多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

リニューアル

即席麺試食記(363) かなり力はいってる ヤマダイ 函館塩ラーメン


にほんブログ村

以前食べた函館塩ラーメンと、内容がガラッと変わっていることを発見したので、リニューアルしたこちらも購入してたべてみることにした。
これが以前の函館塩ラーメンの試食記。企業HPの商品ページはこちら。

一番驚いたのは、海鮮の文字が抜けて、スープうんちくには「畜肉のうまさと…」云々と書かれており、以前の海鮮系だけでだしをとっているのとはわけが違っているようだ。
で、少しだけリニューアルに至った理由を邪推してみる。実は、前作は「するめいかからだしをとっている」という文言があったはずなのだ。ところが、イカの価格高騰で、割に合わなくなったのではないか、と思うのだ。イカでスープを取るのにどれほどの原価がかかっているかまでは、知る由もないが、スープからガラッと変わっているのだから、そこを変更しないといけなくなったのは価格の面という推理は間違っていないだろう。
具材があり来たりになってしまっているのも特筆すべき点だ。お麩は意外なチョイスだが普通レベルで、楽しいと評した前作からは何もかも変わっているといって間違いない。

で食べてみるのだが…
まあ正直言って、ここまで変わってしまったとは思いもよらなかった。コクが付加されているのはそうなのだが、脂っこさの方が勝ってしまっているところが若干ハズレをほうふつとさせる。
麺はいつも通りで大丈夫。かやくも総じて平均レベル。ということは・・・
そう。あんまり当たり、とまで持ち上げるほどの製品ではない、ということになってしまう。あっさり食べたいと思っている向きには、特に前作の印象が刻まれている人ほど、「コレジャナイ」感に苛まれること必至である。

 購入店 ホームセンターコーナン 神戸ハーバーランド店
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.5/10    総合計 23.5/30
 価格補正  なし     合計   23.5/30     格付け   A(やや外れの部類か?)

即席麺試食記(353) これもアピール度低い サンヨー 和ラー 博多鶏水炊き風


にほんブログ村

実は、一度食べている今回の味付けの商品。
前回のブログ記事がこちら

製品HPにも、「リニューアル」と銘打たれているのを確認した。→こちら

というわけで、新商品・新規開発ではなかったのだが、すでに私が言い始めている、「疲れが見え始めている(伊勢海老汁風記事より)」ことが浮き彫りになる。3タイプの味に固執するあまり、以前の製品の焼き直しでお茶を濁しているのだ。

それでもリニューアル=改善されているのなら文句は言わない。ところが…驚くべきことにダウングレードと認めざるを得ない事態が訪れていた。
まず具材。ゴロゴロっという感じの鶏つくねは確実に量は半減。粒が小さく見せていたのが余計わびしさを増幅させる。そしてスープ。ウワっという鶏のエキス分が感じられるほどではなく、抑え気味。それがあればこその製品だったのに、一番の売りをかなぐり捨てている。

確かにいいシリーズには成長してきた。今回は再発売にならざるを得なかったのは百歩譲ってもいい。でも、少なくとも旧来の製品の品質を維持してもらわないことには、再発売の意味がない。がっかり過ぎる。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし    合計   22.5/30     格付け   B(リニューアルが裏目)

<参考:前製品の評価>
 麺    8.0/10   スープ   8.0/10    具材  8.0/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし    合計   24.0/30     格付け   A(なじみもある味が奏功)

即席麺試食記(351) 知らない味ゆえに サンヨー 和ラー 秋田きりたんぽ風


にほんブログ村

今回の目玉味付けは「秋田のきりたんぽ鍋風」醤油ラーメン。と、前回の伊勢海老みそ汁風試食記の時に持ち上げたりもしたのだが、実際食べたことがない鍋の一種であり、『これがそうなんですよ』といわれても正直返答に困る。
醤油味ベースの鍋を探している過程で見つけたものだろうことは想像つくのだが、秋田県民くらいしか食べることのないきりたんぽ鍋。チャレンジ精神は買うが、それ以上でも以下でもない。

きりたんぽの代わりと言ってもいい、あられが入っているのは虚を突かれたが、そこは無理してでも乾燥餅にしておくべきではなかったか?ゴボウなどは入っていてもおかしく感じないが、やはり、きりたんぽ、と銘打つ割にはそれらしく感じないのだ。

企画発足から3回目に当たる今回の製品群。だが、どうにもしっくり来ていない。うまいまずい以前の問題。企画がそろそろ行き詰っているのでは、と感じずにはいられない。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   7.0/10    具材  7.0/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし    合計   22.0/30     格付け   B+(ふーんレベルまで。)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ