にほんブログ村

リニューアルした和ラーだが…
さすがに「日本中をラーメンにしてしまえ」という登場当初の壮大な掛け声とは裏腹に、製品化しやすく、受け入れられやすい味付けに終始した感がある。
→今回の新CMがこちら。相変わらず波留ちゃんを起用。


今回の目玉味付けは「秋田のきりたんぽ鍋風」醤油ラーメン。そこをあえてパスして、みそ汁風の当製品をチョイスする。
結論から言うと…「新鮮味がない」。
確かに海老のエキス分も、香りも、旨みも感じられるし、やや辛めにしてある、赤みそをメインにした味付けも悪くは見せない。だが、以前和ラーで食べた、カニのみそ汁仕立てとどう違うのか、といわれると…。
もちろん、今までの和ラーの中でもうまさは突出していることは否定しない。麺も少しだけグレードアップしている風にも感じられ、角断面ながら、麺の滑らかさや腰を感じられるところはこの製品だけに適用するのはもったいなくも感じる。

企画発足から3回目に当たる今回の製品。今までの製品とは違う新たな方向性を打ち出しているし、縦型カップの中では企画としても十分に受け入れられる製品群でもあるのだが…。開発陣に疲れが見え隠れしていると感じたのは私だけではあるまい。次のリニューアルあたりで、あっと驚く方向転換があってもおかしくないだろうと考える。

 購入店 関西スーパー 大開店
 麺    8.0/10   スープ   8.5/10    具材  7.5/10    総合計 24.0/30
 価格補正  なし    合計   24.0/30     格付け   A+(またしてもあたり)