多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ミンス

【拡散】これが『幹事長の発言』だそうです。

いよいよ来週12/14に迫った、衆議院選挙。土曜日の演説内容の一部が時事通信に上げられていたのだが、びっくりするような内容を見つけてしまった。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014120600205が記事(舌戦・衆院選)。

このうち、目に留まったのがフルアーマー/直ちに影響はないでおなじみの革マル・枝野氏。
大事なことであり、変に編集すると恣意的だといわれかねないので、恐れながら、記事そのままを抜粋させてもらう(ただし、文言の強調等は当方が施しました)。

 ◇バランス取るなら民主に
 ▼民主党・枝野幸男幹事長(静岡市で街頭演説) 自民圧勝と報道では出ている。集団的自衛権もどんどんやってください、特定秘密保護法で国の秘密をどんどん隠してください、円安と物価高で生活が苦しくなるけどそれでも構わない、という人は棄権をしてください。さすがにもうちょっとバランスを取らなければ、暮らしの声を届けなければ、そういう思いがあったら何とか私たち(民主党)に、もうちょっと力を与えていただきたい。 

私もいろいろと街頭演説を聞いてきたものだが、公党の、幹事長クラスの人間が、有権者に対する街頭演説で、「棄権を推奨」するという、前代未聞なことをやってのけるとは、世の中も変わったものである。
そもそも「あなたの一票で世の中を変えてください」とか言うのならわかるし、実際、「やりたい、やらせてくださいというからやらせてみようかな」という結果が2009年の政権交代にもつながった。

では交代した結果はどうであったのか?交代ではなく本当に”政権後退”してしまったわけだし、何一つ約束(マニフェスト)は守らない、言ったことはできない、そのくせ増税だけはやってのける…。こんな党に入れたいと思う方がどうかしている。
自民て書くぐらいなら、棄権して、という論法は、完全に選挙を捨てているのは野党であり、まともに選挙戦をしている候補者に対しても、もちろん選挙に直接かかわれる国民に対しても、失礼極まりない言いぐさであることを理解できなくなってしまったほど、テンパっているとしか言いようがない(こ・れ・で・も、日本国の官房長官やってたんですからね。同じ立場で菅氏の発言が聞いてみたいものですわwwwww)。

バランス?声を届ける?力を与えろ?ぼろ負けした前回の選挙に対する反省も、3年3か月のヤタケタ運営に対する謝罪も一切していない党にそんなものを期待して票を入れる人は、本当にシンパしかいないとみるべきである。
もはや「その他もろもろ」の党に成り下がることが確定的になった党の重要ポストのこの発言。これが自民党ならぼっこぼこに叩きまくるところだろうが、お仲間であるマスコミ諸兄に守られて、事実だけを報じられて華麗にスルー。発言できなくされる(野に下る)まで、せいぜい遠吠えにでも勤しんでいるがいいと思う。

当方も選挙モード 突入します。とはいっても・・・

今日はちょっと「どうしてくれよう」ということが会社であったので、バラシついでに書かせていただくことにする。
※参考:当方が勤める、もうすぐ上場廃止になる「あそこ」()を含めて、流通系の企業が支持しているのは、ミンス党である(元は民社党系だったのだが<ウワ、フルー>、合流でミンスになった)。

そして、私の住所地の選挙区には候補者が一人いる(も・ち・ろ・ん、浪人中。座間ぁwwwww)。これの支援をしてくれ、と労働組合からたっての要請が私をはじめ、選挙区内にいる従業員にされることになった。
方法は、候補者の支援の輪を広げるという意味合いからの、はがき作戦。しかし、推薦者として記名を余儀なくされることに当方は毒づいた。
イコール、当方が支援をしている=ミンス支持と曲解される可能性があるということである。もちろん、「こんな迷惑なものが届くけど、捨てといてね」で済む話といえばそれまでだが、釈然としない。
個人的に恨みはないとはいうものの、政党的には応援はおろか、消滅してもらいたいとさえ思っているミンスにいまだにしがみついている候補者のためにペンを走らせ、郵便局員に手間をかけさせ、ごみを量産するやり方というものにはっきりNoといいたいところである。

では、ほかの選挙区ではどうなのか…そ・れ・が・・・ミンスの候補者そのものが「どこかに行ってしまっている」ということが判明したのである。普通に考えると店舗所在地にある候補者の応援をするというのが妥当で、前回は、ちょっとやかましいおばちゃんが店舗にまで足を運んできていたように思う。ところが今回、店舗所在地の選挙区からは候補者が消え、一番近い選挙区にいる候補者を応援する羽目になったのだと思う。
とばっちりを受けた格好の当方はじめとする候補者のいる選挙区に該当した人たち…。まあどうせ、受かりっこないのはわかった話だし、ダメもとでやっている(資金も使わないといけないし、その意味では、経済の活性化につながらないともいえなくもない)のだから、恥を忍んで協力しないでもないが…人生の汚点のような、何か後ろ暗い気持ちにさせられるミンスの闇の深さ・頼りないどころかいない方がましな野党にいまだに属したがる候補者の朴念仁ぶりを嗤うしかないのだろうか…

本日の「お前がいうな」は、またしてもミンス・・・

実は、明日3/21の「いいとも!」は、超ありえないゲストが「テレホンショッキング」に見えられるとあって、当方も身構えざるを得ない。
まあ祝日と言うこともあってのオファーを受けた形だが、時の首相・安倍晋三内閣総理大臣がこのバラエティーに昼間から登場すると言うのだから驚きである。

元・現職含めて、政治家の方が出られるというのはかなり稀有なことであり、最終週に向けたラストスパートをかけているのは容易に察しが付く。しかも消費増税直前。何らかのメッセージを携えて登場する可能性は非常に高い。

その部分で考察してみると、変に国会での発言/物々しい記者会見ではなく、タモリの誘導の下、ざっくばらんに、発言できる環境のほうがよほど受けがいい、と考えての行動だろう。


ところが、である。もう、箸の上げ下ろしにまで文句を言っておかないときがすまない野党は「バラエティーなんぞに出ている暇か」とご立腹である。→ライブドアニュースより
とは言うものの、その言葉、そっくり君たちにお返ししたい、と思っているのは私ばかりではあるまい。
そもそも、一部地区では本来であれば避難しなくても済んでいた/あるいは仮設から今すぐにでも出られる地区が存在する。いわゆる放射線の拡散度合いの判定が喜撰だったことから話はスタートしてしまう。これを決めたのは当時の政府=民主党、と言うことになるわけであり、むしろ君たちのほうが、被災地回りを土下座行脚すべきではないかと思うのである。
放射線がらみでないところも、たとえば土地のかさ上げや防潮堤の問題、もとの土地に住めるかどうかが解決していないところも点在するわけで、すべてが政治の不作為ばかりともいえない。仮にたまの休日に安倍氏が被災地を回ったとしても、結局は「自民党さまぁぁぁ」と大歓迎されるのが落ちであり、その情景を見たくて”リクエスト”しているのかな、と邪推してしまう。

要するに口を開けば恨み節ばかり。揚げ足取りは一人前だが、グーグルアースにおっぱいヨシフ、『未来』がまともにかけない前何とか代表と、粒ぞろいすぎるそのキャスティングは、誰にもまねができない。国民のほうを向いている首相の行動力に嫉妬するくらいなら、君たちでも裏番組にでてみるとかやってみるくらいの気概がほしいところだ。できもしないで吠えるばかりでは「負け犬」としか映るまい。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ