多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

公開終了

近畿圏最終上映日を迎えて

改めて、登場人物たちのセリフをかみしめる。

「でも、確かなことが、ひとつだけある。私たちは、会えばぜったい、すぐに分かる」(p.188)
「そういう気持ちに憑りつかれたのは、多分、あの日から」
「言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても、俺が必ず、もう一度逢いに行くって」(p.205)
「お前は、誰だ?」

初見では、正直「忙しかったけど綺麗でいい作品だったなあ」程度の感想だった。だが、当方の解析欲に火をつけてしまう。初めての複数回鑑賞だけで飽き足らずとうとう20回オーバー。その途上で、IMAX効果を堪能し、さらに加速。2017.6.4がよもや最終になろうとは夢にも思っていなかったが、結果として、当方の劇場関連の記録は、華々しいものになった。
○鑑賞回数  27回(内訳/IMAX 1回 日本語字幕版1回 英語字幕英語歌唱版 2回 ほかは通常)
○鑑賞期間  9カ月(2016.10.1-2017.6.4)
○複数回鑑賞月 6か月(2016/12-2017/5)
○最終上映回鑑賞 3回(うち一回は英語字幕英語歌唱版)
○鑑賞劇場数 9か所(ミント神戸/西宮OS/MOVIX尼崎/TOHO伊丹/TOHOなんば/TOHO梅田/MOVIX京都/T・ジョイ京都/109HAT神戸)
○同一映画連続鑑賞 16回(2016.12.16-2017.3.26)

いま改めて、この数か月間を思い返してみる。
やはり私のここまでの「君縄愛」を引き出した記事は、これしかない。→初見でここまでもやもやが取り付き、2度目視聴を強く思ったこの記事の存在。
その直前に行った小説とサントラ購入が、完全に私を虜にした。12月には一か月の間で複数回同一タイトルを見る。そこから先は、まさに君縄の記録とともに当方も追いかける展開となる。
IMAX版公開もしっかり押さえるが、これがまた超絶綺麗でため息しか残らない。そこからは、まさにスイッチが入ったかのように回数を一気に重ねていく。1→10までに5カ月(2016/10-2017/2)かかったのに、11→20は2カ月弱で達成(2/18-4/2)。一日に2回同一タイトルを見ることもこの映画で4回も経験している(バージョン違いが2回)。

ここまで一つの映像作品に入れ込むのは本当に久しぶりだ。そして、劇場で見られなくなる2017.6.9は、ほかの地区の人にとってはともかく、当方にとっては一つの区切りの日付になりそうだ。
最終日に参加しなかったのは、正直悔やまれるところでもある。web予約ギリギリで確認した当日の入れ込みは38人。ここまで入っているのなら、同じ空気を吸っていてもよかったのに、と感じている。

時刻は22:30。今頃、スクリーンでは、ご神体訪問から、デートに至る局面あたりだろう。彼らの行く末も、実際の歴史も、全てを解析し終わっている当方としては、後は、どこまでこの作品の本質に迫れるのか、をDVDなどを通して解析することになると思う。それでもあと一カ月半。本当に「君縄ロス」が発症しないか、心配ではある。

「ついに時は来た」

当方を半年余りも熱狂の渦に追いやり、複数回はおろか、二桁鑑賞すらさせてしまった映画「君の名は。」

「会うは別れの始まり」であり、当方が何度も、公開末期である1月後半から3月にかけての鑑賞記で書き綴っていたあの歌詞…

 「いつか消えてなくなる」
その日が現実のものになって見えてきた。

3/24未明に更新されたシアターリストで、関東以北の大半の劇場で3/31までの告知が流れたのである。
シアターリストのURL。
舞台になった新宿が全滅という光景もさることながら、北海道では完全に見ることができなくなる(すべての劇場で終了!!)事態。

すなわち、今週末しか休みが取れないのなら、この週末が最後の鑑賞チャンスになる地方が続出するという事態なのだ。

鑑賞できる場所が少なくなることは、当方もすでに過去記事で預言めいたものは出していた。
証拠記事 その1
ここでは金曜日公開作を見越してその前日である3/30にしてある
ただし当方のへなちょこ予想は、完全に的外れであったこともここに暴露しておかなくてはなるまい。
下手に予想、それも上振れする動員なんか出さなきゃよかったと反省ww

終末が見えてきたわけだが、これは「大規模・全国公開」がいったん終了することでしかない。関東以西の劇場の動向も気になるところだし、実際関東以北だけ、という事態はわけがわからない。
そうなってくると、今日で終わらせる、と言っていた伊丹の終了告知が前回・今回とも出ていなかったのは、やはり本社サイドで決めたものではなく独断で決めたものだということが感じ取れる。

配給元である東宝系のTOHOシネマズでの終了告知が大半を占めているわけであり、各スレでも「やはり冷たかった」などと、この終了に忸怩たる思いを述べている人が散見される。
そして私はというと、有終の美を飾るべく、19・20をどこで見ようかと画策している。いつ終わっても悔いのないように、万全の体制を取っておきたいと考えている。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ