多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

仙台

即席麺試食記(330) この価格なら 日清麺職人 仙台辛味噌ラーメン


にほんブログ村

麺職人という、廉価版でありながら、麺質にはこだわって作っている一大ブランド。登場当初から麺質はどんどん改良され、醤油ラーメンの、極細ストレート麺には、感動すら覚える。

時々、地域限定的な特別な麺職人が出てくるわけだが、実は、一度食べてがっかりしたのは、「沖縄そば」バージョンだ(日清製品では珍しいC評価。でも、この記事を読んでいただけるとその理由はわかってもらえるはずだ)。そして、一番びっくりしたのが「台湾ラーメン」バージョンである。→試食記。

さてそんなハズレもあたりもどちらもありな麺職人地域バージョン。今回手に取ったのは、仙台辛味噌ラーメンである。
結論から言うと、「別に麺職人を謳わなくてもよかったんじゃね?」と言いたくなる内容だった。
麺は、ノンフライながら太手もみ風麺と記載。これが「しっくりこない」というよりは、「この系列も麺職人って言っていいの?」というレベルだったからだ。
もちろん麺がまずい、というわけではない。だが「まるで生めん」というのは明らかに過大評価と見て取れたからである。その代わり、味の調整の難しめの味噌味については、充分に及第点。もっとも『辛味噌』ということで、ラー油に逃げられてしまった感も無きにしも非ず。具材は、細切れ/量もこの価格だから仕方ないとはいえ、もうひと頑張り。

仙台味噌は有名であり、この製品に限って言えば、味噌全体の半分は仙台味噌のようだ。とはいえ、ブレンドしていると当然味わいというものもスポイルされる。だいたい、生活したことのない人にしてみれば、仙台味噌の特色や味わいなどわかるはずがない。
味に値打ちをつけるのはメーカーの勝手だが、ラー油も肩を並べてくる味噌味にそこまでアピールする必要があったのかどうか…少しだけ首をかしげる実食になった。

 購入店舗   アル・プラザ(平和堂) あまがさき店
 麺    8.5/10   スープ   8.0/10    具材  7.0/10    総合計 23.5/30
 価格補正  なし      合計   23.5/30     格付け   A(悪く見せないだけ。)

シリーズ 飲みこまれるダイエー 仙台店惜別の声、ニュースになる

2月初旬に訪れたダイエー仙台店(0285)。
東北地区の地元紙『河北新報』が、ダイエーのイオン移管について記事にしたところ、結構な声の反響があった、とライブドアニュースが伝えている。
こちら。

ちなみに河北新報が使ったダイエーのエントランス写真は、商店街側のもの。
→当方の撮影したものはこちら。同じアングルで取っていたと思っていたのだが、その方向からはとっていなかったわ。
仙台店裏


もっとも、「震災後2日目で営業再開」は、建物がそもそもしっかりしていたことや、沿岸部に多く存在していたイオン系の店舗が津波で軒並みやられたのとは一線を画している。震度6弱は、阪神・淡路大震災の「震度7」(最高度の揺れ)の2段階下でしかなく、店内が結構阿鼻叫喚の地獄絵図になっていた可能性すら想起される(もっとも、割れ物・ビン類の多い食料品エリアは地下1階にあり、けが人が出たなどの公式情報も出ていないことなどから、迅速かつ的確な避難誘導が行われていたと推察。また、問題行動などあれば投稿されていてもおかしくないのにそれがないということがそれを如実に証明している)。
つまり、翌日で店内の片づけを終わらせて2日目に再開できているということがすごいわけである。勤務していた人の中には、津波にやられてしまった自宅などをほっぽりだして店の方に向かった人もいたのではなかろうか?そしてそれが結果的には震災後の支持にも、この惜別の声の多さにもあらわれている。

「For the Customers」は、まさにCEOの目指した理念そのものである。その結果が「よいものをどんどん安く」であり、地域密着の全国スーパーという一種あり得ないとされた経営スタイルの具現化にもつながった。しかし、彼亡きあとのダイエーは、完全に我を失っているとしか思えない状況が10数年来続いている。
仙台店の例を上げるまでもなく、ここまで支持されている根幹に何があるのか、どうすれば支持を取り付けられるのか…。この分析を早急にできる切れ者が社内に出てくることを私は望む。ダイエーも結局「安くなくなったこと」つまり、支持されないような施策がはっきりわかってしまったがゆえに顧客が離れたのだということに一日も早く気がついてほしい。

仙台をはじめとする、首都圏・関西圏の店舗移管まであと5日余り。ダイエーとして最後の”華”を添えられるのかどうか。注視したいところである。

既存店コンプリートシリーズ プロローグ こんなにもかw

ついに!
決断の時がやってきた。

2016年2月末に離脱する、唯一の東北の店舗である、仙台店(0285)の踏破を決定。前回、行きそびれてしまった向ヶ丘店(0230)を翌日踏破、で、当方が規定する既存店(旧GC関東/近畿の合流以前の店舗)コンプリート達成をもくろんでいる。

ちなみに、当方既定の既存店は、今日現在で134店舗(つまり、行ったことが全くない仙台以外の133店舗は当方の手中にあり、記録があいまいな向ヶ丘を含めなくても制覇率は98.5%に及ぶ)。そう。一時期は、直営店だけで400店舗近くあったはずのダイエー店舗はここまで激減しているのである。
ちなみに、もし仮に今でも北海道/九州/中部店舗が残っていたとしたら、193店舗(もちろん、既存店のみの計算)。それでも全く訪問記録がないのは北海道と九州の一部の23店舗だけであり、先の2店を合わせて25店舗。制覇率は87%になる。

当方がダイエー店舗の全国制覇をもくろんだ時期は、学生時代にさかのぼる。すでに既報の通り、バイトがきっかけであり、そこから企業としてのダイエー、そして創業者としてのCEOの人となりを堀下げていく中で、この会社の「For the Customers」精神に惚れこんで、中の人であり続けてもいる。

訪問記録をブログで発表し始めたのが2013年。すでに延べ店舗数は250店舗あまりに膨れ上がっている。

東北/関東既存店コンプリートに絡めて、当然のことながら、旧GC関東店舗も訪問対象にすることに決定。今までは基本夜間の店舗写真はとらないように控えてきていたが、24時間営業の店舗が林立し、レンタカーでの店舗周りも確定しているので、初日の仙台終了後、長距離バスで首都圏に移動。ほぼ20時間を店舗徘徊に充てる計画を立案中である。今回の計画では、旧GC関東店が未訪問になってしまっていて、なおかつ所在が数店舗だけになっている埼玉/千葉、辺鄙な場所にも散見される神奈川をコンプリート、が骨子である。

その際重要になるのは、営業時間。24時間営業店舗は意外に多いが、そうでない店舗も散見される。というわけで、資料作りをしようと未訪問店舗の営業時間を確認しようと思って「店舗情報」を開いたのだが…

いきなりの千葉・GCあやめ台団地店(0767)の閉鎖のお知らせ(1/31閉店)が目に飛び込んできて、フリーズしてしまう。
その前には、会社情報のニュースリリースなどにも目を凝らしていたのだが、閉鎖の件は掲載されていなかった。
この結果、千葉は、当方が訪れる2月初旬には、訪問せずしてコンプリートが確定してしまう結果に。こうなると、未訪問店はすべてチェックせねば…
すると出てくるわ出てくるわ。GC練馬平和台(0788)に、GC鵜野森(0784)。既存店では、すでに既報されている君津店(0575)の閉鎖も決まっている。

未訪問店チェックをしておいてよかったといえる半面、ひっそりと姿を消した富田林店(0301)も、閉鎖公告はなされないまま。開店公告はそれが改装であっても出しているものなのだが、マイナスイメージはお知らせしないのは、アンバランスでもある。行くべき店舗が減って喜ばしい半面、こんな状態で大丈夫なのか、不安の方が勝っている状況である。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ