多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

マスコミ

ありのままが報じられないゴミたち

2020.5.20は、びっくりするくらい、生番組での間違った報道が散見される異常事態となった。
トップバッターは、今や「歩くデマゴーグ」といえる玉川徹氏を擁する「羽鳥慎一のモーニングショー」。甲種回送を撮りに来た「撮り鉄」たちの乱痴気騒ぎを報じるべきところが、3月に実施された別の甲種回送の写真を使ったのだ。
J-CASTニュースより。
おそらく、それほどの騒ぎにはなっていないとみられ、別の駅(船橋法典)での実況映像はあるものの、自分たちで取材していないのまるわかりだったこともあって使わなかったんだろう。その後、謝罪をしているが、なにも知らない人が見たら「撮り鉄サイテーだな」に印象操作されてしまうところだった。
これだけでは収まらない。
坂上忍の反政府芸だけで持っている「バイキング」は、もっと悪質だ。「17日(直近の17日は日曜日)の竹下通り」の映像として、密でもあり、マスクもほとんどしていない、結構混雑した映像が流されたのだが、とあるPOPで撮影時期が全く違うことが判明したのだ。
ライブドアニュースより。
「ウワ―マジで人一杯」と流れで見た人は思ってしかるべきだが、映り込んでいるマクドナルドの新製品を知らせるPOPが「てりたま」だったことで、17日が正とするなら、3月の映像であると看破されたのだ。
尚問題の放送は5/19。一日遅れで指摘されてから、その画像を使おうとした意図とかも述べず、謝罪するだけで終わらせている。これで「マスコミでござい」は虫がよすぎるだろう。
止めは今日の「ひるおび」。グラフを正しく書かないことで誤認させる手法は、いろいろな番組で使っている手あか塗れの手法だが、それを臆面もなくやってしまうところに潔さを感じてしまう。
保守速報より。

順にテレ朝、フジ、TBS。揃いも揃って反日・反政府集団が繰り出す、印象操作の数々。「だましてやれ」「奴ら、文句言ってこないだろう」……悪意がある映像を見せられて、「いやー、ワイドショーってためになるわ」にはどうあってもならない。例えば円グラフにしたところで、誰かがチェックをすれば「やりなおせ」と一喝されてしかるべき。ちなみにこの数字だけ……47と33を使うと、全体で80。47は大体60%だから、半分を越えているグラフはそれほど間違っているわけではない。「その他」の20パーセントが抜け落ちている理由がわからない、不完全なものなのだ。

いや、必死なのはよくわかる。そうでもして、アベを追い落としたいのは痛いほどよくわかる。
だが、「報道は、事実を曲げずすること」の放送法に大幅に抵触しているこの3件について、総務大臣をはじめ、何らかのリアクションは求められるところだと思う。
政権をたたくだけになり下がったゴミたち。「本当」「ありのまま」を報じられないで大きな顔ができるのも今のうちだと心得ておいた方がいい。

落ち着くところに落ち着いた「都知事選」を俯瞰する

今回の都知事選挙は、史上最多の21名が立候補するものの、「主要3候補とその他大勢」というマスコミの切り取り方/報道の仕方があだとなって、この3候補とそれ以外とでは得票差が歴然としてしまっている。
「政治的に公平である」ことを求められるマスコミたちの欺瞞ぶりが色濃く浮き彫りになったわけであり、確かに「当選するべき人が受かった」ことは喜ばしいが、かといってもろ手を上げて賛成、今度もこんな感じで、とはとても言いたくない。

それにしても、である。
結果的に「小池劇場」にしてしまった、候補者たち・対抗候補の支援者たちの情けないことよ。もちろん、敵失をうまく利用することなど、国政に携わってきている小池氏なら一ひねり。逆に「ジャナーリストwww」さんは、テレビ生討論でキレ芸を披露するものの、共感をもたれることは無く、国政と都政がごっちゃになっていたり、特定地区を「厚遇=差別」するような言動まで飛び出し(それも国税に関するだけに、そんなこと公約化して大丈夫、なレベル)、自爆していくさまは、「ネタ候補」扱いされるまでになってしまっていた。
自民推薦の増田氏側も、バックが悪かった。石原元都知事の「厚化粧」発言は、蔑視しているだけで攻撃にすらなっていない(その原因が、顔にあるあざであることが知れるというおまけ付きであり、これで勝負あったといいたいところである)。応援者が候補者の名前を間違うのなど一度だけではない。まあそれだけ、急ごしらえの選挙戦になったものであり、与党で一枚岩になれなかった(小池一本化ができなかった理由が、どうしても知りたい。やはり自民都議連の横やりか)挙句の惨敗。都議連の今後が非常に気になるところである。

またしても報道機関の姿勢を考えてみるが、3人の主要候補以外の動静をまともに報道しているところは私が知る限り皆無である(注:さすがにキー局のローカルではある程度はやっているだろうし、MXなど、首都圏に根差した放送局では関西など他の地域に比べて小マシに放送していると信じたいところだが…)。供託金没収上等、的なネタ候補ぞろいというわけでもなく、特に「在特会」を率いていた桜井誠氏の出馬・選挙戦は今後の日本の政治を左右することにもなりかねない。
<筆者注:桜井氏の主張にはブレがない。どこぞのおじいちゃんの公約ともいい難いスローガンの羅列とは段違いである。真正保守・愛国者というくくりの政治家がほぼ出てきていない戦後政治の中にあって、彼の出馬と、東京都知事選で投げた一つの小石は、今後大きなうねりになる可能性を秘めている>

恣意的な切り取りと、与野党直接対決・みつどもえという構図にならざるを得なかった今回の都知事選。もし5人くらいの票の取り合いだったら、どうなっていたか…結果は、まあまあ満足するものだが、何とはなしにすっきりしないものが残っている。

当選者の顔ぶれを見て気が付いた人…ハーイ

3年に一回の参議院選挙は、ものの見事に野党が惨敗する結果になったとは言うものの、与党も大勝ムードはうかがえない。
締め付けと言うか、引き締めを党内で図っているのがありありとわかる状況であり、「これは本当に何かあるぞ」を予感させる現状である。

さて、落ちた/受かった顔ぶれを何とはなしにブラウジングしているときに、はっと気が付いたことがある。
神奈川選出の真山勇一氏、長野の杉尾 秀哉氏。この2名は、顔と名前も一致する、マスコミ人士。それ以外にも、愛知の伊藤孝恵氏、地方局アナの静岡・平山佐知子氏、同じく福岡の古賀 之士氏、元NHKの片山大介氏(彼のみ、おおさか維新の会)、とまあ、マスコミ関係者の政界進出、それもほぼそろいもそろって民進党から立候補しているというのだから、この事実を知った時、私は一種の「寒気」を催したのである。

思い起こせば、2009年の衆議院選挙。ほぼ死に体状態の当時の自民党にとどめを刺すかのように、連日あーでもない、こーでもないの政権攻撃。漢字読み間違え/カップ麺の値段/ホテルのバー通いまであげつらわれる事態。当時の野党でもあった民主党とタッグを組んだマスコミのぼろくそなまでの叩きっぷりは、嫌悪感すら催すものだった。そう考えると、前の東京都知事の追求なんて、甘い甘い。まあ、これも裏で何らかの取引があるのだろうと察しはつく。

つまり、今のマスコミにいるものたちは、民進党のおかげで天下りと言うか、第二の人生であり、結構うまい飯の食える政治家というレールを引いてもらっているかのようである。政権交代の時に、マスコミの援護射撃が功を奏した、そういう風に考えれば、マスコミからの人材を抱え込むことで論功行賞もしていると考えるのが筋である。

真山氏は元NTV、杉尾氏は元TBS。大なり小なりの差こそあれ、キャスターは左傾化している人が多いように感じる。東京都知事選でも、鳥越俊太郎氏の出馬が確定した模様だが、彼はいっぱしの「ザ・左翼」。もっとも、都道府県数をまともに答えられないキャプチャー画像は今でもお笑い草である。
こちらwwwwそもそも何の根拠の55なんだよって感じ。

真山/杉尾両氏の当選で調べてみたら…の驚愕の事実。民進党こそ、マスコミを使って何かやらかそうとしているのではないか、と勘繰らずにはいられない。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ