多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

二重国籍

なぜ「あの党」は問題児しかいないのか…代表選に感じる不安

当初投稿予定していた記事が若干日取りが遅くなった影響で、投稿URL順が変動している(この記事の作成元が若干早く、まったく違う内容で投稿している→投稿日はあとなのにURL上の順序はこちらが速くなっている)点には考慮いただきたい。

さて、何とか民進党の代表選挙は方が付いた、と言えるわけだが、それでも、代表に就任した「襟立て女」の件に関しては、いまだに当方は「このままで終わらせるわけにはいかない」と感じている。
仕分け人とか、どこの時代劇か、と言えるような、御大層な肩書をもらい、有頂天になって、『二位ではダメなんですか』と言い放った当時…

  彼女は二重国籍だった!!!

のだ。
今あの当時、彼女に仕分けされた人たちの忸怩たる思いが伝わってこないのだが、どうしてだろうか?当の本人が知っていたか否かは別にして、別国籍を持っていた(しかも、国会議員ではありえないはず)人に差配されたのである。相手が国会議員で、政権担当側だったから、しゅんとしてしまって、言いたいことも言えなかったからなのか、それとも、性善説に基づいて「帰化なり、単一国籍になっているだろうな」と甘々に評価しているから、こんなことになってしまったのか…

傍若無人とまでは言いたくないが、あの当時の彼女は、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。襟が立って歩いているという比喩もあながち間違っていなかった。だが、ふたを開けてみれば、今までの仕分けそのものをする資格すらなかったことになる。
もし今回の暴露報道がなければ、政権側に立つことが万が一(今の状況なら、億が一、くらいの確率か)起こってしまったら、二重国籍者が首相になるという前代未聞/まさに日本国を揺るがす事態になったわけである。

何が腹が立つかと言って、まともに謝罪していないこと。そして、本来であれば、禊と称して議員辞職、少なくとも代表戦からは下りるのが普通の考え/税で禄を食むものの最後の出処進退だと思う。
本人的には「勝つ勝負を降りられるか」となって、しどろもどろ、ダウン寸前でも立っていられればいい、とばかりの防戦一方。もし仮に与党側にこんな醜聞が聞かれたら、それこそ百裂拳を食らわせるほどの集中砲火を浴びせるところだが、マスコミも余程この人が頼りなのか、そこまでヒートアップする報道にはしなかった。

ガソリンプリペイドカード問題の議員も、議場で与党議員を引き倒す暴挙に出たのも、委員長めがけてダイビングドロップをかますのも、ぜーんぶ、民進党に所属する連中である。
そしてよもやの「二重国籍」という大問題を抱えてスタートした新体制。当の本人は「国籍は一つになりました。よかったね♥」なんてふざけたことを言っているが、今までの所業を鑑みると、たとえ表面上日本国籍になったとしても、「本心はかの国」(言っときますが、台湾出身であるものの、彼女自身は外省人。詳しくははググりなされ)にあることは明白である。

こんな党が「ふたたび政権を」なんて言ったとしても、冗談にしか聞こえない。議員辞職/代表退陣がかなわないなら、とにかくおとなしくしていてもらいたい。記者会見で出てこられても、嫌悪感しか生まない"外人"の言い分には耳を貸せない。

脇の甘い日本 蓮舫氏が提起した議員の純粋度

ここ最近、左翼とされる、革新系の人材の枯渇ぶりが半端ない。

つい先ごろ解散した「SEALDs」に至っては、単なる「共産党の別動隊」ということを喝破されているため、公安の監視対象団体になってしまっているわけだが、そういったこともわからずに活動していた面々もいたらしく、今頃後悔しまくっている状況である。
頭の弱い人たちをたきつけて若者の支持を広げようとした施策は見事に失敗、残ったのは死屍累々だけ。パヨクのパヨクたるゆえんでもある。

民進党が、それこそ民心を掌握できる党にまで成長するかどうか、は、やはり今のような「何でも反対/対案なし」「自身の反省を全くしない」「他国の方を向いているのがまるわかり」という姿勢を改めないことには、始まらないとみている。
そして、その代表選挙に二重国籍が疑われる候補者が出るに至って、この党の危機的状況が浮き彫りになってしまう。

我々は、今まで「ちゃんとした手続きを経ている」と思っていたからこそ、この人の言い分が、たとえ出自が海外に起因したものであっても、それこそ差別しないでやってきた。あの仕分けのシーンで、「おまえのような外人に言われたくないわ」と悪態をついた被仕分け事業担当者が一人としていただろうか?
『二位じゃダメなんですか』も、当時外国人が発言したとするならば、「そこまでやらなくてもいいいじゃないか」と受け止められるし、スーパー堤防を削減したのも、同様に日本の弱体化を議員という立場で推し進めたことになる。そして自身の、それも国籍という不祥事が出てきているにもかかわらず、

   一切『辞める』とか『申し訳ない』という謝罪が出てきていない。

二重国籍であるかどうか、自身が「生粋の日本人」であるかどうかなど、議員になるときにすでに身辺整理(確認作業)しておくべき案件であり、今頃になってしどろもどろ・右往左往するようでは、この人の矜持というものが疑われるのは間違いない。
そもそも「言っていることの一貫性がない」ところが致命的である。そして実際、番組や記者会見で語っていたことは、限りなく嘘に近いことが浮き彫りになり、「今頃国籍離脱の手続きをしている」と受け止められるに至って、ほぼこの人に対する権威や信用は失墜したとみるべきである。
産経が記事にしている内容がこれ

それでも代表選離脱はおろか、議員辞職までしないという厚顔無恥ぶり。これがもし自民党の議員だったら、今頃針の筵状態だと思うのだが、ことほど左様に、左の連中は脇が甘いし、それを容認してしまう日本もほとほとお人よしである。
ミンシンには、帰化人やお困りの国のために政治すると公言してはばからない議員もいる。その一環で、こうした問題が出てくるのは至極当然なのだが(代表選に出ている前何とかさんには、オモニの影がwwww)、こんな党が「政権交代」とは笑わせる。顔を洗って出直して来い、と言いたくなる。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ