多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

レパートリー

マツキヨ、カラオケを語る(5) 永遠の目標が現れる

パチ/スロモチーフのアニメーションやオリジナル版権で使われる楽曲の良さに呼応して、歌えるレパートリーを増やし続けていく当方。やり方はこうである。
まず新台として、アニメモチーフの台が登場すると、そのアニメーション関連の動画を探す。あるいはwikipediaで主題歌を歌っているのがだれかなどを検索する。
そしてその曲自体をYoutubeなどで視聴する。その結果、「お、これは歌えそう」とか「レパートリーに入れたろか」という衝動に駆られると、・Youtube動画から音声だけを抜き取り、CDに焼き込む ・ituneに行き、楽曲を購入→CDやミュージックプレイヤーに投入する ことでまずは手のうちに入れる。
そのあとは練習練習、又練習である。場所は、「一人になっている時」の自宅、車を運転しているさなか、など、人に迷惑がかからない程度に行う。ボックスでは基本練習はしない。ボックスでの披露は、ひとまず「一人カラオケ」で出来を確認。支障がなくなった時点で友人等に公開、という手順を取る。

そして、運命の出会いが立て続けに起こる。
「花の慶次」シリーズがスマッシュヒットを飛ばす中、その大当たり中にテーマソングを歌っているのが角田信朗氏であった。
すでにおっさんではあるが、自分の音域/曲調、何よりパッと見にはパチ/スロモチーフと疑われないところがいい。
→知り合いの行きつけのスナックでこれを熱唱。見ず知らずの人から絶賛を頂いてしまった・・・

「花の慶次」シリーズが、パチ・スロで新作を出し続ける限り、彼の楽曲は増えるわけであり、当方はそれを追っかけるといういい具合のモチベーションが保たれている。
アニメーションモチーフスロではこの2曲。
→マクロスFより、「ダイアモンドクレバス」
(ツベ動画では、原曲そのまま流用版が、著作権絡みでミュート状態になっていることもあり、あえて張りません)
そして、「魔法少女 まどか☆マギカ」より「ひかりふる」


そして、この「ひかりふる」こそ、当方のカラオケの遍歴20年近くの中でもっとも『制圧したい』と思わせた一曲である。
こうして、現在のレパートリーは、200曲になんなんとするまでに伸長。パチ・スロモチーフ系の曲だけで50曲近くはある状況が続いている。

マツキヨ、カラオケを語る(4) パチ/スロが加速させる。

2000年代に入って、カラオケどころではなくなる懐事情や勤務形態もあり、また、そもそもカラオケ好きばかりが集まる会合もなくなっていく。この当時、カラオケボックス業界も、寡占化が進み、通信カラオケだけの設置で済むことから、過大な投資がなくても多店展開が可能になったこともあり、当方住みの関西では、ジャンカラこと「ジャンボカラオケ広場」がかなり安めの価格でもってターミナル駅を中心に店舗網を広げつつある時代でもあった。

以前であれば、ベスト盤なら著名なアーチストであれば買っていたCDも、2008年以降は、ほとんど購入にまで至らず、レパートリーも曲数の伸びが頭打ち状態になっていく。
そうこうするうちに歌わなくなったせいで、十八番リストから漏れていく曲が続出。特にB'zやドリカム、サザンと言った往年のグループの曲が次々脱落。知っているが歌わなくなってしまうという事態が訪れ、120曲前後で止まり気味であった。

だが、2003年に、この機種が登場して以来、当方が「パチンコ・スロットには名曲が多く存在する」ことを悟るきっかけになり、これ以降、パチ・スロモチーフになったアニメーションやオリジナル版権のタイトルや楽曲を収集するようになっていく。
→2003年の「大ヒット機種」と言えばこれしかないでしょう。そして楽曲はモ・チ・ロ・ン、これ。テレビ版オープニングでお楽しみくださいww


もうこの時点で、「エヴァ」はヒット作に名前を連ねており、当然あの名曲もレパートリー化。これらを手始めに、オリジナル版権ものであっても、メーカーが音源を提供している場合には、そこからダウンロードして取り込むという手法で、曲数だけは増やしていった。
だが、ここで問題が生じる。アニメモチーフの台の場合は元のアニメーションがあるから問題なかったが、オリジナルの場合、そこまでカラオケメーカーが対応してくれるとは思っていなかったのだ。
ところが、潮目が変わるきっかけになった(と思われる)のがこの機種である。
→ 
そして、いわゆる”萌え系”の先駆け、と言ってもいいオリジナルキャラから生まれた作品もある。

これを皮切りに一気にレパートリーが、パチ・スロ採用曲だらけに変貌していくことになる。

マツキヨ、カラオケを語る(3) アニソンに活路を見出す。

地元に帰った当方は、義理の兄がかかわっていた関西国際空港関連の会社にそこそこの待遇で迎えられる。今でこそ当たり前になっている、業務委託(アウトソーシング)契約に基づいた、機内食工場での作業員の確保と教育などがメインだった。
この会社自体は、開港当時の盛況ぶりもあり、それほど苦労している感じはなかったのだが、当方が入社半年を経ずして、阪神淡路大震災が発生。海外旅行どころではなくなってしまった日本側に、「行くべきでない」と手控えた海外側の自粛ムードで、旅行客はがた減り。一便いくらではなく、一食いくらで請け負っていたため大ダメージを食らい、あえなく倒産。ここから少しずつ歯車が狂いだしていくことになる。

当方のカラオケ遍歴を語るうえでもう一人、欠くべからざる人物が、この時期に登場する。
それが、コテコテのアニメオタクでもあった田中氏である。
もう見るからに「ザ・オタク」と言い放ってもいいくらいの風貌に体型。脳内メーカーで表すと、ほぼ全域が「アニメ」で埋め尽くされ。一角に「女/エロ」が出てきているくらいの正直気持ちの悪い部類のオタクでもあった。

それでも一応部下扱いなので、たまに遊んだりもした。その彼が執拗に迫ったのがカラオケだった。
この当時、当方は、アニメーションの音楽事情が好転していることに目をつけていた。このころ始まっていた「名探偵コナン」は半年ごとにオープニング/エンディングを変えてくるスタイルを採用。曲が固定化してしまっていた長寿系や鳴かず飛ばずで終わる2クールアニメをしり目に、著名なアーチストを次々繰り出すやり方は、レパートリーを広げる絶好のチャンスにもなっていた。
一方、田中氏はと言うと、もう完全にオタクの域。なので、当時、あまり話題にもならず、ここまでヒットするとはだれも思っていない、この曲を十八番にして歌っていたのである。

当然当方も、あらぬ力を振り絞って「アニソンとは思えない」歌手が歌っている曲をどんどんレパートリーに加えていく。そしてここに「完全アニメ縛り」というルールを科した遊びまで考案し、実行できるまでに到達する。この時点で、100曲オーバー/歌詞を見ないで歌える曲も20数曲は存在していた。
今でこそ、ワンクールアニメが主流になり、その主題歌もその本数分存在する。つまり、ヒットするしないに関わらず、曲だけは次々に出てきているのが実情である。下手なアイドルグループなどよりも、ずっと聞かせる曲も多かったりする。現在増えつつあるレパートリーの大半は、「隠れアニソン」と言ってもいい曲がほとんどである。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ