多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

出前一丁

即席麺試食記(271) タイムスリップできる 日清出前一丁 カップ


にほんブログ村

日清食品の「出前一丁」と言えば、当方が幼少期には、はっきり言って「狂ったように」という表現がぴったりくるほど、こればっかり食していた。
ところが、実際大人になって、食べてみると(本当に10数年ぶりの実食だった)、その案外さに「あの熱狂していた時代は何だったのか」を感じ取ってしまうほど、がっかりしたのを覚えている。→その実食記がこちら。

安売りの目玉になってしまっているカップ麺の数々。8月中旬にも105円(税込)シリーズの商品をいくつか買い込んだわけだが、この中の一つが「出前一丁」のカップ麺である。

ふたを取ると、潤沢とまではいかないものの、ワンタンの数は十分折り合いが付きそうな量。メインはこれだけでもあるが、少しだけ期待。
スープ/お湯を投入、仕上げにごまラー油を投入して食べ始める。

麺は言わずもがな、の丸断面/やや伸び耐性のない昔ながらの製法にこだわっているかのような麺。ただ、黄色化はしておらず、この部分でも往年の麺とは格段にレベルが上がっている。それにカップ麺仕様だからか、やや細く感じた。
スープは、一口口に含んで、「あぁぁ、昭和ゃぁ」と嘆息したほどの再現力で魅了する。出前一丁を知らない層にはどう映るかは気になるところだが、それでも、やや雑味を感じるスープなど、最近の格段の進歩とは一線を画して、ブランドに忠実に製品化している。
具材のワンタンもふやけてみると思った以上に入っているように感じた。食べ応えもそこそこあり、ワンタンだけ取ってみても、あの、番組コラボ麺と比べるのもおこがましい。

前回の同一メーカーの製品にはほぼ「失格」に近い評価を下した。それは、具材でしか表現できない華やかさを見事に裏切ったからであり、製品自体としても、そもそもがチキンラーメンであり、上位に位置することは土台無理な相談でもある。
しかし、出前一丁カップは、袋めんを食べているような錯覚にとらわれるのみならず、具材で差別化を図ることができている。
そう。基本コンセプトが固まっている袋めんのカップ化は、具材こそが唯一のアクセントでもあり、そこをどう取り扱うかでしか評価しようがないのである。そして、出前一丁ではそれがプラスに働いたとみる。

 購入店 ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 21.0/30
 価格補正  +0.5      合計   21.5/30     格付け   B+(懐かしさマックスw)

即席麺試食記(183) この手があった? 日清 焼出前一丁


にほんブログ村

焼きそば系といえば、基本はソース味であり、たまぁに変化球が飛び出して、当方も色めき立つ、というのがここ最近の流れである。
例えばべた褒めに近い内容になっているこちらなどは、塩らーめんの雰囲気を残しつつ、焼きそば化できているのである。

そして、ここにきて、日清の出前一丁シリーズが本気を出してきた。
カップ麺にラーメン味焼きそば。当然、ここは焼きそばタイプを選択するに決まっている。

実食。
確かにごまラー油は、効果的なのだが…量がしょぼすぎるのか、序盤までの役割。味付けも、醤油味の焼きそばにあまりチャレンジしていない日清だからか知らないが、全体的にぼやけた印象。それは多分に「出前一丁のスープがそれほど特筆すべきレベルではない」ということと同義である。
袋めんバージョンの試食記はこちら。

具材は、意外に映ったナルトの存在感。でも、やはり、醤油味焼きそばなのに、焼いていない・・・焦げた醤油の香ばしさがないあたりに、商品開発陣の焦りというか、根本的な部分で「何かを忘れている」ことに気が付けていないところが、今後の日清を暗示しているようで怖い。

 麺  2.7/5   ソース   2.5/5   具材  2.8/5    総合評価 74点
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ