多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

ラ王

即席麺試食記(366) 推して知るべし 日清 ラ王 焦がし醤油


にほんブログ村

実にレビュー3カ月ぶり。

日清の新商品となれば、ほぼあたりは約束された、そう思っていた。しかし・・・コンセプトやパッケージングとは裏腹のあっけないまでの実食。
「みそでこれなら・・・」。まあ仕方ない。
日を置かずほぼ連チャンに近い形で食する。

「いいところから褒めましょう」。あ、また某俳句の先生の口癖がwwww
山椒を練り込んだ麺というのは、即席麺としては斬新だし、これが味にプラスに寄与するとはなかなか考えづらい。スープの味を焦がす方向にもっていったときに、淡泊すぎる麺ではアンバランスに感じたのだろうか?もちろん、山椒が前面に出張ってくるのではなく、隠し味的な作用にとどまっている。
醤油バージョンの具材も、それほど悪くは感じない。ほぼこの製品のために仕立てられたといってもいい肉そぼろは、味噌でも感じられたが、いい味付けになっている。ねぎ系の量も必要十分。

だが・・・
やはり、マー油でなんかすべて誤魔化されているように感じてしまう。焦がした、という感じが全く見掛けられない。苦みであるとか香ばしさであるとか。大袈裟なくらいの表現があってしかるべきなのに、どこかおとなしいし上品なのだ。
確かにラ王ブランドなので、思いっきり振り切ることをしなかったのだろうと思う。だが、それでは思いがストレートには伝わらない。「焦がしたら、うまかった」のに焦がしていないと感じられる、なんちゃってぶり。それでも、その部分に目をつぶれば、平均点くらいは十分ある。
そこが日清の日清たるゆえんだが、もう一回、とまでに手は伸びない。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   6.5/10    具材  8.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   B(振り切れていてほしかった)

即席麺試食記(365) なんなんだよ、これ? 日清ラ王 焦がし味噌味


にほんブログ村

スポンサードしている選手の大活躍は、読みで一字違いであり、今年の流行語大賞も狙える一角にあるフレーズを使ってCMに早くもフィードバックするなど、さすが、世界の日清だ、と我々即席めん愛好家も胸を張れる。
→これがそのCM。

錦織の時も、いろいろと応援製品を出したりしたものだが、今回の祝賀関係の製品は、どうあってもゲットしたいと思っている。

とここまではプラスのネタだったのだが…
この製品に少しだけ物申したい気分になっている。


さっそくレビューに行くのだが、「焦がしてない」のである。焦げた感じの黒っぽいマー油で色付けをしただけであり、味噌が焦げて、苦みというかむせかえるような複雑な味というものを全く感じられなかったのである。確かに「焦がしたら、うまかった」はわかるのだが、実際には焦がしていない。焦がしていないことは百歩譲るにしても、味噌味のスープのじつに平板ですんなりと流れてしまう調味具合。
マー油が入って色目的には焦げているように見えるが、結局焦がしているわけでもないので効果もいまいち。ぎりぎり肉そぼろあたりは味のつき具合がよかったのでなんとか食べること自体はできる。

看板に偽りあり…「いやいや、焦がしてますって」と言われても、それならば風味がほとんど感じられないのはどういうわけか?焦げた苦みがあってもよさそうなのにそれもないのはなぜか?突っ込みどころは満載である。
製品として間違いなく失敗の部類に入るラ王系。コンセプトは面白かったが、味が付いてきていないのでは、どうにもならない。まあ、麺に練り込んだ山椒であるとか少しこだわって作ったところは評価する。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   6.5/10    具材  8.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   B(これはハズレと言い切れる)

即席麺試食記(329) どこか違う 日清 ラ王復刻版焼きそば


にほんブログ村

最初に出たラ王の、そのフォルムと中身には度肝を抜かれたのを記憶している。
コテコテの中華風の外装に、「ラーメンの王」で短縮しての「ラ王」を製品名にする、当時としては中高級価格帯に位置していたのも記憶に新しい。なんといっても。麺がLLCタイプの「実質生麺」。これでうまくないわけがなかったわけで、一時期、狂ったようにラ王ばかり食べていた時期もあった。
前園にヒデ…時代を感じてもらいましょw

生めんタイプをかなぐり捨てて、袋めんにチャレンジしたのもはるか昔。このときと同じくして、カップ麺も大幅リニューアル。8角形の独特のフォルムで棚の中でも埋没しない特異性を発揮。今でも一定の支持を受けている。
その当時のロゴや雰囲気で迫りくるのが今回食べた、「ラ王」の復刻版という位置づけの焼きそばである。

いわゆる「UFO麺」だったら金返せぇ、と言いたくなるところだったが、独自性も垣間見える麺質に納得&感動。だが、ソースを含めた味付けには落胆させられる。やや脂っこく、ソースらしさが垣間見えなかったのである。正直言って「ギリギリセーフ」の内容で、ちょっとがっかり。価格にも比例したうまさもなかったので今回は涙を呑んで価格補正もさせてもらった。

ラ王は、やっぱり、スープそばだからこそ生きるブランド。生めん時代とも違う復刻版と銘打ったにしても、ここまで味がずれていると、どうしても押したくはなくなる。
 
 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   ソース   7.0/10    具材  7.5/10    総合計 23.0/30
 価格補正  −0.5     合計   23.0/30     格付け   B+(ピンとこない)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ