぽど清々しい。

NHKももしかすると「うららに騙された口」と言えなくもないが、きちんと裏どりしていないところで同罪である。そして「貧困」を隠れ蓑にする組織の実態…母子家庭なのにどうしてここまでの支出がJKでできるのか…まだまだこの貧困問題は尾を引きそうである。

閉鎖がニュースになる…一つの時代の終焉なのか

スーパーマーケットは、その黎明期、「スーッと現れて、パーッと消える」と揶揄されるほど、参入が相次ぎ、その多くが淘汰されて現在に至っている。
現在巨大チェーンとして生き残っているイオンにしたところで、母体はジャスコ。そのジャスコも、岡田屋や兵庫のフタギなどが合流してできた会社である。
由緒正しき一代で続いているのは、今やイトーヨーカドーくらいではないかと思うのだが、1975年、碑文谷店が登場したときには、ダイエーが流通業界を牛耳ってしまうのではないか、というくらいの勢いがあった。

関西発祥のチェーンストアでまともに営業できているのは、SM系ばかりになってしまっている。ぎりぎり、イズミヤが何とか生きながらえているとは言うものの、こことて、安閑としてられない状況もある。

そんななか、イオンリテールに異動しながらダイエー名義として営業を続けていた碑文谷店が、屋号ともども完全閉店することになったわけだが、全国ニュースになるほどの驚きを持って受け入れられている。
→ほぼ全キー局が取材に訪れたとみられ、リンクのヤフーニュースは、ANN(テレ朝系)のニュース映像を使っている  映像はこちら。

こんなことを言ってはナンだが、営業終了するからと言って、いちいちニュースにするほど、ネタがないのか、と思ってしまったほどである。当時としては、ダイエーという企業からしても一大チャレンジに等しい巨大店舗であったわけであり、最盛期には200億近くも売っていた店舗でもあった。
確かに当方のようなシンパからすると、寂寥感を禁じ得ないわけだが、単なる一消費者にしてみれば、「店舗が姿を消す」ことそのものがニュースになることに違和感を感じている人の方が多いのではないだろうか…


私自体が何かを創業したとかそういうことがないので、実感がわかない部分もあるのだが、創業者でもあるCEOがもしご存命でこの報を聞かれたら、どんな顔をするのだろうか、と思わずにはいられない。身ぐるみはがされていくさまを指をくわえてみている気性ではないだけに、その結末に至るまでに何らかの手は打っただろうし、とにかく悪あがきはしたであろうと思われる。
流通業界の礎を作り、一大グループにまで育て上げたカリスマ・中内氏。その象徴ともいえる店舗の営業終了は、ダイエーという企業の終わりの始まりを象徴しているかのようである。
碑文谷店

気になってググってみた(9) その瞬間にgoogle様が救う?

日本に限らず、諸外国でも、少なからず、自殺者がある一定の数ではあるが、出てきてしまう。
ちなみに日本の場合、年間3万人ほど。交通死亡者数は5000人に達しないのだから、不慮の事故死より、自死を選ぶ人の方がはるかに多いというのはちょっとした衝撃である。
→「自殺者 統計」でググった結果はこちら。ちなみに昨年一年間の自殺者数は2万5000人強。交通死亡者数は、4000人強という結果だった。

自殺者のうち、過半数の1.5万人は、無職である(上記資料より)。将来をはかなんで死を選ぶ人が多いためだろうが、その背景には、誰にも相談できず、精神的に追い詰められてしまった結果が見え隠れする。

 「打ち明けられるだれかがいたら…」

自殺対策基本法なる法律があったことは知らなかったが、これが成立後10年になるのを機に、自殺対策をより地域に根ざした実践的なものに転換し強化していくような活動があったとニュースになっていた。
NHKのサイトより。
それにしても、日に70人もの人が、自ら命を絶っているという現状には、驚愕を禁じ得ない。それもほとんどニュースにならない状況であり、私のような『死んで花実が咲くものか』『生きてるだけで丸儲け』というような精神状態で生活している人間には基本無縁の世界ともいえる。
とはいえ、私だって、そういうドヨーーンとした、死神に取りつかれてしまわないとも限らない。その時に目の前にPCしかなく、「死にたい」とgoogle様にお伺いを立てられる余裕があるだろうか…

と、細かいことは抜きにして、実際に「死にたい」でgoogle様にお伺いを立てると、こうなるらしい。
後はこちらの記事から読んでください。

死を想起させる言葉を入力すると、その解決の一助が浮かび上がる…なるほど、google様が「先生」呼ばわりされる理由の一つともいえる。もちろん、これで死に対する恐怖とか、自殺を思いとどまらせることまで期待するのは買いかぶりすぎである。だが、何も出て来ない、あるいは、頓珍漢なサイトに誘導させられるよりはましであろう。

死を選ばざるを得ない状況とは、とりあえず私の中では考えることもできない。だが…。私にもしも、そんな情念にとらわれるときが出てきてしまったら、迷わず、google様に"話して"見ることにする。それとも、スマホの中の「ひつじ」か…
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ